• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
あなたに合う髪型は?失敗しない髪型の選び方3選

あなたに合う髪型は?失敗しない髪型の選び方3選

Author:
qaqaqaqa
Posted date:
Update date:2017年12月10日
あなたに合う髪型は?失敗しない髪型の選び方3選
美容・ファッションにおいて、髪型はあなたの個性が最も反映される要素です。ファッション雑誌などで紹介された服のコーディネートは、誰にでもある程度は格好良く決めることができますが、髪型は似合う・似合わないが個人によってかなり表れます。この記事では髪型選びでポイントになるところを3点紹介します。あなたに最も合った髪型を選び、あなたらしさをより一層アピールしていきましょう。

顔の大きさで判断する。

小顔は美人の条件とされる1つの要素です。小顔の方は小顔をアピールし、そうでない方はできるだけ顔を小さく見せることが求められます。よって顔の大きさは髪型を選ぶ上で非常に需要になります。

小顔の場合

小顔をより一層アピールするためにボブやギブソンタック、ポニーテールなど、髪を横に流さないように綺麗にまとめます。顔全体がコンパクトにまとまり、小顔が際立ちます。逆に顔が大きい人がこれをすると顔がより一層大きく見えてしまうので、控えるようにしましょう。

顔の大きさが気になる方

ウェーブロング、パーマなど小顔とは逆に髪を横に広がるように見せ、相対的に顔を小さく見せましょう。私たちは周りの物と比較することで物の大小を判断します。顔が大きな方でも小顔に見せることは充分に可能です。

年齢で判断

これは想像に難くないと思います。30代を過ぎたあたりの方がツインテールをするのは、さすがに控えた方が良いでしょう。年齢相応の髪型を選ぶのは、むしろ髪型選びにおいて最優先事項ということができます。「年齢相応」という言葉にピンとこない方は、セミロングもしくはロングのストレートなど無難な髪型で綺麗に仕上げることをおすすめします。

顔の形で判断

顔の形も重要な判断要素です。「他の人だと非常に似合っているのに、自分がそれをすると全然決まらない」というのは顔の形の違いによるものです。えらが張っている人はボブやセミロングで上手にえらを隠し、小顔に見せるだけでかなりイメージが変わります。逆に顔が縦に長い人がこれをすると、顔がより一層長く見えてしまいます。顔が縦に長い人はポニーテールかストレートロングにすると綺麗な顔立ちがより一層整って見えます。丸顔の人はギブソンタック・またはパーマをかけると顔全体が可愛らしく整います。

まとめ

髪型の似合う・似合わないは雰囲気といった曖昧なものではなく、具体的な根拠によって判断できるものです。ロングの人がいきなりボブにするのはかなりハードルが高く、失敗したときのリスクが非常に高いです。具体的な根拠をもとに「絶対に似合うはずだ」という確信をもって髪型を変えられるようにしたいですね。この記事を参考に、あなたも自分に最も合った髪型を模索してみましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
qaqa

翻訳家兼ライターです。 現在東ヨーロッパモルドバに在住しています。 8か国語話せます。情報ソースが多いので、色んな雑学を皆さんに紹介できます。 よろしくお願いします。