• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
増築時の法律・確認申請、必要になるのはどんな場合?

サムネイル出典:

増築時の法律・確認申請、必要になるのはどんな場合?

Author:
sharetubejpsharetubejp
Posted date:
増築時の法律・確認申請、必要になるのはどんな場合?

増築時の法律について

住宅の建築には、様々な法律が関わっています。建築基準法や消防法などよく耳にするもののほかにも、宅地造成規制法や都市計画法などがあり、住宅地の安全性や環境を保っているのです。増築の場合も、これらの法律で定められた基準が守られていなければ建築許可が下りません。このため希望通りの増築が行えないという事態が起こる場合もあるのです。そこで、増築の際には専門家に相談のうえで、各法律が要求する基準を満たすプランを立て、建築確認申請を行うことになります。
横浜市 宅地造成等規制法のページ

出典:横浜市 建築局 宅地審査課 宅地造成等規制法の概要

	
建築確認申請を行わなくてよい場合もないわけではありません。10平米以下の増築であり、かつ建物所在地が無指定地域、つまり防火地域や準防火地域以外にあるという二つの条件を同時に満たす場合に限り、建築確認申請は不要です。逆に言えば、それ以外の増築には建築確認申請が必須であり、ほとんどの場合はこれにあてはまります。

増築時の確認申請、必要になるのはどんな場合?

建築確認申請は自分で行うこともできますが、高度で専門的な知識が必要です。そのため普通は建築士に代行してもらうことになります。リフォーム会社に増築を依頼すると、社内の建築士が建築確認申請を行ってくれます。費用は増築の内容や申請先によって変わりますので、打ち合わせ時に確認しておきましょう。
地域の増築・改築・リフォームのざっくりした相場については、こちらも参考になりました。
全国対応の増築の相場を知ることもできる、ということですね。
【 屋 内 】の工事費用の目安の相場・価格一覧

出典:増築改築・比較.com

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sharetubejp