• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【就活】気になるけど誰に聞けばいいの?就活メイクのコツ【まとめ】

【就活】気になるけど誰に聞けばいいの?就活メイクのコツ【まとめ】

Author:
ぴよしいぴよしい
Posted date:
【就活】気になるけど誰に聞けばいいの?就活メイクのコツ【まとめ】
「普段あまりメイクをしない…」という方にとって、就活の時のメイクは悩みのひとつなのではないでしょうか。

エントリーシートも面接の受け答えもバッチリ!
でも、このメイクで第一印象は大丈夫かな…と不安なあなたのための就活メイクまとめです。

身だしなみのひとつとしてのメイク

就活メイクで大切なのは、清潔感があること。

メイクはシンプルかつナチュラルに、
さらに血色が良くて元気なイメージを目指していきましょう。
まずはベースメイク
普段メイクをしない方は特にそうだと思うのですが、アイメイクやリップの色選びに気を取られがちで、意外と気にしていないのがベースメイク。

しかし、このベースメイクがメイクの基本です。



①まずは丁寧に泡立てた洗顔料で優しく洗顔を!
そして、化粧水や乳液できちんと保湿、スキンケアをしましょう。



②ファンデーションはリキッドタイプやクッションタイプが使いやすく、肌にも馴染みやすくて、くすみやシミ・目の下のクマなどもしっかりとカバーできますが、付けすぎは化粧崩れの元になるので要注意!

※ファンデーションは肌の色に合ったものを選びましょう!



③仕上げとしてフェイスパウダーなどを軽くはたいてあげると、化粧崩れ防止になります。

思いっきりナチュラルに仕上げたい!という方は、パウダーファンデーションのみを使うのもありかもしれませんね。
リップとチークの選び方
リップとチークは血色が良く見えるようなものを選びましょう。



①元々赤みがかった唇をしている方は、ほんのり色が付くくらいの薄いピンク色がオススメ。

唇が白く血色が悪く見えがちな方は、赤味が出る色を選びましょう。

※ベージュ系の色や、真っ赤・真っピンク・オレンジ、などは避けたほうが良いかと思います。



②リップはうるうるつやつやに見えるものよりも、マットな質感のしっかりしたものがオススメです。

唇が乾燥していることがわかるようではいけないので、カサカサしているな…という時は、しっかりリップクリームなどで保湿してからリップを塗りましょう。

※ぷるぷるの唇は可愛いのですが、就活時はグロスなどは必要ないかと思います。



③チークは、にこっと笑って頬骨が上がった位置に、ほんのりと乗せる程度が良いです。

リップの色味と似たものを選びましょう。
メイクの要ともいえるアイメイク
顔の印象を左右するのが、眉メイクです。

自然な形の眉を目指しましょう。



①眉頭が寄りすぎていたり、眉尻が下がりすぎていると、気難しい表情や困った表情に見えがちです。

眉が薄い方は、ペンシルタイプのアイブロウを使って自然な形を描いたあと、パウダータイプのアイブロウで足りない部分を描き足していきましょう。

逆に、元々眉がしっかりしている方は、パウダータイプのアイブロウで隙間を埋める程度で良いでしょう。



②アイブロウの色は髪色に合ったものを選ぶことが大切です。

就活時は黒髪が一般的だと思いますが、だからといって黒のアイブロウを選んでしまうと、垢抜けない印象や強すぎる印象になってしまいます。

ダークブラウンなど、黒よりも少しトーンが明るめのものを選ぶと良いでしょう。



③アイメイク自体は、まつげをビューラーで軽く上げて、マスカラを少し塗る程度で良いと思います。

マスカラの色は黒でも茶色でも良いですが、明るすぎる茶色は就活時には不向きなので気をつけましょう。



④アイラインやアイシャドウは、必ずしなければならないというわけではありません。

アイラインを引く場合は、まつげの隙間を軽く埋める程度で、目尻にははみ出さないように。
アイシャドウを使う場合は、肌馴染みの良いブラウン系がオススメです。

最後に

いかがだったでしょうか?

就活メイクで大切なのは、可愛く見せることではなく、清潔感のある身だしなみのひとつだと意識することです。


面接や説明会で人と会う前には化粧直しをできるように、ティッシュや綿棒、ファンデーションのパフ、あぶらとり紙などの道具を持ち歩いておくと良いですね!
 
化粧品メーカーの就活メイクサイトもチェックしてみましょう!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ぴよしい

食べること、活字を読むこと、映画を観ることを趣味としています。カワウソとチョコレートが好きです。