• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「現実とは幻である。」神経科学者が論じる“現実とはすなわち人々の間で共有された幻覚にほかならない”

「現実とは幻である。」神経科学者が論じる“現実とはすなわち人々の間で共有された幻覚にほかならない”

Author:
kuragingkuraging
Posted date:
「現実とは幻である。」神経科学者が論じる“現実とはすなわち人々の間で共有された幻覚にほかならない”

「我々は常に幻覚を見ている」――。

この4月に開催された「TED 2017」の登壇者の1人、アニル・セス氏が発したこの言葉が、世界中で話題を呼んでいる。
セス氏によれば、“現実”とはすなわち“人々の間で共有された幻覚”にほかならないというのだ。

■意識は我々が生存するために存在している

英・サセックス大学の神経科学部教授であるアニル・セス氏は、この春にカナダ・バンクーバーで催された「TED 2017」の壇上で今なおサイエンスにとっての難題である人間の「意識」の問題を深く掘り下げている。

「私たちの脳の小さな生物機械である数十億のニューロンが織り成す活動――それこそが意識を生み出しています。では、意識はどのように引き起こされているのでしょうか?この謎に挑むことはとても重要です。この答えがない限りは世界もなければ自分も存在せず、何もないことになりますから」(アニル・セス氏)
ス氏は「意識は我々が生存するために存在している」と定義している。睡眠は別としても、確かに知覚機能に加えて意識がなければ、我々は飛んでくるボールをキャッチできないし、鳴り響く電話に出ることもできない。危険に満ちたこの世界をサバイブするために必要不可欠な「意識」だが、一方でセス氏によれば意識が見ている世界“幻覚”でもあるという。意識とは「脳が予期したものの総体」。つまり幻覚によって取り込まれた情報を用いて脳はさまざまな予測を行い、その数々の予測によって“現実”が形成されていると説明している。そう考えると我々は、自分の脳が見たいものを見て、聞きたい音を聴いていることになる。「そこにある現象を理解するということは、知覚された情報をもとに脳が予測したものであるか、こうであるはずだという信念に基づく推測のプロセスであると説明できます。脳自体は音を聴くこともできなければ、光を見ることもできませんから」(アニル・セス氏)
壇上のセス氏は、聴衆に奇妙な話し声を聴かせている。音声編集ソフトで変換された音で、何を言っているか判別することはできないのだが、次にセス氏は先の音声の元になっているオリジナルの話し声を再生する。すると「ブレグジットはひどいアイディアだと思う」という音声がはっきり流れる。そして、再び最初の奇妙な音声を流すと多くの聴衆は話し声の内容が聞き分けられるようになり、会場にちょっとしたどよめきが起こった。セス氏によると、これは脳が類推を働かせたことで聞き分けられるようになったと説明できるとのこと。そうだとすれば、確かに我々は基本的にいつも幻覚を見て、幻聴を聞いているのかもしれないではないか。

出典:「現実は幻覚、死を恐れる必要は皆無」youtube

	

■「死を恐れる必要はまったくない」

さて、我々は五感によって外界の情報を取り入れている一方、体の内側からくる感覚もまた重要であるとセス氏は説明している。いわゆる“内臓感覚(gut feeling)”や身体の内部から発せられる音なども意識に影響を及ぼしているということだ。そして、我々がそうした“生身”の存在であるということが、簡単には人間をAIで代替することができない根拠になっているということだ。

出典:「現実は幻覚、死を恐れる必要は皆無」YouTube

	

「意識を持ったAIが登場するのは、かなり遠い先のことだと思います。私の研究では、意識は純粋な知能とは関係がなく、生きて呼吸する生物としての私たち自身の性質、すなわち“生身”であることと最も深く関係しているのです。意識と知識は非常に異なるものです。あなたは賢明であろうとして気を煩わせる必要はありませんが、生き延びようとしなければなりません」(アニス・セス氏)
そしてTED講演の最後を締めくくる言葉として、セス氏は3つの提言を述べている。
1つは、私たちが世界のすべてを正確に捉えられないように、自分自身のことさえ正確にはわかっていないという事実を自覚することである。この自覚は、精神疾患系の症状を治療する際に鍵となる認識であるということだ。
2つめは先のAIの話題ともつながるが、人間の意識はコンピュータにアップロードできるようなもの「ではない」ということだ。我々は“生身”の存在であり、AIやロボットがどんなに賢くなっても、人間に代わるものにはならないということである。
そして最後にはセス氏の宇宙観が語られ、「個々人の意識はこの広大な宇宙意識のわずかな一部分を占めているにすぎない」と解説している。人間以外の生物も、すべてが宇宙意識の構成要素となっているという。これは、宇宙と個人の意識のどちらが主従ということもなく、あくまでも宇宙の構成要素であり、その意味で死を恐れる必要はまったくないと力説している。たとえ生物学的な死が訪れようと、すでに我々は宇宙の一部分であることに変わりはないからだ。認知の問題から意識の問題、そして宇宙論まで、よどみなく解説するセス氏のスピーチは多くの聴衆の心をつかんだようだ。

出典:「現実は幻覚、死を恐れる必要は皆無」YouTube

	

ネット上の反応・・・

・うわ、、、、私が量子論でカタを付けようとしていたことを別角度からも攻めてくれてる、、、。必読。

・プログラミングだけでAIはできるのかどうか、昔に人の細胞を使ったチップってなかった? 脳細胞を使ったAIの複合だった場合はどうなる

・量子的自我の世界〜。 

・やはりそうだったのか?

・たまにコレについて考えてたからハッとした。全部脳から生まれてることにすぎないんだよなやっぱり。

・めっさプラトン。
こういう話好き!

・ブッダが、遠に言うとるがな

・脳細胞や神経細胞が現実を作ることがあるっていう発想は、魔術・魔法的にも重要そう。

関連記事

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kuraging