• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
2018年はどんな年?グレイグ・ハミルトン・パーカーの予言

サムネイル出典:YouTube

2018年はどんな年?グレイグ・ハミルトン・パーカーの予言

Author:
takapitakapi
Posted date:
Update date:2018年01月06日
2018年はどんな年?グレイグ・ハミルトン・パーカーの予言

サムネイル出典:YouTube

現在、“世界で一番当たる予言者”といわれているのが英国人サイキックのクレイグ・ハミルトン・パーカー(Craig Hamilton-Parker)氏である。彼は元広告会社の社長という経歴を持つ彼は毎年9月に、TV番組や著作、新聞のコラムなどで翌年の予言を発表し続けている。

具体的な予言にも関わらず、過去の的中率は70%超

イギリスではかなり以前から有名でしたが、世界的な注目の的となったのは、2016年です。パーカーは、前年の2015年9月に2016年の年間予言を発表しましたが、そのなかに、トランプが次の米大統領になること、そして国民投票でイギリスがEUを離脱するとの2つの予言がありました。
2015年の9月の時点では、トランプは大統領選に立候補したばかりの泡沫候補だったので、トランプが大統領になると予想することは実質的に困難でした。また2015年の時点では、イギリスのEU残留は圧倒的な多数で決定されるものと予想されていました。
そのような早い時期にこれらの予言を公表して的中させたことで、パーカーの予言は注目の的になりました。

出典:もともとそれでよかった♡

	

グレイグハミルトンパーカー、2018年に関する11の予言

★2017年末か2018年1月、北朝鮮の金正恩体制は国内のクーデターで崩壊する。金正恩は中国亡命する。
★悪性のインフルエンザが全世界で流行する。このインフルエンザは北朝鮮とテロ集団による生物兵器である可能性もある。
★中国からの挑発により日本が軍備を拡大する。そして、アメリカは軍事的に日本に大きく関与し、日本はミサイルから守られるでしょう。

出典:やりすぎ都市伝説[yarisugi.jp]|テレビ東京

「日本が平和憲法を放棄する」と彼が言っているように記載されたサイトがありますが、それは誤訳です。
原文:
America make a big military commitment to Japan as the country"s pacifist mandate is withdrawn. Japan pays to hire American missile defense services. 
★中国とインドの関係は緊張し、両軍は何度も衝突する。この過程で、インドは国境を拡大させる。さらに両国では洪水も起きる。
★欧州に殺到する難民の数は膨大で、独で極右のデモや暴動が増加する。それにより、仏独関係が悪化する。
★シリアはロシアとアメリカによって分割され、人の住めないような荒れ地となる。
★ウクライナは、ミサイル技術を北朝鮮などに売っていた事実が明らかになり、国際的に非難される。
★仮想通貨ビットコインの詐欺や、それがテロ組織の資金源として利用されているという実態が明らかになる。裏にはアメリカの一流会社も絡んでいる。
★テロが世界各地で拡大し、多くの先進国はイスラエルと同じような(強硬な)テロへの対抗処置を導入する。欧州のどこかの国の首都(おそらくロンドンかベルリン?)でドローンによる化学兵器テロが起きる。
★カリブ海で記録的猛威をふるうハリケーンが発生する。
★カリフォルニアとオーストラリアで山火事が起きる。

出典:OTOKOGIPRESS

	
	

おすすめリンク

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
takapi