• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【群馬女子高生誘拐殺人事件】16歳の女子高生を拉致、首を絞めて殺し山に捨てた…「坂本正人」

サムネイル出典:

【群馬女子高生誘拐殺人事件】16歳の女子高生を拉致、首を絞めて殺し山に捨てた…「坂本正人」

Author:
kengeekengee
Posted date:
【群馬女子高生誘拐殺人事件】16歳の女子高生を拉致、首を絞めて殺し山に捨てた…「坂本正人」

2002年 7月19日 金曜日 午後1時頃

1学期の修行式を終えた大胡町(現:前橋市)に住む、高校1年の女子生徒A子さんが、行方不明になった・・・
A子さんは一学期の終業式を終え、中学時代の部活動仲間と吹奏楽を聴きに行く途中だった。

出典:中日新聞(平成14年7月24日 夕刊)

	
両親は、夜になっても帰宅しないことに不安を抱き、愛さんの携帯に電話したが応答がなかった。

出典:群馬・女子高生誘拐殺人事件 : 一期一会の世直し

	
 

7月19日 午後11時30分頃

A子さんの母親の携帯電話に「50万円用意しろ、娘がどうなってもいいのか」と男の声で電話があった。
家族は夜11時50分に警察に通報した。

出典:群馬女子高生誘拐殺人事件 - 群馬女子高生誘拐殺人事件の概要...

	
 

7月20日 正午過ぎ

現金の受け渡し場所に現れた男を逮捕した。
二十日正午すぎ、同県赤堀町の現金受け渡し場所に父親の**さんが現金二十数万円入りの封筒を置いた後、坂本容疑者が現れ車で持ち去ったため、張り込んでいた捜査員が約一㌔尾行して逮捕した。

出典:中日新聞(平成14年7月24日 夕刊)

	
赤信号で停止したところを尾行中の捜査員が坂本を取り押さえて緊急逮捕した。

出典:群馬・女子高生誘拐殺人事件 : 一期一会の世直し

	

坂本正人 (無職)

群馬県粕川村(現:前橋市粕川町)36歳

高校を中退し親戚が経営する土建会社に勤めるが長続きせず退社。何事にも中途半端で飽きっぽい性格だった。また妻や娘に暴力を繰り返し平成11年6月には妻と娘が児童相談所に保護されていた。

金に困っており、時々父親に金を無心しては1000円ほどを与えられていた。消費者金融などに200万円以上の借金があった。



※中日新聞(2004年10月29日 夕刊)より、画像加工
坂本が最初に要求した金額は50万円、その後の交渉で20数万まで下がった。逮捕時の坂本の所持金は、わずか200円だった…
 

7月23日 夜

「A子さんを殺害して、山に捨てた」と自供・・・
県警捜査一課などが自供に基づき捜索したところ、同県宮城村の山林でA子さんの遺体を発見、男を二十四日朝、殺人と死体遺棄容疑で再逮捕した。

出典:中日新聞(平成14年7月24日 夕刊)

	

群馬 女子高生連れ去り殺害

※中日新聞(2002年7月24日 夕刊)
A子さんは県立の商業高校の1年、成績優秀で明るい性格。1学期の成績はクラス(34人)中、3番。将来は、幼稚園の先生になりたいと話していたという。週に6日間、地元のガソリンスタンドでアルバイトをしていた。
高校生活の最初の夏休みを目前に、無残にも殺害されてしまった・・・
 

犯行の動機

犯行の動機については、児童相談所にいる別れた妻や子に会うため、職員に面会を強要する手段として女子高生を人質に取ろうとした、などと説明した。前妻らは坂本被告から家庭内暴力を受けたため、保護されていた。

出典:カミカゼニュース : 群馬県大胡町女子高生誘拐殺人事件 坂本...

