• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【就活】これだけは知っておきたい採用試験「筆記と面接」の基礎知識まとめ
殿堂

【就活】これだけは知っておきたい採用試験「筆記と面接」の基礎知識まとめ

Posted date:
【就活】これだけは知っておきたい採用試験「筆記と面接」の基礎知識まとめ
就職活動とは、最近では就活と略して呼ばれることが多いようですが、読んで字のごとく職業に就くために活動することを言います。

就職活動を行う人は学生または失業者であり、職業に就いたまま行うものに関しては転職活動と呼ばれています。転職活動は就職活動とは別のものとして扱かわれていることが多いようです。

大学生や、短大生が在学中に就職活動をしている状態を新卒といい、卒業してから就職活動をしている人を既卒と言い習わします。

数十年前の日本の企業は、終身雇用制年功序列制度で成り立っていました。現在では、転職する人も増えており、一つの会社に長く勤める人だけではなくなっています。短期間で仕事を転々とする人が増える中で、新卒で採用された人が、3年以内に次の転職先を求めて活動している状態のことを第二新卒といいます。

就職試験においては、多くの場合は筆記面接などが設定されておりそれらに合格しなければ内定をもらうことは出来ません。企業によっては、複数回の面接を重ねることもあるようで、内定を手にするまでにはいくつもの関門をクリアしなければならないようになっています。

これらの関門を超えるために役立つ受験対策面接対策などのノウハウが生まれたり、多くの講座が開かれるようになっています。企業側も、求める人材を見つけ出すために、工夫をこらした採用試験の内容を考案したり、独特な面接スタイルを編み出したりと様々なことをしています。

希望の職種に採用されるためには、どういった取り組みが有効なのか、就職支援会社などは研究を続けています。どんなやり方が就職活動を成功に導くのか、成功者の話や、就職活動の講座などを参考にして、方策を確立させるといいでしょう。

就職説明会の種類と参加時の注意点について

就職活動の一環として、就職説明会に行く場合は、実際は一次面接を受けるような感覚で行くように心がけましょう。就職説明会と一口に言っても、どういった段取りで行われるかはその時によって違います。大きくわけて2つの種類があり、単独の企業が開催する場合と複数の企業が集まって合同で開催する場合があります。

あらかじめの準備が当日になって力を発揮することは、どちらの就職説明会でも同じです。単独で開催される就職説明会の場合は、大手企業や人気企業によく見られるパターンです。大勢の人が就職したいと思っている人気企業はたびたび就職説明会を行いますが、予約がなければ入れないこともあります。就職説明会のうち、単独で開催されるような企業に行くと、抜き打ちテストを受けざるをえなくなったりします。

会の名前は間違いなく説明会になっていたのに、面接や、筆記試験が始まってしまうということがあります。第一志望の会社が単独説明会を開くのであれば、必ず参加したいところです。合同説明会に参加することで、求人を出している何社もの企業の話を聞く機会を得ることができます。

人気の企業が多数参加する就職説明会では、混雑が予想されるので優先順位やタイムテーブルなどには気をつけましょう。大抵の就職説明会では、服装に関する決まりはないですが、就職活動はスーツを着用して行うことがスタンダードになっています。

就職試験での一般常識問題について

多くの企業では、就職試験の第一次選考として、一般常識の筆記試験を行うことがあります。一般常識試験は、非常に幅広い分野から出題されるので、いざ就職活動をはじめる時期を迎えてから何らかの準備をしようとしても間に合いません。

事前に対策を立ててから就職活動をしようとしても、範囲が広すぎてなかなか終わらず、無駄な手間になってしまいます。就職活動を成功させるために一般常識問題の勉強を進めておきたいという場合は、できるだけ早く取り組んでおくといいでしょう。

企業が就職試験を行う時に出す問題は、そう難易度が高くはありません。ぼんやりと知っている程度でも、問題の解答が可能です。色々なジャンルの話を聞いてきますが、詳しく知っている必要はないという利点もあります。難しい問題が出題されないと聞けばほっとする人も多いですが、とにかく広範囲であることが一般常識試験のネックです。

決して難しく考える必要はありませんが、対策のための時間はしっかり確保しておいた方が無難です。どんな問題が出るのか、過去問を解いたり、経験者の話を聞くなどして、情報を集めましょう。時事問題や、社会情勢なども問題に組み込まれますので、新聞を読む習慣などがテスト勉強がわりになります。

就職活動用の参考書の中には、一般常識や、世相を反映した問題についてを問題形式で出版しているものもあります。普段から、テレビや新聞をチェックして、世の中の動きに興味を持つようにしていると、就職活動の時事問題にも対応できるようになります。

就職試験での一般常識問題の対策

一般常識を出題する企業は、就職試験では珍しくありません。どんな勉強で、一般常識への理解が深められるでしょう。一足飛びに効果が現れる手段ではないですが、中学、高校時代の教科書をもう一度引っぱり出して、勉強をし直しておくことが一般常識問題では有効といえます。

就職試験で出される一般常識の厄介なところは、出題範囲がとても広いことです。一夜漬け勉強で問題にヒットすることは、まずないといっていいでしょう。一般常識問題は、さほど解きにくい問題が出てくることはありません。

大学を入学する時に受けた問題と比較すれば、格段に楽なものになっているでしょう。一般常識問題として出題される就職試験の問題は、高校生レベルにも及ばず、中学生でも解けるくらいのものでしかないようです。その強化が得意でなかった人でも、このくらいなら解けるだろうというレベルが一般常識であり、中学レベルの学力があれば支障はありません。

好きな教科なら、あまり事前の準備に時間を割かずとも、就職試験では一般常識試験を受けることが可能です。対策せずに、いきなり一般常識試験を受けてもそれなりに解ける人も多いですが、それでは不安だという人は、試験問題集に目を通してみるといいでしょう。

