• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【洒落怖】不可思議な話(Part4)

サムネイル出典:

【洒落怖】不可思議な話(Part4)

Author:
ankouankou
Posted date:
【洒落怖】不可思議な話(Part4)

『収録話』

『魔法使いの背中』

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/29 01:29 5歳くらいの頃、父の仕事の都合で田舎に引っ越して、しばらく経ったときのことです。 夜は自分の部屋で一人で寝ていました。 ある晩のことでした。 はくしょん大魔王のようなアラジンのランプのような、 ものすごく大きな人が自分の部屋にいました。 そして、「夜の散歩に連れていってあげる」と言うのです。 幼かった私は何の疑問もなく、その人の背中に乗りました。 すると、その人は私を背中に乗せて、 隣の部屋で寝ていた父と母の部屋を通り抜けて空を飛んで、 夜の町を見せてくれたのです。 しばらく経って、またその人がでてきました。 夜の町を飛んだあと、今度は空のどんどん上の方まで連れていってくれました。 そして大きな半透明な煙突の様なものの中に入り、それでもどんどん登っていきました。 でも、天井には蓋があって、「この上に行きたい」と言うと、 「まだ若いからこの上に行ってはいけない」と言われ、引き返しました。 夢だと思うんです。 でも、まだ引っ越したばかりで、家の周りしか知らない私が、 この場所にはこんなものがあると、あそこの場所の隣はこれがあるとか、 その町のことを言い当てるので、親はとても不思議だったそうです。 わたしは、魔法使いに連れていってもらったんだと言いましたが、信じて貰えませんでした。 ヘンな話ですみません。

『裸婦像のデッサン』

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/29 10:42 大学時代の話。 風邪で高熱にうなされてたんだけど、その日休むと美術の単位を落としてしまうので、 必死の思いで学校に行った。 その日は裸婦像のデッサンで、半ば朦朧としながらペンを走らせた。 で、だいぶ描きあがった頃、後ろから覗き込んだ教授が一言、 「お前、コリャなんだ」 ハッとして見直してみれば、そこに描かれてるのは、上から見下ろした姿の女性像。 やや見上げるこの位置からは、描けるはずの無いアングル。 しかし自分では間違いなく、目に見えてるものを写していたはずだった。 つまり何が言いたいかというと、  俺 は 半 分 逝 っ て い た 。 「幽体離脱してました」 教授にはそれで納得していただきました。 当方美術評価はA。 決してデッサン狂いだったわけではなく、そんなレベルでもありませんでした。

『かわった日』

765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 13:15 小学校に上がる前だと思う。 ある朝に目を覚ますと、隣で寝ている兄以外、家に人の気配がなかった。 家中を見て回るが誰もいない。 不安になって兄を起こそうと声をかけ、肩をゆするが目を覚まさない。 どんなに激しく揺り動かしても、ぐにゃり、ぐにゃり、 とするばかりで死んでいるかのようだ。 私は怖くなって家の外に出た。雨が降っていて薄暗かった。 家の周りを泣きながら歩き回ったが、家の外にもまったく人の気配はなかった。 泣きながらまた家に帰り、ぐずぐずしていると、ふいに両親が現れた。 766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 13:16 「どこにいってたの」と聞いても答えてくれず、 「お父さんはここにいるよ」「お母さんはここにいるよ」と答えるばかりである。 訳が分からなかったが、とにかく両親は戻ってきて私は安心した。 そこに兄が現れた。兄の顔を見た私は息を飲んだ。 そこにいた兄は兄ではなかった。 背格好は似ている。しかし、昨日までの兄、さっきまで隣で寝ていた兄と顔が全然違う。 目つきがきつい。鼻が細く高い。ほほがこけている。髪がぺたんとしている。 あの不思議な朝のようなことは、あれが最初で最後だった。 しかし兄自体は、それからもずっと兄とは思えない男の子のままだった。 767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 13:36 >766 こ…こわい! お兄さまはその後もそのまま? 家族のコミュニケーションは、以前とは変わってないのですか? 776 :766:03/01/25 18:02 >>767 親と兄とのコミュニケーションについては、あまり明確な記憶がありませんが、 私自身は周辺状況から、 「この人がお兄ちゃんであり、わたしはこの人を、お兄ちゃんのように接するべきだ」 と考えて、行動したようです。 ただ、あの日を境に、兄が私に対して目を合わせようとせず、 ひどく冷淡で意地悪になったように記憶します。 それからは今に至るまで、兄弟仲はよくありません。

