• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ゲームがうまくなるコツと方法(考えてみた)

ゲームがうまくなるコツと方法(考えてみた)

Author:
DaikiDaiki
Posted date:
Update date:2018年07月30日
ゲームがうまくなるコツと方法(考えてみた)

もっとゲームがうまくなりたい

主にFPSを6年近くやってきた自分が
いろんな人を見てきて上達する人と全く上達しない人の違いや
気づいたことを紹介します
ゲームを最近始めた・やっているんだけど中々上達しない
という方に参考にしてもらえたら嬉しいです

なぜゲームしてるのか?

なんでゲームしてるの?と聞かれたときにどう答えますか

新しくゲームを始めた方なら楽しいからとか
やりこんでいる方なら大会上位、優勝を目指すとか
ただ暇だから・・とか様々な理由の方もいると思います
どの理由ならよくて、こんな理由はダメというのは
特にありません

ゲームする理由は単純にモチベーション(やる気)に繋がります
ですので、なぜ自分がゲームしているのか分からないというのが
一番の問題でありゲームの有意義を見つけ出せずに
時間を消費していくだけという結果になります

モチベーションが出ないうえゲームも大して上手にならない
負の連鎖ができてしまいますので再確認しましょう

さらに理由や目標が高いほど、強くなる必要があるほど
上達しやすいです

具体的な上達方法や考え方

自分がしているゲームを知る

初心者の方は、まずゲームを知ることからなります
具体的には、自分がどういうゲームをしていて、
どんな役割があって、どんなスキルが必要か理解することです
この理解するまでにかなり時間がかかるので慌てる必要はありません
あまり意識しない人もいますが、そういう方は時間をかけて自然と身についています
競技性が高いゲームほど重要になり難しくなっていきます

自分の弱さを探す

自分が見てきた中で、よく上達しにくい人は味方が弱いとか相手が強いとか (本当にそうであったとしても)自分のミスを見て見ぬふりをして 原因を他人のせいにする傾向があります そういう方は上達が遅かったり、ある一定のラインから成長しなくなったりします 味方が弱い、相手が強いと思うのは構いませんが ゲームの上達が目的であるなら 自分の動きに意識を傾けて 改善点はあるのか、自分は本当に最善の動きをしているんだろうか と常々考えてプレイすると上達しやいです

やはり経験の差は大きい

考えながらプレイすると上達しやすいといったのですが、経験の差というのはかなり大きいです
何も考えずに3000時間ゲームしてきた人と考えて1000時間ゲームしてきた人では
前者が(3000時間ゲームしてきた人)が有利といえます
なぜか?
それは知識よりも経験の方が自分のためになりやすいからです
結局ゲームは相手と同じ実力なら知識の戦いですが
相手が弱いか強いなら経験の戦いになります(スキルで圧倒できるため)

大体は相手と同じ実力にはならないので
スキルがないなら、知識をつかって制限されたやり方をする必要がありますし
スキルがあるなら、制限されずに動きまわれるのでかなり有利になります

ですので知識だけでなく経験も大事です

目には見えない貢献

スコアを過剰に気にしていませんか?
確かにスコアや戦績といったところは基準の一つにできますが
本当に上手なプレイヤーというのは見えないところで貢献しています
沢山の情報を伝えたり、味方をカバーする動き、流れを変えてくれるなど
ですのでスコアが悪いからダメだとかスコアが良かったから良いとか
単純に思わない方がいいです

メンタルについて

メンタルは気にしてない方が多いですがかなり重要です ゲームをしていたら、どうしても 暴言を吐かれることもあります ですが気にする必要はありません いちいち気にしていてはゲームのモチベーションに響きます これと同様に味方にtrollを引いたときもです trollしている奴に時間を使うだけ無駄なので相手にしない方がいいです 運がなかったなと思い次に行きましょう(ないとは思いますが次もいたらその日はゲームやめましょう( ´∀` ))
 

おまけ

長時間ゲームをしていると頭が痛くなるという方必見です
 
以上になります、ここまで見てくれてありがとうございます
参考になれば嬉しいです

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Daiki

気になったことなどや 共有したい情報を投稿しています