一般常識の問題集を事前に解いておくことで、中学や高校時代の知識を思い出すきっかけにもなりますし、苦手分野がどこにあるかを確認することができます。一般常識の対策をどのくらいしておくべきかを実感するためにも、就職試験対策用の一般常識問題集を軽くでも読んでみるといいでしょう。

就活の面接対策について

就職活動の中で一番不安に思っていることは、面接という人も少なくないでしょう。面接はどのような質問があるのか分からないので、上手に受け答えができるかどうか、誰でも不安に思うものです。面接で気になるは、一般的な試験のように考えつつ答えを書くのではなく、その場で話さなければいけないということです。

就職試験を成功させて、無事に内定を得るためには、面接試験をクリアできるかが非常に重要になります。入退室の作法や、言葉遣い、服装、自己アピールのやり方など、就職活動時にしておきたい面接対策はいくつもあります。就職活動の際には、面接の対策ばかり気にしすぎて、根本的なところを見失っている人も少なくないようです。

面接のことを一番よくわかっているのは、当然ながら数多くの面接をこなしている企業の人事担当者です。何人もの面接をしてきた人事担当者に対して、インターネットで調べた面接対策は付け焼き刃でしかありません。判で押したような定番の回答を用意していても、他の人と同列の評価をつけられてしまうだけで、一歩先んじることはできません。

誰もが似たようなことを話すので、人事担当者としては、言葉の表面だけで騙されたりはしてくれません。人事の立場からすれば、優秀で、打てば響くような受け答えができる人を好みます。書籍や、ネットの面接対策をそのまま利用するのではなく、自分流のスパイスを盛り紺無ことが、面接を攻略するポイントです。

面接対策の効果的な方法

どんな企業でも、面接を経て採用者を決定している以上は、面接は就職のためにはとても大事なものです。面接に行く時にはきちんと対策をして、どんな状況にでも対応できるようにすることが、非常に重要です。

面接に行く前に、十分な対策を立てることができるようにしましょう。面接の対策を行う時には、具体的には何をすればいいでしょう。まずは、面接で聞かれそうなことをピックアップします。あらかじめイメージしていない質問をいきなりされると、どんな返答の仕方がいいのかわからなくなります。聞かれたその場で答えをつくろうとしても、説得力のない話になってしまって、うまく話か進められません。

定番の質問が来ても、動じずに返答ができるようにしておくことが、面接対策では大事なことといえます。こちらから質問をする必要があった時に、何を聞くかを決めておくことも、面接対策としては大事です。面接をうける時には、質問はないかと尋ねられることがあります。質問はないかと問われて、ないと答えてしまうと、せっかくの自己PRの機会を失ってしまうことになります。

自分の意思で、ここで働きたいと思っていないからこそ、質問も浮かんでこないのではないかと判断されたりもします。面接の流れを受けて質問を決めたほうがいい時もありますが、それでも、質問候補を考えておくと役に立ちます。

面接でされる質問への対策

面接では、色々な質問をされることになりますので、対策を講じて質問に答えられるような体制を整えておきましょう。何の手立ても講じないで面接を受けにいくと、何か聞かれても答えることができずの言葉に詰まることがあります。

面接で聞かれる質問はいくつかありますか、定番は志望動機についてです。会社についてある程度の情報を得てから、応募しているのかどうかも確認されます。面接対策では、どういった能力を持つ人を企業が欲しているのかを考えておくと必要があります。面接でよく聞かれる、お定まりの質問であるともいえますので、対策はきちんと立てておく必要があります。

自己PRの方向性を決めておくことも、面接対策では大事なことです。自分にはどんなとりえがあり、採用された時にどんなふうに役に立てるのかを話せるように、対策をしておきましょう。あらかじめ自己分析をしっかり行い、自分の中にあるアピールポイントをピックアップしておきましょう。自分がどういったことができるか、事前に確認しておくことで、即戦力になれる人材であると、企業にアピールすることができます。

自己アピールを成功させるためには、自分の能力や、実績をわかりやすく伝えることです。今まで経験した仕事の内容や、実績をきちんと伝えられるようにしておくことが、面接対策の鍵を握っているのです。

就職の内定辞退の方法とは

企業からの内定が欲しくて就職活動はするものですが、内定は一つでよく、場合によっては辞退連絡が必要です。数社を並行して面接をしていると、同時に何社かから内定が得られることがあります。しかし就職できるのは一つの会社だけなので、他の内定は辞退しなければなりません。

どこの会社を就職先として選択し、どこを辞退するかはよく考えなければなりません。よく考えた上で、自分はどの職場で働きたいかを決めることが、今後の将来の行方を左右します。望まない仕事につくと、継続して働くことがどんどん苦痛になってきて、結局やめざるをえなくなったりします。就職活動をうまくいくようにするには、自分に合う仕事に従事できるようにすることです。

内定をいくつかもらってしまってから、辞退しなければならなくなった時には、どういう行動が適切でしょうか。内定を辞退するには、電話でする方法の他にもメールで断ることも出来ますが、出来るだけ電話で伝えるようにした方が誠意が伝わります。

仮に内定を辞退したい電話をかける場合は、辞退する理由を進んで話すことはありません。もしも企業サイドから問われたら、差し障りのない範囲で丁寧に答えましょう。後日、内定辞退のお詫び状を送付することが、一般的なマナーです。内定を辞退するに際してのお詫び状は、簡潔な内容で構わないので、電話をしてから早めに送付するようにしましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。護身術師範。 悪質なクレーマーや左翼と戦う某団体所属。喧嘩上等。 「I'm proud of the fact I was born in Japan.」