『従姉の葬式』

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:00 おれが小学3年生のときに、母の従姉が死んだ。 母の従姉と言っても、死亡当時は中学生だった。 俺はその家に行くと、よく面倒を見てもらっていた。 俺はそのお姉さんによくなついていた。 葬式のとき、坊主がお経を読む。 もちろん、俺もそこで正座してお経を聴いていた。 ふと斜め後を向くと、俺と同じぐらいの歳の少年がいて、正座してお経を聴いていた。 奇妙だったのは、手をこすり合わせながら一心不乱に体を激しくくねらせ、 まるで踊っているかのようだったことだ。 俺はその姿を見て戦慄した。 一体こいつは何者なのか。 近所の子供なのかも知れない。 仮にそうだとして、誰かの許可を得て入ってきているのだろうか。 第一、あの水俣病患者を思わせる、狂ったような激しい体のくねりは一体なんなんだ。 そんなことを考えながら、おれは視線を畳に落としてじっとしていた。 坊主のお経が終わったときに、もう一度振り返ってみると、やつは消えていた。 一体、やつは何者だったのだろう。 初めて人の死に接して、敬虔な気持ちになっている俺の心に、 暗い影を残してやつは去って行った。

『透明なぶよぶよした物』

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 17:08 こないだ、裏のおじいちゃんと山に登って、山芋堀りをしていた。 私がスコップで地面を掘り返していると、透明なぶよぶよした物が現れました。 おじいちゃんに言うと、 「いかん、山の神様だ。もう今日は帰るぞ」 と言って、それを急いで埋めて山を下りました。 後で、おじいちゃんにあれの正体を聞いたら、 「あれに長いこと触ると、たたりにあう」と言ったきり、口をつぐんでしまいました。 いったいなんだったんだろう。 13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 17:19 >>11 太歳かな? 14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 21:30 太歳ってなんでふ? 15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 21:40 たいさい 【太歳・大歳】 (1)木星の異名。おおどし。 (2)陰陽道(おんようどう)の八将神の一。木星の精。 その年の干支(えと)と同じ方位にあり、その方角を吉方とする。歳の君。 gooの国語辞典より 16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 23:01 伝説でいう「太歳」ってのは・・・ 土の中に埋まっているぶよぶよした不定形のモノで、 木星の動きに合わせて土中を移動する。 誤って掘り出してしまうと、その地域に災厄をもたらす。(飢饉とか疫病とか) また、見た人間は近く死ぬ。 戦時中、日本軍が大陸で塹壕を掘っていた時に掘り出してしまい、 その部隊は疫病で全滅したという話も。

『会社帰り』

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 12:32 俺結婚してるんだけど、嫁さんも働いてるし料理が苦手なんで、 料理の得意な俺が主に夕飯作ってるんだよ。 で、その日もいつものように会社の帰りに、 遅くまで開いてるスーパーで食材買って、 (ほうれん草に焼き豆腐、鯖の切り身、しめじなど) 電車乗って、うちの駅に降りて、ウォークマン聞きながら帰った。 うちに着くと飼い犬が玄関に迎えに飛んできたんだが、 嫁さんも飛んできて、廊下の入り口から怪訝そうな顔を覗かしている。 奥の居間に人の気配がしたので、「あ、誰か来てるんか?」と聞いたら、 「あなた、今までどこ行ってたの?!」と嫁さん。 「会社だけど?」と混乱する俺。 聞くと、俺は3日前の朝に会社に出かけたまま、 3日後の今日まで行方不明だったそうだ。 居間にいたのは、俺の姉貴夫婦(近くに住んでいる)と、 嫁さんのお母さんで、警察に届けるか相談中だったらしい。 そんな馬鹿な!と笑って否定したが、ふと手に持ったスーパーの袋の中身を見ると、 ほうれん草はカサカサに乾いて萎れているし、鯖の切り身はどう見ても腐っていた。 109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 12:38 >>106 おもろいね。 スーツが3日分汚れてるとか、無精ひげが伸びてるとか、腕時計の日付とか、 その辺はどうなんだろう。 111 :106:03/02/09 12:49 >>109 髭は確かに伸びてた。 薄いんであんまり自覚なかったが、 鏡で見ると確かに3日剃らなかったらこんなもん、って程度だった。 あと、頭が異様に痒かった(藁)。 ワイシャツの首も、いつもよりは汚れているような気がした。 腕時計は確認してないな、なんせ気が動転してて。 木曜日からいなくなったようなんで、会社を無断欠勤したのは金曜日だけですんだようだ。 夫婦ともども高熱を出して電話もできなかったことにした。 ウォークマンの電池は1日分しか減ってなかったし、(残量が見えるタイプ) 俺はどうも、会社近くのスーパー~うちの最寄り駅の間に消えたみたい。 一番困ったのは、嫁さんが浮気を疑って大変だったこと。 嫁さんのお母さんも口利いてくれないし、参った(藁)。

