• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
今話題の仮想通貨ビットコイン、いまさら聞けない情報まとめ

今話題の仮想通貨ビットコイン、いまさら聞けない情報まとめ

Posted date:
今話題の仮想通貨ビットコイン、いまさら聞けない情報まとめ
よくインターネットで目にする機会のある仮想通貨「ビットコイン」、CMイメージキャラクターに女優の成海璃子さんを起用したことによって広告など見かける機会がとても増えてきました。
そこで、名前はよく聞くけどよくわからないという人へ、ビットコインとは一体何なのか、ご説明いたします。

ビットコインはインターネット上の仮想通貨

ビットコイン(Bitcoin)とは、インターネット上で取引されている仮想通貨(正確には暗号通貨)のひとつで、日本でも一部店舗でビットコインによる支払いに対応しているところも出てきています。
しかし、それだけではWAONやSuicaなど身近には溢れている電子マネーと何ら変わりのないものであると思った方もいらっしゃるでしょう。これら電子マネーとビットコインをはじめとする仮想通貨の大きな違いは、「価値の変動がある」ことでしょう。電子マネーであればチャージした金額と同額を電子マネーとして持ち歩き、支払いに使用いたしますが、ビットコインは常にレートが変動しています。
ビットコインはBTCという単位で表され、1BTCが当初10円でありましたが、2017年11月現在では1BTCあたり80万円を超す価格で取引されています。
また、個人間での取引になるため手数料が安く、24時間トレードが行えるというメリットがあります。
ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。

出典:ビットコイン(Bitcoin)とは仮想の通貨【bitFlyer】

ビットコイン取扱量日本一のビットフライヤーにてより分かりやすい説明がなされています

発行元の銀行が存在しない

日本円なら日本銀行が発行の管理を行っているように、それぞれの国で利用されている貨幣は各国の中央銀行が管理をしています。
しかし、ビットコインにはその管理を行う中央銀行や組織は存在しません。ビットコインは「ブロックチェーン」という技術を採用することにより管理を行っています。

ブロックチェーンとは?

ビットコインのブロックチェーンとは、 ビットコインの通貨をどのアドレスからどのアドレスに送ったということが記録されている履歴(データベース) ということになります。
そして、そのデータは一つの場所に保存されているのではなく、 取引記録は、Bitcoinのネットワークに参加しているコンピュータに分散されて保存されています。

ブロックチェーンは、取引記録(トランザクション)を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存したものになります。
チェーン状に繋げることによって、のちにデータを変更、改ざんすることが実質不可能になります。

出典:わかりやすいブロックチェーン(blockchain)とは何か? の説...

	

ビットコインを使うことのメリットとは?

あらゆる手間と手数料がなくなる

全世界共通の仮想通貨であるため、インターネットを通して国境をまたいだ送金などの取引が24時間行えます。また、銀行を介さないため手数料も数十円と格安なところもメリットのひとつでしょう。
に日隠園なら海外旅行の際に、現地の通過への両替が必要となりますが、仮想通貨であればその手間も、両替にかかる手数料も必要ありません。

小額からの投資が可能

投資をする際、株式なら10万円、FXなら数万円は始めに用意しておきたいところですが、ビットコインは小額からの購入が可能であることも魅力です。
しかし、先述した通り1BTCのレートは現在80万円を超えるレートで取引されています。小額で購入するためにはどうすればよいのでしょうか?

BTCよりも下の単位がある

1mBTC=1000分の1BTC
1satoshi=1億分の1BTC
実はビットコインには1BTCよりも小さい単位が存在するのです。しかし、あまりに小さすぎる為1satoshiのみなどの取引はシステム上できない使用になっています。
最低でも546satoshi以上でないと取引はできません。これが仮に1BTC=100万円であった場合には5.46円から購入できる計算になります。
	
それでは5.46円あれば取引をすることは実際にできるのでしょうか?答えはノーです。仮想通貨を購入する場合、取引所を仲介する必要がありますがそれぞれ最低単位が定められていますが国内の取引所では最低でも0.0001BTC(10000分の1)がボーダーになっています。
これは、1BTC=100万円であるときに100円の計算になるので、100円からの投資が可能ということになります。ですが取引の際には手数料が差し引かれるので、最低でも数千円からの投資をお勧めいたします。

satoshi(サトシ)って人の名前じゃない?

そう、ビットコインの単位であるsatoshi(サトシ)、これは、ビットコインの生みの親である「ナカモトサトシ」という人物からとられているのです。

ナカモトサトシとは?

今や新しい通貨とも呼ばれる仮想通貨、そのパイオニアであるビットコインのと、それを支えるブロックチェーン技術を考案した人物、ナカモトサトシ。正体不明のこの人物の正体は誰なのか、個人なのか団体なのかさえもいまだに誰一人知る人物はおらず、謎に包まれています。

オーストラリア人起業家であるとの説が有力

2015年10月にラスベガスで開催されたビットコインのイベントに登場したある人物が、ナカモトサトシではないかと言われています。

オーストラリアの起業家”クレイグ・ライト”

彼は、オーストラリアのドモルガン株式会社のCEOであり、情報セキュリティや暗号開発・解析などあらゆる専門分野に特化している人物です。
クレイグ氏は、司会者に自己紹介を求められた際に自らを「誰も聞いたことがない分野の研究に携わっていた」と説明し、
続けて「プロトコルの設計を行ったり、まだ誰も可能と思っていないことに携わっていたり、えーっと……」と歯切れ悪く語っていました。
司会者が「ちょっと待ってください、あなたは誰なんですか?コンピューターサイエンティスト?マイナーですか?」と質問すると、クレイグ氏は、
「いろいろです。法学、統計学の修士号を取得していたり、博士号を取得している分野もあったり……ビットコインには長い期間にわたって関わってきました。いまでも続けています。あと……」とまたも歯切れが悪い。
このもの言いたげな様子に、クレイグ氏こそがサトシ・ナカモト本人ではないか?と考える人々が登場し、WEBメディア WIREDではクレイグ氏がナカモトサトシである証拠を集め、その内容を公開しています。

出典:ビットコイン最大の謎、ナカモトサトシの正体がついに判明した

	
また、この人物がナカモトサトシ本人であると裏付ける様々な証拠も揃っています。
・ビットコイン論文発表前にブログでその内容を公開している。
・サトシナカモト氏とほぼ同じメールアドレスを所有している。
・ビットコイン論文公開前に弁護士にほぼ同じ内容のシステムの法律相談をしている。
・ビットコイン銀行へ約 100億円分の投資

出典:ビットコイン最大の謎、ナカモトサトシの正体がついに判明した

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
サンダーソニア

スケートボードが趣味の自称”滑るwebライター”。ちなみにサンダーソニアは好きな花の名前です。