• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
怖すぎるエレベーター事故・・・故障の前兆を察知して出入りには「ひも」には気をつけて!

サムネイル出典:

怖すぎるエレベーター事故・・・故障の前兆を察知して出入りには「ひも」には気をつけて!

Posted date:
Update date:2017年05月07日
怖すぎるエレベーター事故・・・故障の前兆を察知して出入りには「ひも」には気をつけて!

エレベーターは危険!?

繰り返されてはならない事故がまた起きてしまいました。2006年に発生した不幸な死亡事故を契機に、安全対策が講じられてきたはずのエレベーターで、再発を想起させるような死亡事故が昨年の10月に報道されました。停止していなければならない業務用エレベーターが不意に上昇を始め、乗り込もうとしていた従業員が上半身を挟まれたと伝えられています。

事故の原因はいまだ特定されておらず、エレベーターの利用を不安に感じる方は多いかと思います。

残念ながら、皆様が普段利用されている一般的なエレベーターでも、同じような現象が発生する危険性があります。

出典:エレベーターの危険性 - 戸が開いた状態で動き出すエレベーター等の危険性(前編) | 労働安全衛生総合研究所

	

エレベーターの構造

なるほど
こうゆう構造になっていたのか
エレベーター、割と危険な乗り物やね
	
【エレベーターの危険性】
エレベーターには重量制限がある。重量制限を大幅に超えるとどうなるか? ワイヤーがプツンと切れて落下すると思っている人がほとんどだと思うが、実際は底が抜ける。重量制限は底の耐荷重で決められている。
	
エスカレーターにしても、エレベーターにしても危険なものであることを小さいうちに教えておくべきではないだろうか。
	

エレベーターが故障する時にはこんな前兆が

エレベーターが故障する初期の段階で、

・かごが停止する際にかごが上下に揺れて(行き来して)停止する。
・かごが停止した後でもかごの出入口に段差がある。
・操作ボタンの反応が鈍い。
・甲高い音がする。

などの異常が前兆で現れることがあります。それらの初期症状は専門知識を持たない人でも気にしていれば比較的簡単に見つけられます。

出典:エレベーターの危険性 - 戸が開いた状態で動き出すエレベーター等の危険性(前編) | 労働安全衛生総合研究所

	

中3女子、指先を切断 指にひも巻いたままエレベーター降下/白岡[2015年7月8日(水)]

女子生徒が負傷したエレベーター

			
白岡市白岡、市立白岡中学校校舎で、同校3年の女子生徒(14)がエレベーターの扉に挟まれ、右手中指の第1関節を切断するけがを負った。

右手に所持していたシューズ袋が扉に挟まり、袋のひもを巻き付けていた右手中指が第1関節から切断された。

出典:中3女子、指先を切断 指にひも巻いたままエレベーター降下/白岡

	
確か女子中学生だったか覚えてないけどエレベーターで指切断ってニュースもあってたし危ない
	
中三女子のエレベーター指切断事件、テレビで「なぜエレベーターの扉は閉まってしまったのか?」って袋のヒモ程度挟まったぐらいじゃ感知できないだろ…
	
女子中学生がエレベーターに挟まれて指切断のニュース見て映画のバイオ思い出した首・・・
	

リードを付けたわんちゃんも危険!

 動画サイト「You Tube」にはこんな映像が投稿されていた。リードに繋がれた犬を連れた女性がエレベーターに乗り込んだところ、後から来た犬が乗り込む前にドアが閉まってしまい動き出した。外にいた犬はドアの上に引っ張り上げられたが、近くにいた男性がリードを引っ張り切ったため大事に至らなかった。

出典: エレベーター「挟まれ事故」頻発!ドアにひも引っかかり指切断 : J-CASTテレビウォッチ

	
今、ミヤネ屋で犬のリードが挟まったままエレベーターが動き出し、犬が首つり状態になった防犯ビデオが2件紹介された。運よく2頭ともリードが切れて命に別状はなかった。しかし、マジで犬は宙づり状態になって飼い主は吊り上った犬の体を目の当たりにしてなすすべなく放心状態。危ないよ、これ!!
	
エレベーターの自動ドアで犬のリードが引っ掛かってしまう事故こわいなぁ。最近小さい子供にリード?紐で繋げてる親御さんいるけど同じような事故が起きかねないかと。
	
あのね、犬のリードがエレベーターに挟まれたらまず飼い主はリードから手を離しましょう絶対!!自分もわんちゃんも助かる!!絶対!!リードは話すことも大切!!!紐のある荷物は前に抱える!!!自分で事故を防ぐ!!
	