『驚愕の7分間』

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 13:58 中1の頃にあった不思議な事件。 その時は音楽の時間だった。 個人個人で笛の練習をしていると、窓際のおとなしい女の子が隣の席の男子に、 恐ろしい声で「ァア゙~・・」といって寄りかかった。 何やってんのって気持ちで見てると、隣の男子がけわしい表情で先生を見ていた。 (普段明るく、そんな表情するような奴じゃないので、ビックリして俺は見ていた) そしたらいきなりガクガクと震えだし、イスから床に倒れた。 すると白目になって、泡が口からダラダラと出ていた。 紫な唇だったのが、もっと濃い紫になって見えた。 先生がすごい表情で、「先生呼んできて、先生!!」といった。 そして、保健の先生が5分後にきた。 たった7分程度の間だった。たった・・・。 そのたった7分の間に、皆の表情は青ざめていた。 次の授業の時に、隣の席の男子に聞いてみた。「倒れる前は普通に話してたの?」って。 そしたら、「うん」って答えた。 本当に不思議だった。 次の日に、その子のプロフィールの紙を見ていると、 血液型がわからないと書かれているので、「なぜ?」と聞いてみた。 その子の血液型は、病院でもわからないらしい。 そういうのがあるというのは知っていたけど、気味が悪かった。 その日、その子の友達が、「わら人形の効果って本当なんだね~」と言っていた。 数日後、その子が死んだ。

『発作』

201 :クランツ ◆oEXgg113Pc:03/02/16 02:12 小6の時のクラスメート(♀)、国語の時間の朗読中に、 やはり「ァア゙~・・」と奇声を発し、そのまま教室を飛び出していきました。 その後は118サンのお話のように劇的な展開はなく、 翌日からフツーに学校へ来たのですが… 彼女、それまではハンパじゃなく勉強がよくできたんですよね。 もう一般人とレベルが違う、というくらいに。 ところが、その一件の後は、ウソ!というくらいにテストの点数が急降下していきました。 担任も驚きつつ、わざと答えないとでも思ったのでしょうか、 テスト返却の際に怒鳴りつけることもしばしばでした。 その度に彼女は、ただシクシク泣くばかりでした。

『蛆が落ちてくる』

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 14:34 今から10年前の話。 2月なのに、母の部屋の中で蛆が出現。 我が家は父が単身赴任のため、母と私の二人暮らしだった。 気持ち悪いので、すぐにとって捨てた。 しかし、その後も毎日出現する。 天井も床も開けてみたが、犬猫や鼠の屍骸もない。 そこで、どこから出てくるのか目張りでわかるかも・・と、 天井と床の隅をガムテープで目張りをした。 しかし、目張り部分には1つもくっついていない。 でも、炬燵の上に10数匹の蛆が! それを見ている時に、上からまた1匹落ちてきた。 母はすぐ父に連絡をとり、翌日、父は忙しい中、休みを取って帰ってくることになった。 母は既に気味悪がって、その部屋を閉め切っていた。 そして父が帰り、部屋を開けると1匹もいない。 毎日必ず出現していた場所を見てもいない。 父は「どこに?」と言いながらあちこちを見て回ったが、結局出てこなかった。 その日の夕方、親戚から母方の祖父が危篤だと連絡が入った。 急いで祖父宅へ行き、既に意識のない祖父に両親は声をかけた。 その時、祖父の目から涙が一筋こぼれた。そして祖父は亡くなった。 結局、2週間程毎日出現していた蛆は、その後一匹も現れることはなかった。 しかし、その蛆のことがなかったら、父は祖父の死に目に会うことはなかった。 そう思うと、気味が悪いけど『虫の知らせ?』と感じる。 ・・・でも、もうちょっときれいな虫のほうがよかったかな・・・・。 じいさん、蛆は勘弁・・・・。

