• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
小顔効果♡大人気「厚めバング」のセルフカットポイント&女優・芸能人の可愛すぎる前髪画像
殿堂

小顔効果♡大人気「厚めバング」のセルフカットポイント&女優・芸能人の可愛すぎる前髪画像

Posted date:
小顔効果♡大人気「厚めバング」のセルフカットポイント&女優・芸能人の可愛すぎる前髪画像

女性に大人気の前髪「厚めバング」。

小顔効果に加え、大人っぽさ可愛らしさ清楚感など様々な表情が出せるとして、芸能人やモデルさん達も前髪をこの「厚めバング」にしている人、結構多いですよね♡

言葉通り、前髪にある程度の厚み(ボリューム)が必要となるため、作るときはサイドに分けていた毛を前髪部分に持っていき、毛量を増やしつつカットして整えます。

まずは有名女優・芸能人の可愛すぎる「厚めバング」をご覧ください♡

有名女優・芸能人の可愛さ際立つ♡厚めバング

高畑 充希さん

清楚でしとやかです♡

吉岡 里帆さん

ほんわか優しいお姉さんのようです♡

出典:Instagram

土屋 太鳳さん

パッツンだけど、似合っちゃうのが太鳳ちゃんなんですよね~♡

石原 さとみさん

男心をくすぐる可愛さがたまりません♡

桐谷 美玲さん

バランス感が丁度良いです。
キュンとしちゃいますね♡

新垣 結衣さん

パッツンも似合う♡
懐かしさを漂わせています。

綾瀬 はるかさん

気品ある知的な女性に見えます♡

長澤 まさみさん

大人の魅力満載です♡

出典:Instagram

佐々木 希さん

幼くなるけど可愛いです♡

多部 未華子さん

女性らしさ・少女らしさの絶妙なポイントをついています♡

譜久村 聖さん

厚めバングがぱっちり目元を引き立てています♡

指原 莉乃さん

「厚めバング」によって顔全体のバランスが整えられています♡
いかがですか?
厚めバングといってもバリエーションは様々!
みなさん「厚めバング」もすごく似合ってますよね。

前髪あるなしで印象はガラリと変わる♡

前髪は顔の一部分ですが、前髪があるかないか、また長さやセットの仕方次第で印象はガラリと変わっちゃいます。
こんなふうに…♡
前髪って大事ですね♡

厚めバングに挑戦する前に…!

前髪だけかットしに行くのは面倒だから、セルフカットで「厚めバング」に挑戦したいという方。

適当にサイドから髪を持ってきてバッサリと切ってしまうと、イメージとはかけ離れた前髪になってしまうことも…。

実際、美容室では「厚めバング」のオーダーと同様に、セルフで前髪を増やした人から「変になったので直してもらいたい…」というオーダーも多いのだそうです。

どんな感じで失敗してしまうのかというと、以下のような感じ。
【「厚めバング」に失敗するとこうなっちゃう!?】

分かりますか?
前髪にしたはずの短い髪がブワァーッと横に流れてしまっています。

こちらはマネキンですが、なんだかボテッとし過ぎていますね。
とてもおしゃれとは言えません…。
前髪増やしすぎ!
ここは、前髪ちゃうし!
おろしたら、横にいくとこまで切ってしもてるし!

...散々言われた結果、
そんなに気に入らない(>_#カラーもカットいつもはセルフ
	
前髪を作りすぎました。
のっちのかしゆかさんみたいに重めの前髪になりました。
少し隙間のある前髪にするにはどうしたらいいですか?

出典:前髪を作りすぎました。 - のっちのかしゆかさんみたいに重めの前... - Yahoo!知恵袋

	
前髪を頭の後ろの方から取りすぎてしまって、おかしくなってしまいました。

出典:前髪を頭の後ろの方から取りすぎてしまって、おかしくなってし... - Yahoo!知恵袋

	

なぜ失敗してしまうのでしょう…

そこには以下のような理由がありました。
鏡で見たまま、この辺まで前髪があるといいなと思ってその毛束をつかんでカットしてしまいがちだけれど
 鏡で見てるのって平面だけど、人間の頭って丸いのです
 特に頭頂部の毛髪は頭の丸みに合わせて放射線状にぶわって広がるのだ
バングってね、お顔の印象めっちゃくちゃ左右するからね。

出典:前髪が伸びてなぜか頭の上の方とかサイドがおかしくなってしまうみんなーーー これ覚えといて!♡|愛され妻育成レッスン

	
言うまでもありませんが、切った髪の毛はすぐに元には戻せません。
伸びるまで待つしか仕方ありませんが、その間毎日ピンで留めたり編み込んで隠したりするのはとても面倒です。

これから説明するポイントをしっかりと押さえて、鏡で確認しながら少しずつ切っていきましょう。

厚めバングのセルフカット手順とポイント

まずはセルフカットの用意から。

■髪は乾いた状態
■必要な道具(鏡、はさみ、くし、クリップなど)を用意

ポイント①:三角形の取り方

まず、前髪にする部分を三角形を意識して取り分けます。
2例ご覧ください。

【例①】
【例②】
あれ?ボリュームと広がりが全然違う!?