神戸市の和菓子店で、従業員の男性がエレベーターに挟まり死亡した

 9日午前9時半ごろ、神戸市兵庫区新開地の和菓子店から「従業員がエレベーターに挟まれた」と119番があった。救急隊員が駆け付けたところ、2階の荷物用エレベーターのドアが開いており、従業員の男性(52)が荷室の中に身を乗り出すようにして倒れていた。男性はエレベーターの天井部分に肩から上を挟まれており、その場で死亡が確認された。

出典:エレベーターに挟まれ死亡=和菓子店で従業員—兵庫 - WSJ

	
近所の和菓子屋の人死んだんや…
エレベーターとか痛すぎやろ…
	
うちの職場も笑えないNEWS。もう部品がないとか言われてるので、人が乗るのは止めてほしいとか言われました……  >エレベーターに挟まれ死亡=和菓子店で従業員―兵庫 (時事通信社 - 07月09日 13:01)
	
エレベーターに男性挟まれ死亡 神戸の和菓子店:エレベーター問題は昔からか?
	

恐怖のエレベーター事故映像集 パート1【閲覧注意 放送事故 韓国中国など】

怖すぎだろ・・・

エレベーター事故といったら「シンドラーエレベーター」

同社の名前を図らずも有名にしたのは、これまでも述べてきたとおり、06年6月に東京都港区の公共住宅「シティハイツ竹芝」で起きた「戸開走行(とかいそうこう)」による死亡事故だ。

出典:シンドラーエレベーターは構造上に問題あり? ベテラン技師も「メンテ難しい」 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

	

シンドラーエレベーター

シンドラーエレベータ株式会社(Schindler Elevator K.K.)は、エレベーター・エスカレーターの製造・販売、保守・管理を行う日本の会社である。

本社所在地:日本
135-0044 東京都江東区越中島1-2-21
設立:1954年6月10日
業種:製造業
事業内容:エレベーター・エスカレーター等の製造・販売・保守・修理
代表者:取締役社長 フィリップ・ブーエ
代表取締役:大月通明
資本金:5億円
売上高:53億6333万4千円(2009年)
総資産:66億4576万1千円
従業員数:332人(2013年7月31日現在)
決算期:12月31日
主要株主:シンドラーホールディング 99.9%