	

誰でもよかった

※中日新聞(平成14年7月25日)
 その後、
「連れ去るのは誰でもよかった。大変なことをしてしまった」
「別れた妻と娘に会うため、女を拉致して引き換えにしようとした」
 などと供述した。

出典:群馬・女子高生誘拐殺人事件

	
 

犯行の手口

連れ去られたのは、大胡町(現:前橋市)の路上
一人で歩いていたA子さんに「行きたい所があるので、地図を描いてくれ」と声をかけ、自分の車の助手席に乗せて連れ去った。Aさんが宮城村柏倉で停車中の車から逃げ出そうとしたため首をロープのようなもので絞めて殺害、近くの山中に遺体を捨てた…

出典:中日新聞(平成14年7月24日 夕刊)

	
道を尋ねるふりをして無理やり乗用車に乗せ連れ去り乱暴、五キロ離れた同県宮城村柏倉の山林にてビニール袋をかけて電気コードで首を絞め殺害した。

出典:ニッポン犯罪狂時代/著:北芝 健

	
林道で止めていた車から逃げ出そうとした女子高生をカーオーディオのコードで首を絞めて殺害し、被害者財布から現金3000円を奪った。

出典:群馬女子高生誘拐殺人事件 - Wikipedia

	
同県宮城村の山林で暴行したうえ絞殺。

出典:<群馬女高生殺害>坂本被告に死刑判決 無期懲役の1審破棄...

	
 

2003年 10月9日 無期判決

前橋地裁は九日、無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。裁判長は判決理由で「大胆かつ卑劣な犯行で、被害者の無念さは察するに余りある」としながらも「計画的な犯行ではなく、謝罪の念も芽生えている。終生罪を償う道を歩ませることが相当」と述べた。
 被告退廷後、久我裁判長は、傍聴していたA子さんの両親に「犯人が人を殺すのは簡単だが、国家が死刑判決を出すのは大変だということ。納得できないと思いますが、そういうことです」と話し掛けた。

出典:※中日新聞(平成15年10月9日 夕刊)

	
 

2004年 10月29日 死刑判決

二審は死刑判決 東京高裁
裁判長は「自己の欲求実現のために手段を選ばない犯行で、一連の犯行に至る経緯や動機には、およそ酌量の余地がない」として、無期懲役とした一審前橋地裁の判決を破棄し、死刑を言い渡した。
 判決理由で白木裁判長は、一審判決が殺害は偶発的犯行で、身代金要求は犯行後の思いつきだったと指摘したことを批判。「身代金の要求が計画的でないからといって、過大視することは適当でない。被告に反省の念が芽生えていることなどを最大限考慮しても罪責は重大で、死刑で臨むのもやむを得ない」と結論付けた。

出典:中日新聞(平成16年10月29日 夕刊)

	
〈1〉被害者を乱暴した上、殺害後に身代金を要求しており卑劣極まりない〈2〉保健福祉事務所に保護されていた前妻らとの面会を迫る目的で被害者を略取するという動機も理不尽〈3〉ビニール袋をかけてコードで首を縛るなど殺害方法が残忍――と指弾した。 
 そのうえで、逮捕された後もしばらく遺体の場所を供述しなかったことについても「犯行後の態度も無慈悲」「女子生徒の恐怖、絶望、無念さを思うとき、言うべき言葉がない」「遺族らが極刑を求めてやまないのも当然だ」と指摘、「殺害した上、身代金を手に入れた重大な犯罪。犯行態様も残忍極まりなく、被告の反省を考慮に入れても責任は余りにも重い」「罪責が重大で、死刑はやむを得ない」と結論付けた。

 被告側は上告せず、二審死刑判決が確定した。弁護人によると、控訴審判決後、裁判所内で同被告と約20分間接見。上告の意向を伝えると、同被告は「しないでください」と要請した。淡々とした様子で弁護人に謝意を述べ、「刑事訴訟法では判決確定から6カ月以内に執行(命令を)しないといけないと聞いた。早く執行してもらいたい」とも話したという。 

出典:死刑確定囚(2004年)

	
 

2008年 4月10日 死刑執行

4人の死刑執行 鳩山法相、4ヵ月で10人
鳩山邦夫法相の命令による執行は三度目で、四カ月間で十人になった。

出典:中日新聞(平成20年4月10日 夕刊 1面)

	
坂本正人
群馬女子高生殺人事件
2002年7/19
女子高生に道を尋ねるふりをして、車に乗せ誘拐。数時間後に逃げ出そうとした為、殺害。家族に身代金を要求した。死者1名。08年4/10、執行。41歳没。
	
東京拘置所 坂本正人死刑囚 享年41
 
この事件には後日談があり、二〇一四年、坂本の父親が、食事を作らなかった妻に腹を立てて顔を踏みつけ殺すという事件を起こした。

出典:殺人風土記 - 「北関東」犯罪黙示録 | ウェブマガジン「あき地」

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kengee