• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ネコちゃんが伝えたいのはこんなこと!しっぽでわかる11の気持ち
殿堂

ネコちゃんが伝えたいのはこんなこと!しっぽでわかる11の気持ち

Posted date:
ネコちゃんが伝えたいのはこんなこと!しっぽでわかる11の気持ち

ネコともっとコミュニケーションをとりたい…!

ねこがめっちゃ話しかけてくるけどねこ語がわからない
	
ほんと、猫といるの幸せだし、猫の気持ちをもっとわかれば良いのにって思うけど猫たちも私の気持ちを汲もうとしてくれてるの分かる
	
留守にして帰ってくると、にゃんこーずに文句を言われるのが通例なのですが、最近鳴き声のトーンがすごくバリエーションに富んでいるので、本当に、彼らなりに伝えたいことがたくさんあって訴えてるのがわかる。ごめんよーおかあに猫の言葉がわかればねー(*´ー`*)
	
ねこさんが何か訴えてくるけどねこ語がまだ「おいでー」みたいなのしか習得できてないから分からないよ。。。
	
ネコ好きの方ならもっとネコちゃんと意思疎通したいと思いますよね!でも残念ながらネコちゃんは話す事が出来ません。飼い主さんなら鳴き声でなんとなく伝えたいことがわかるときがありますが、ネコちゃんはしっぽでも気持ちを伝えることが出来るのです!鳴き声よりも尻尾の方がわかりやすいので、ネコちゃんともっと仲良くなれるかもしれません。

ネコのしっぽはどんな役割があるの?

猫は動いている時の身体のバランスをしっぽで取ると言われています。猫科のチーターは獲物を追いかける時の急なターンの際、グルグルとしっぽを回してバランスを取ります。猫も走る時やジャンプをする際はしっぽをうまく回して使いますし、高所から飛び降りる時はしっぽをグッと高く上げて、塀の上を歩く時はピンと伸ばしてバランスを取ります。また、猫は寒さに弱い動物ですので、冬の寒い時期はしっぽをマフラーのように首に巻きつけて暖を取ります。更には、しっぽにある臭腺を使ってマーキングも行います。猫が何かにしっぽをこすったり巻きつけている時は、自分の縄張りや所有権を主張しているのです。

出典:猫のしっぽって何のためにあるの? | マイナビニュース

ネコちゃんのしっぽにはバランス取り、感情表現、寒さ対策、マーキングと様々な役割があります。

最も重要な役割

それは、「コミュニケーションをとること」です。ネコちゃんは挨拶するときにしっぽを使います。子どものころはお母さんに甘える時はしっぽをぴんと立て自分を目立たせるために使います。他の動物へ気持ちを伝えるためにもしっぽは大切です。

私たちが気をつけること

ネコのしっぽの神経は脊髄と繋がっています。大事な神経や太い動脈がしっぽに流れています。そのためしっぽを強く引っ張ったりして傷つけてしまうと、内臓や歩行に障害が出てしまう可能性があります。ネコちゃんのしっぽを引っ張るなどの危険な行為は絶対にしないようにしましょう。

しっぽで伝えたい11の気持ち

ぴんと立てる

ネコちゃんがしっぽをぴんと垂直に立てているのは嬉しい、甘えたい、ご飯が欲しい、遊びたい、なでて欲しいという合図です。ねこは甘えたい相手にしっぽを立てる習性があります。ネコちゃんがしっぽを立てながら近づいてきたらたくさんかまってあげてくださいね。クエスチョンマークのようにしっぽを少し前に向けているときは挨拶をしています。

だらんと下げる

反対にしっぽを下げている時は怒られたりして、しょんぼりしているときです。体調の悪い時にもしっぽを下げていることがあるのでよく観察してください。

抱っこするとお腹につける

安心しているのかな?と思うこの仕草、実はネコちゃんは抱っこされて怖がっていることがあります。安心しているときはしっぽをだらんとさせているので、ネコちゃんがしっぽをお腹につけていたらゆっくりおろしてあげましょう。

大きく速くブンブン振る

とてもイライラしていたり、すごく怒っているときに立ち上がりしっぽを大きくブンブン振ります。攻撃を仕掛ける前にこのようにしっぽを振ることがあります。そっとしてあげましょう。

大きくゆっくり振る

ゆっくりしっぽを振っている時はネコちゃんは穏やかな気持ちでいることが多いです。機嫌が良く、リラックスしています。遠くに獲物を見つけたり、じっとしながら左右にしっぽを振っている時は「あれは何だろう」と興味を持っているときです。考え事をしている時も同じようにゆっくりしっぽを振ります。

小さく速くパタパタ振る

不機嫌だったり、落ち着かなかったり、少し怒っているときに素早くしっぽを振ります。撫でているときや抱っこしたときにパタパタとしっぽを振っていたら嫌がっている合図です。

座りながら上下にゆっくり振る

ネコちゃんはリラックスしていて、これから何をしようかな、と考え事をしているようです。遠くを眺めながらパタパタ振っているときもあります。

太くする・山形にする

強気になり怖い時、驚いた時、威嚇している時、攻撃しようとしている時などにしっぽを毛を逆立てて大きく、太くします。攻撃的になっているのでむやみに触らないようにしましょう。

足の間に挟む・巻き込む

弱気になり、恐怖心を感じているとしっぽを足の間に入れ体を丸めて自分を小さく見せ、襲わないでというアピールをします。

しっぽの先をちょろちょろ振る

獲物を見つけるとワクワクして興奮状態になりしっぽの先だけをちょろちょろと動かします。ボーっと考え事をしているときにも突然しっぽをちょろちょろ振ることがあります。

寝ながらしっぽの先を小さく振る

聞こえてはいるけど返事をするのは面倒臭いときにしっぽをパタパタと振り返事をすることがあります。起きている時に何度も呼びかけていると返事をせずしっぽで返事をする時もあります。

まとめ

いかがでしたか。ワンちゃんよりちょっとわかりにくいネコちゃんの感情表現ですが、読み取ってあげたらもっと仲良くなれるチャンスですね!可愛いネコちゃんとのハッピーライフの参考にしてください。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Sharetube女子部

Sharetube公式チャンネル。女の子向けの情報をまとめていきます。恋愛、ファッション、カフェ etc...