• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
伝説を作った「テレ朝支局長 森本尽 下半身画像誤送信LINE事件」まとめ

サムネイル出典:

殿堂

伝説を作った「テレ朝支局長 森本尽 下半身画像誤送信LINE事件」まとめ

Posted date:
伝説を作った「テレ朝支局長 森本尽 下半身画像誤送信LINE事件」まとめ
テレビ朝日バンコク支局の40歳代の男性支局長が7月下旬、外国メディア向けにタイ外務省が開設した無料通話アプリ「LINE(ライン)」のグループ内に、男の裸の下半身画像を投稿していたことがわかった。

 テレビ朝日は同省に謝罪した。

 テレビ朝日の説明などによると、支局長は7月27日深夜、知人女性に送るつもりの画像を、外国人記者ら約150人が登録するグループ内に誤って投稿した。テレビ朝日は「当社社員が極めて不適切な行為をしたことは誠に遺憾。現在謹慎させている」とコメントした。

出典:テレ朝男性支局長、下半身画像をLINEに投稿 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

	

なぜこんなことが起きた!?

 このLINEのグループは、外国メディアの取材活動のためタイ外務省が開設しているもので、支局長は先月下旬、このグループに自らの下半身を撮影した画像を投稿した。テレビ朝日によると支局長は当時酒を飲んでおり、知人女性に送ろうとした画像を誤って投稿してしまったという。

出典:テレ朝支局長、下半身画像をLINEに投稿|日テレNEWS24

酒飲んでたんかーいwww

支局長 森本 尽

			
今回の問題について、外国メディアが「海外に駐在する日本人記者にとって耐えがたい恥になった」と報道。タイ外務省関係者の話として「政治的に悪影響を及ぼす結果になれば、タイ側は何らかの措置を採る」と伝えた。

出典:テレ朝支局長が誤ってLINEに下半身画像を投稿、タイ政府「政治的に悪影響を及ぼすなら何らかの措置を採る」―中国紙 (Record China) - Yahoo!ニュース

まあ、そうなるだろうね・・・

いっぽうタイで1万人に「いいね!」されるwww

   タイ・バンコクは湿度90%を超す、ムシムシとした熱帯夜だった。テレビ朝日バンコク支局長(40代男性)は異国の暑さを紛らわすためか、酒をあおっていた。日本から「テレ朝」の看板を背負い、ちょうど2週間前この地を踏んだばかり。2015年7月27日、すでに時刻は深夜0時に近い。

   酔っての悪ノリか、海外での新生活でテンションが上がっていたのか。彼はろくでもないことを思いついた。自分の局部の写真を、ある親しい女性に送りつけようというのである。さっそくズボンを脱ぎ、露出したそれを右手で握り立たせ、手持ちのスマートフォンでぱしゃりと撮った。後は、そのままLINEで送信、と――。

タイの人気ポータルサイトに掲載された、この一件を報じるニュース記事。モザイクの部分が問題の写真になんと1万いいね!がついた。



   次の瞬間、彼は真っ青になったに違いない。なにしろその写真が彼女宛てではなく、つい先日加入したばかりの「タイ外務省のLINEグループ」に投稿されてしまっていたのだから。

   8月1日、メディアが一斉に伝えた「テレ朝支局長丸出しLINE事件」は、だいたい上記のような顛末である。

   誤送信するにも、場所が悪かった。そのグループは、外務省が外国メディア向けに設けたもので、現地に駐在する外国人記者など150人あまりが参加、まさにスポークスマンとのやりとりの真っ最中だ。そんな真面目な場に、「チン写真」が突如飛び込んできたのである。

   LINEへの投稿は取り消すことができない。支局長はよほど慌てたのか、釈明1つせずに直後、グループから逃げるように退出した。間もなくスポークスマンから、

「このLINEグループは、公的な目的のために設けているものです。対応を取らせていただきます」
とのコメントが付く。続けて、別の参加者がキャラクター物のスタンプを貼り付けた。「オエー」と嘔吐している画像だ。

   このやり取り自体は非公開だったものの、グループに参加していた記者経由でスクリーンショット画像はあっという間に拡散し、タイのメディアも相次いで報じる事態となった。

   反響は大きく、たとえば現地のニュースサイト「M Thai」では、アクセスランキングの4位にこのニュースが入っている。タイで最も人気があるポータルサイト「サヌック」に配信された記事にいたっては、フェイスブックで1万人以上から「いいね!」された(いずれも2日午後時点)。下手をすれば国際問題にもなりかねないような話だが、幸いというべきかコメント欄などを見る限り、「大きくはないね」などと「サイズ」をからかうなど、いわゆるお笑いニュースとして受け取っている人が多いようだ。

出典:全文表示 | タイで1万人に「いいね!」された テレ朝支局長のLINEで「チン開示」 : J-CASTニュース

	

問題のLINEちんぽ誤送信画像

いきなりテレ朝支局長のぺニスが来たときの150人のリアクションです。ご査収ください。
	
kanyaratさんの英文、なんて書いてあるんですか?
	