そうなんです!
三角形を意識して分けるのが基本となりますが、髪質や量は人によって様々ですよね。
特に太くて量の多い人は何も考えず多く取り分けすぎると、イメージしていたのと違う…なんてことにもなりかねません。

基本の三角形

前髪に使えるエリアってのがあるんですよ。
左右の生え際が引っ込んだ部分と正面を向いた時の頭頂部を結んだ三角エリア内なんです。

出典:- 後ろ髪を前髪に -2年前くらいに、前髪をぱっつんにするとき... - Yahoo!知恵袋

	
自分好み・イメージする前髪に合わせて以下のポイントを目安に分けてみましょう!
【三角形の底辺を決めるポイントはこれ♡】
小顔効果→黒目の外側
標準→目じり
個性的→こめかみ

【三角形の頂点を決めるポイントはこれ♡】
額の幅が標準→つむじまでいくとNG!つむじより手前にしてください。
額の幅が狭い→つむじ部分まで深めにとってもOK髪質や量によっては広がることもあるので注意してください。
額の幅が広い→平たい三角形をイメージして浅めに取り分けてください。
取り分けたら切らない髪の毛は結ぶかクリップやピンなどで前に来ないよう留めましょう。

※どのくらいの取り分けたら良いか迷った時は、大胆に前髪を増やさずに時間をかけて少しずつ増やしていきましょう。

ポイント②:上段下段で分けて切る

いきなり…チョキチョキ…!

そのまま切っても良いのですが…切りすぎて「あっ!」となってしまうと修正はなかなか難しいですよね。
バランスを取るために合わせようとしているうちにどんどん前髪が短くなってしまいます。(私も何度失敗したことか…笑)
失敗しないためにも、取り分けた前髪を次のように上段下段に分けましょう!

まず下段から切っていきます。
少しくらい切りすぎたり斜めになったとしても大丈夫!
イメージする長さに切り揃えましょう。

ちなみに私の場合、髪質太めで量も多いのでここでハサミを縦にして髪の毛をすいています。
苦手な人はすきバサミで所々すくと良いですよ。

下段が終わったら上段の残りの前髪を切っていきます。
下段の長さに合わせながら少しづつ切っていきましょう。

髪先の軽さは前髪を持つ角度で変わってくる!

揃い過ぎたすき間のない前髪ってなんだか不自然ですよね。 かしゆかさんみたいに似合う人はなかなかいません。 髪先に軽さを出すため、以下のように髪質・量に応じて前髪を持つ角度を変えましょう。
【標準】

おでこに対して45度くらい。
前髪を軽く引っ張って持ち、ハサミを縦にして切っていきます。
【髪質:太め/量:多め】

おでこに対して90度くらい。
前髪を軽く引っ張って持ち、ハサミを縦にして切っていきます。
【髪質:細め/量:少なめ】

あまり角度は要りません
おでこから少し離すようにして軽く持ち、前髪を切っていきます

ポイント③:カット後は馴染むまで癖づけの習慣を!

「厚めバング」はサイドにあった髪を持ってきて前髪にするため、数日間は横に流れたりして違和感を感じることもあります。

お風呂上りや朝の身支度の前に、前髪を軽く引っ張りながらドライヤーを数分間当てたり、ピンやクリップで押さえて前髪としての癖がつくようにしましょう。

毎日していると、サイドにあった毛も前髪として少しずつ馴染んできます。

もしも失敗してしまったら!?

イメージ通りにいかなかった…
前髪が伸びるまでちょっと隠したいという場合には、以下のようにアレンジすることで前髪おしゃれを楽しめますよ♡

前髪を思い切ってアップしてカチューシャやヘアバンドをするだけで、こんなにおしゃれに魅せることができます♡

トップからクルクルと髪をねじりながら少しずつ周囲の髪を巻き込んでいきます。
おしゃれなヘアアクセサリーで留めると…♡
簡単に華やかになりますよ。

トップから編み込みながら周囲の髪も少しずつ一緒に編み込んでいくと…♡
とってもガーリーな雰囲気に。

こんな感じでアレンジするだけで、前髪の失敗なんて全く分からなくなります。

セルフカットでおしゃれの幅も広がる♡

前髪のセルフカットをマスターしてしまえば、頻繁に美容室に行かなくても簡単にイメージチェンジができちゃいます♡

「どんな厚めバングにしようかなぁ~♡」
カタログなどで自分の気に入るシルエットを見つけたら、あなたらしい前髪を楽しんでくださいね♡

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Sharetube女子部

Sharetube公式チャンネル。女の子向けの情報をまとめていきます。恋愛、ファッション、カフェ etc...