• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
手取り足取り シェアチューブで稼ぐまでを具体的に書いてみた

サムネイル出典:https://pixabay.com/

手取り足取り シェアチューブで稼ぐまでを具体的に書いてみた

Author:
sanpeisanpei
Posted date:
手取り足取り シェアチューブで稼ぐまでを具体的に書いてみた

サムネイル出典:https://pixabay.com/

シェアチューブで稼ごう

稼ぎたい♪
自宅にいながら好きな時間に仕事をして、
好きな音楽でもカケながら、自分のペースで20〜30万ぐらいの収入が入って
嫌な上司や人間関係にも心をかき乱されず

そんな生活が・・・ いや メッチャしたいです。
でもほら、そうゆうのってお高いんでしょ〜

奥さん 実はそれがなんと無料で・・・

ただより高いものはないですが、
その努力が掛け算されていく仕事があります

それがまとめサイトのライターさんという仕事。

その理想と現実はどんなものか?
sharetubeというサイトに出会ったので、実際の所どうなのか?
まとめてみようと思います

この記事の全体の流れ

登録から 具体的な使い方 文章の考え方 などを手順を追って説明します

シェアチューブって何?

シェアチューブはこんな感じでこんなものです

まとめサイト
キューレーションで報酬が入る
1,sharetubeってなに?

◯sharetubeってなに? 登録しよう
http://sharetube.jp/curatorrecruitment/lp/

◯まとめ記事を書いてお小遣いが欲しい方募集!業界一の報酬を出します。
http://sharetube.jp/article/869/

文章書くならシェアチューブが良いと思った (その根拠 2017,12,04現在)

登録が簡単

自分でサイト作れなくても 文章かければOK

報酬が高い

自分で書くより、アクセスが有る

つまり 誰でも出来て 儲かるんじゃないかと思っている (今のところ。。)

登録の仕方

書き方の基本

まとめ作成 〜初級編〜

◯sheretube まとめ記事の書き方(使い方)はこちらのリンクから

[Sharetube]まとめ作成ツールの使い方をまとめました。これで君も5倍速で記事が書けるようになる!!
http://sharetube.jp/article/988/



◯良い記事の書くポイントはこちらから (書く時のポイント 考え方)

まずはまとめを書くにあたっての必要な事
[まとめ職人に捧ぐ] PVを集めるために絶対に必要な7つのルール
http://sharetube.jp/article/2814/


◯動画でも解説されています

まとめ作成ツールの使い方
まとめ作成ツール使い方講座!動画で細かく教えていくよ
http://sharetube.jp/article/1071/

記事の内容を考える

5,まずは書いてみる
 >テーマを決める
 >目次を決める
 >内容の作り方

キーワードアドバイスツールについて

キーワードアドバイスツールって何?

キーワードアドバイスツール登録しよう

2,キーワードアドバイスツールを設定する
 
 まずはこのリンクです
登録のリンクはこちらですhttps://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

 登録します
 広告を出します(すごく安くていいので)
 クレジットカードの登録
 最初の振込に1000円かかります

キーワードアドバイスツールの設定

実際のキーワードの探し方

記事の構成を考える

タイトルはとても大事です

◯タイトルは大事です
まとめを書く上での最低限必要なポイント&低品質まとめの削除とテーマ付け直しのお知らせ
http://sharetube.jp/article/5319/

まとめ作成 〜上級編〜

sheretubeの作り方 〜上級編〜

◯目次の作り方
まとめ作成ツールアイテム:目次を実装致しました
http://sharetube.jp/article/4670/

◯まとめ作成ツールアイテム:吹き出しと囲みを実装致しました
http://sharetube.jp/article/1228/

目次をつける

やる気を出すw

◯このぐらい書くと、このぐらいのアクセス数でこのぐらいの報酬が入りますよという記事

本気でまとめを書いた場合(運営者が)
【226万円】3ヶ月間だけまとめを鬼のように書いてぴたっと書かなくなった永久報酬の金額
http://sharetube.jp/article/4068/

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sanpei