事故・不祥事

日本国内では2006年以降、シンドラー製エレベーターの事故や不具合が多く報道されている。報道されたものを以下に記す。 2003年12月17日 午前8時半頃、別府競輪場において当社製のエレベータに乗降中だった競輪選手の前反祐一郎がエレベータ内に閉じ込められた。そのエレベータは、同競輪場最上階の4階を通り越し、エレベーター室内の天井部分に衝突していた。前反は発生後約40分後に救出されたものの、精神的ダメージが大きく、同日のレース出走を取りやめた。原因はエレベーター上部にある上昇用スイッチの誤作動によるものだった。なお報道では、上記事例は後述する2006年6月3日の高校生死亡事故が発生した後に明るみになった。 2006年6月3日 東京都港区にある区営の特定公共賃貸住宅「シティハイツ竹芝」に設置されていたシンドラー社製エレベーター2基のうち1基で、自転車に乗ったまま乗降中の小山台の高校生が、扉が開いたまま突然上昇したエレベーターのかご部分と建物の天井との間に挟まれ折りたたまれて圧死する事故が発生した。 事故発生直後、国土交通省はシンドラーに、国内にある同社製エレベーターの全リストの提出を求めたが、当初は「個人情報保護」を理由に国交省へのリスト提供を拒否した(6月9日にリストを提出)。また、スイスのシンドラーグループ本部は6月9日、「(事故は)欠陥ではなく他社の不適切な保守点検か、閉じ込められた乗客による危険な行為が主因」とする声明を発表した。当時、保守は同社と資本関係のない競合会社が受注していた(2005年度は日本電力サービス、2006年度はエス・イー・シーエレベーター)。 事故当初より、シンドラーは再三の住民説明会や記者会見の要請を拒み続け、初めて記者会見を開いたのは、事故から9日経過した6月12日であった。この会見で、同社による保守業者への情報の提供が不充分であったことが明らかになった。翌日の6月13日に、初めて住民説明会を開いて、ケン・スミス社長が謝罪した。 エレベーターは後に、同じ建物内にあった3基のシンドラー社製エレベーターも含め、5基とも三菱電機製に交換された。なお、保守点検は、交換時から同社の子会社である三菱電機ビルテクノサービスが実施している。 死亡事故の発生を受け、広島市は、被害を防止する観点から市有建築物のエレベーターの緊急点検を行った。これに伴い、市有建築物における過去のエレベーター誤作動調査結果がまとめられた。他社製品は457基中35基(7.7%)が過去にトラブル・故障があったのに対して、同社製のエレベーターは41基中14基(34.1%)であった。 2006年11月17日 国土交通省は、全国の同社製エレベーター6273基の緊急点検結果を発表した。同社製エレベータは、過去1年に閉じ込め175件を含む1294件の不具合があり、1基あたりの1か月の不具合の発生率は1.7%であった(大手5社の不具合発生率は1.2%)。国土交通省は、同社製エレベータに構造上の問題はないが、保守管理が充分でないとして、重点的に検査を行うよう注意喚起する方針であるとした。 また、シンドラーエレベータ死亡事故後に、東京工業大学すずかけ台キャンパス内にある同社製エレベータが、ドアに15cmの隙間が発生したりと何度も不具合を起こしていたことが話題となり、このエレベータに対し取材陣が殺到した(やじうまWatchより)。その後も、不具合は修復されていない様子であることが、報告されていた。現在は三菱電機製に交換されている。 2007年1月1日 同日付でケン・スミス社長は退任し、ゲアハルト・シュロッサー(ヘンケルジャパン前社長)が新社長に就任。また、これと同時に失敗学で知られる畑村洋太郎氏や弁護士などで構成される「独立アドバイザリー委員会」を設置し、同委員会のアドバイスの元に、日本での事業を行うこととした。これは、シンドラー社が社会的要請に応じた事業活動のありかたや、安全な製品を供給することを目的としている。 2007年3月 エレベータの法定検査に必要な国家資格(昇降機検査資格者)を、資格取得に必要な実務経歴を偽装することで、53人に不正に取得させていた事が発覚した。同社は、直ちに詐称していた者の資格を国土交通省に返納した。また、それと同時に、国土交通省は経歴詐称した検査資格者が行った法定検査を無効とし、正規な検査資格者による再検査を指示した。 2007年4月5日 シンドラー社は、同社製品やサービスの向上や信頼回復を図るべく、前述の独立アドバイザリー委員会の存続延長を決定した。 2007年5月23日 シンドラー社が保守点検を行っている東京都杉並区にあるマンションで、住民からの通報により、エレベータを吊るすワイヤーの一部破断が発見された。国土交通省は、直ちに同社が保守点検をしているエレベーターについて緊急点検を指示。なお、前月である4月4日に、日本オーチス・エレベータが同様の不具合を起こしたばかりであった。 2007年6月30日 前述の独立アドバイザリー委員会が解散した。 2007年7-8月 東京都港区が事故機と同型のエレベーターの電磁ノイズ耐性を調べる実験を行った(タクラム・デザイン・エンジニアリングとノイズシールドジャパンが実験)。同型機で、制御回路が電磁雑音に極めて弱いことが判明した。この実験以前は、「ブレーキの磨耗」や「保全の不良」が事故原因と推測されていたが、事故機の予測不可能で多彩な動作不安定性は単純なブレーキ磨耗だけでは説明が付かない。一方「指示なしで勝手に走行」「急停止」「閉じ込め」など、事故機の設置されていたビルの住人などがかねてより指摘していた動作不良は、制御回路の電磁雑音脆弱性で再現が確認された。また、同実験で、ブレーキ磨耗・ソレノイド不良により事故と同様の戸開上昇が認められた。制御回路の電磁雑音脆弱性とブレーキ磨耗、ソレノイド不良の因果関係に関しては、現時点では不明。一方シンドラー社は、「ノイズ対策は正常であった」という見解を出しているものの、具体的にどう正常であったかの回答は出していない。 2007年9月12日 大阪府堺市西区浜寺石津町西の娯楽施設「とこりん」石津店で、シンドラーエレベータ社が保守するエレベータ(旧日本エレベーター工業製、1970年製造)が4階に上がる途中で2階まで降下し、エレベーター内に一時的に閉じ込められた乗客が気分が悪くなるなどの症状を訴える事故が発生した。 2007年10月16日 神奈川県平塚市の西友平塚店で、エスカレーターから大きく身を乗り出した小学生の男児が、手すりと危険防止用の保護板の間に首を挟まれ重体となった(後に回復)。この保護板の製造・設置をしたのはシンドラー社で、形状が建築基準法に違反していた。19日に国土交通省大臣が同社を批判。 2007年10月22日 大阪府の西成警察署で、署内に2基あるエレベータのうち1基が、無人のまま最上階の7階まで上昇し、天井に衝突して停止した。20日に点検した際には異常はなかったという。 2010年4月23日 東京都渋谷区のJR渋谷駅東口の歩道橋に設置されたエレベータがメインロープ3本のうち1本が破断し緊急停止状態になった。ロープ1本の金属線束8本が全て切れた。国土交通省は全て切れたケースは聞いたことがないとコメントした。 2010年11月16日 千葉県柏市の東京大学柏地区キャンパスで、学生18人が乗り込んだ定員19人のエレベーターが扉が開いたまま1階から地下1階まで下降。脱出を試みた学生2人のうち男子大学生1人がひざに軽い打撲を負った。 2012年10月31日 石川県金沢市のアパホテル金沢駅前の4階で63歳の女性清掃員が挟まれて死亡。1階へ降りるためにエレベーターに乗り込もうとした際、急にかごが上がり始めたためにつまずいて倒れ、上半身のみかごに入ったまま上昇を続けてかごの床とフロア側のエレベーターの枠に体を挟まれた。その場に居合わせた同僚女性が足を引っ張るなどして救出を試みたが女性清掃員は挟まれたまま動かず、45分後に救出されたものの死亡が確認された。事故が生じたのは2006年6月の事故と同型のエレベーター。 2012年12月20日 大阪府大阪市立桃陽小学校(大阪市天王寺区)で小学6年の男子児童2人が約40分間閉じ込められる事故が発生。下降中のエレベーターが途中で停止し、缶詰に。2人にけがはなかった。このエレベーターは国土交通省の指導で前日に特別点検したばかりだった。シンドラー製だが、10月に起きた金沢の事故機とは違う機種だった。しかし、後に、停止の原因はエレベーターの異常ではなく、男子児童2人が下降中に内側から扉を手で開けたことだったと分かった。安全装置が作動して緊急停止したとみられる。 2013年1月5日 JR三郷駅(埼玉県三郷市)駅前にあるビルで、「1階でエレベーターのドアが開かなくなった」と119番通報。ビルに入居する耳鼻科医院や美容室の利用者らが約30分間、閉じこめられた。消防隊員が駆けつけ、閉じこめられていた5人を救出。エレベーターはシンドラー社製で、2012年12月4日の定期点検では異常はなかった。 2013年1月6日 静岡市駿河区にある高齢者施設「用宗老人福祉センター」で、男性が17分間、閉じ込められた。エレベーターはシンドラー社製。男性にけがはなかった。同エレベーターは2012年8月にも閉じ込め事故が起きている。 2013年2月6日 金沢市のマンションで、エレベーターが階の間で停止し、男性が閉じ込められた。男性がシンドラー社に救助を求め、点検会社がドアを手動で開けて救出。男性にけがはなかった。点検会社によると、モーターの回転を制御するセンサーに不具合があり、過去の落雷が原因の可能性があるという。 2013年7月13日 午後5時50分過ぎ、 横浜市の横浜市営地下鉄横浜駅に設置されたシンドラー社製エレベーターが故障して、乗っていた5人(男性3人、女性2人)が約2時間閉じ込められた。横浜市消防局などが午後7時50分過ぎに全員を救出。横浜市は、このエレベーターは1998年10月に設置されたものである事と、この事故を受けて当面の運転を停止する事を発表した。