『水溜り』

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/08 17:37 小学校低学年の頃の思い出だから、もう四半世紀を越えているw 何分かなり昔のことなので詳細は思い出せないが、友達7~8人と道を歩いていた。 自然に前後2つのグループに分かれて歩いており、俺は前を歩くグループにいた。 おそらく、そのころ流行っていたテレビ番組の話をしていたと思う。 その日は雨の翌日で、道にはたくさん水溜りが出来ていた。 ふいに後ろから叫び声が聞こえた。 俺たちが振り向くと、後ろのグループのうちの一人が水溜りに片足を大きく潜らせていた。 少なくとも膝までは潜っていたと思う。 一緒にいた友達が彼の肩や腕を支え、なんとか転ばないでいた。 彼は助けを借りて足を水溜りから引き出したが、みんな納得がいかない。 なぜなら、その水溜りは全然深くないのだ。深くてもせいぜい数センチであろう。 ひとりがおそるおそる水溜りに足を入れてみたが、 靴の半分程度が水に浸かるくらいで、どこを踏んでも深いところは無い。 そのうちに誰もが試してみた。当然、俺もやったが、 とても膝まではまるような深さではなかった。 はまった彼の足は、確かに水に濡れてはいたが、泥は靴底についていただけであった。

『神社の境内』

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/13 13:42 うちのばあちゃんが子供の頃に体験した話。 家から歩いて10分ほどのところに神社があったそうな。 その神社の境内は子供の遊び場になっており、 近所の子供達といっしょによく遊んでたらしい。 ある日、夕暮れも近づいてきたのでそろそろ帰ろうと、 みんなでいつものタンボのあぜ道を歩いて家に向かったが・・・ いつまでたっても家につかない。 いつものように歩いても、いつのまにか同じ場所に戻ってる。 途方にくれながらも歩いてると、あぜ道の角に百姓のおじさんが座ってるのが見えた。 おじさんは桶に腰掛けて、キセルで一服していた。 ホッとしてそのおじさんの方に近づいていくと、キセルの先の火が、ポっと明るくなった。 すると次第にその明かりが大きくなり、おじさんの顔を隠すぐらいの大きさになったそうだ。 子供達は驚き、泣き叫びながら逃げ出した。 するとどこからか「これ、これ!」と言う声がする。 その声の方を見ると、神社の宮司さんが立っていて、 あたりの風景も、見慣れた境内の風景に戻っていたそうだ。 宮司さんが言うには、子供達はずっと神社の境内を歩いていた。 同じコースをぐるぐると回っていたので、何かの遊びだろうと思っていたが、 いきなり泣き叫び始めたので、不信に思い声をかけたそうだ。 ばあちゃんが言うには、 「あれは狸にばかされたんじゃ・・・」ということだった。

『雌のカブトムシ』

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 10:21 10年程前、窓から雌のカブトムシが入って来た。 捕まえようと思ったが、タンスの下に入って取れなくなった覚えがある。 しかし今見てみると、そのタンスには下のスペースが無い。 それから数ヵ月後。 そのタンスの裏側(正確には少し違う)に、大きいカブトムシの幼虫がいた。 ほっといたら何時の間にかいなくなっていた。死骸も無し。 当然そこまで成長するような餌など無い。 謎な話ですた。

『オススメの怖い話リンク』

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ankou

怖い話を中心にしてまとめています。