これは公的な用途のためのライングループであることをご確認ください。適切な処置が取られます。」  この画像見ると晒した人はすぐに退会したようですね
	
 最初に反応した人が率直過ぎてふいたw
	
・知人女性に送るつもりでもアウト

・タイだけにヘンタイ///

・盛大な自爆で草

・なんだ、ただの変態か。アウトですね

・どうせ出会い厨でもしてたんでしょ?

・これがテレ朝の伝えたい”生”の情報です

・これが真のグローバリゼーションなんだぁああ

・案外、ネットとかにいる変態と変わらなかった

・知人女性に送るつもりだった画像 ← ここすき

・キャバの子が自分の下半身写メ送って来る客がたまにいるって話してたの思い出した

・毎日変態新聞「まだまだやな」

・きんもーっ★

・外国人たちの反応が気になるwww

出典:テレ朝支局長、下半身画像を外国人記者ら150人が登録するLINEグループに誤爆wwwwwwwwww:ハムスター速報

	
報道ステーション、タイで1万人に「いいね!」された テレ朝支局長のLINEで…。の事件 報道まだ? 古館さん。
	
テレ朝支局長LINE事件は日本なら速攻コラ祭りで大騒ぎだろうに、さすがにB級ニュース大国タイだと埋もれるな
	
テレ朝支局長のLINEで「チン開示」の報を別の海外垢で見たのは二日前かな?日本のメディアではほとんど騒ぎになってないね。ネットニュースでも画像が小さくモザイクで分けわからない。海外垢ではかなり非難され、画像もまんまでてたけど、身内を守るね日本は。もう検索しても見つからないやw
	
タイ人に定評のあるテレ朝支局長のチンコとは
	
テレ朝支局長のニュースもう本当にどうしようもないくらいドンマイって感じだ
	
ホントそれwww
テレ朝支局長まちがって知人の女性に送るはずだった下半身露出画像をLINEの外務省グループに送っちゃったとかヘンタイすぎるだろwwww
カノジョにだって下半身晒した画像なんて送らねーだろ普通www
変態っていうかただのセクハラヤロウじゃねーか?w
	
テレ朝支局長が女性に送るのと間違って150人のグループに男性の下半身の画像を送りつけたとnewsになっているが、テレ朝の社員だったら普通にやりそうなので違和感が全くない。
テレ朝の支局長クラスは全員、近い事をやっているとみて間違いないだろう。
	
LINE誤爆のテレ朝支局長、やっちまったわね、アホだけど若干お気の毒
そもそも男性の下半身の写真見たいとか欲しいとか思う女性あんまいないと思うんだけど、自分が見たいから女性も同じだろうと思うのかしらね
	
テレ朝支局長は、別の意味でリベンジポルノだな。
	
テレ朝支局長のちんちん画像くそ笑った。
	
テレ朝支局長が公的なLINEグループに自分の下半身の画像を送りつけたみたいで。

ツイッターもそうだけどこういう公的なのと私的なのでビシッと区別できるような機能があればいいのにね。
アカ間違えて身を滅ぼす人は結構多い。
	
テレ朝支局長がなにやってんだよほんと
	
これはもうテレ朝支局長じゃなくてテロ朝支局長ですな
	
某テレ朝支局長がチンコ画像を外国メディアに向けてLINEで発信したってのが話題だけど、
「知人女性に送るつもりだった」ってのもアウトな言い訳だと思うんだ。
どんなシチュエーションだよと。
	
テレ朝支局長のポークビッツ??
	
ワールドワイドにチンコを披露したテレ朝支局長おるかwwwwwwwwwww
	
テレ朝支局長、下半身も微妙だったのか。
残念な感じ。モザイクなしでみせられたひとは、たしかに吐きそう。
	
ていうか、テレ朝支局長さん、投稿先間違わなくてもド変態には変わりないですね…
	
LINEがまた一人の男の人生を終わらせてしまったか…。      テレ朝支局長、下半身画像を外国人記者ら150人が登録するLINEグループに誤爆wwwwwwwwww
	
テレ朝支局長のニュース、不憫だけど今年一番笑ったニュースだわ笑
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。