出典:シンドラーエレベータ - Wikipedia

	
何年か前にシンドラー社だっけな。エレベーターによる事故で当時高校生の男の子が亡くなった事件あったが、この事件を思い浮かぶような事件が最近また起きてるとなると…
	
指が切断…

エレベーターの事故って、

シンドラー社製を思い出す。
	
福岡だと天神周辺が比較的東芝のエレベーターが多く、博多駅周辺が三菱が多い感じする。

そして北九州の公共施設はシンドラーエレベーターが根強く残ってたりする。あとは福岡全域で三菱日立東芝が散らばってる感じ(一つ言えば福岡のビルにフジテックが置かれてるケースあまりみたことない)。
	
マンションのエレベーターがぶっ壊れてた。
さすがシンドラー社製品+設置から20年以上経過の逸品。
	
エレベーター乗ってて、ふと見たらシンドラー社って書いてあった。
失った信用は取り戻せないと改めて実感した。
	
エレベーターも怖いね。昔、シンドラー社の事件以降、なるべくエレベータは使わないようにしてる。だから高層マンションに住むとか無理、超高層ビルとかもなるべく上がらない(^^;;
	
シンドラー
世界シェアは2位の大手エレベーターメーカー
しかし国内では公共施設で採用されていたが東京の死亡事故以降エレベーターの製造はしていない
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。