• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
これなら弱くても飲めるかも?ロングカクテル【ジンジャーエール編】

これなら弱くても飲めるかも?ロングカクテル【ジンジャーエール編】

Posted date:
これなら弱くても飲めるかも?ロングカクテル【ジンジャーエール編】
 お酒初心者の人はまず『どのお酒なら自分でも美味しく飲めるだろう?』から入る人が多いと思います。ワインやビールはアルコール度数が銘柄間で大差ないので分かりやすいですが、カクテルは組合せの種類で度数が変わるので覚えづらいですよね。

こちらの投稿では主に初心者でも飲みやすい、アルコール度数~14度までのロングカクテルを割りもの別で記事にしています。カクテルは派生がたくさんありますので、基本的なものだけ抜粋して記載します。

ジンバック

ジンをジンジャーエール・レモンジュースで割ったカクテルです。
ジンは香草系のスピリッツなので甘すぎず、食事と一緒に楽しむことが出来ます。

ジンだけでなく、ジンジャーエール×レモンで割ったカクテルを『バックスタイル』と言います。
牡鹿(バック)に蹴られたような強いお酒~と言う意味ですが、カクテル全般から見るとアルコール度数は低い方です。

モスコーミュール

ウォッカをジンジャーエール・ライムジュースで割ったカクテルです。ジンジャー系カクテルの中では一番有名ではないでしょうか。

こちらもライムが聞いているので、食事と一緒に楽しめます。
居酒屋ではグラスで提供されますが、このカクテルの本場では、銅製のマグカップに注いで提供されます。

ボストンクーラー

ラムをベースにジンジャーエール・レモンジュースを合わせたカクテルです。ラムの甘い芳香でスイスイ飲むことができます。

名称に都市の名前が入っているものを『シティカクテル』と言います。

ホーセズネック

ブランデーをジンジャーエールで割ったカクテルです。香り付けにらせん状に剥いたレモンの皮が入っています。

このレモンの皮が馬の首に見えたことから、このカクテルの名前になったという説があります。

エル・ディアブロ

テキーラをジンジャーエール・カシスで割ったカクテルです。和訳で『悪魔』という名称ですが、ピンクがかった綺麗な色をしています。

テキーラが入っているのでトロピカルな味わいですが、カシスで色づけしている分、記述しているカクテルの中では一番アルコール度数が高いです。

サラトガクーラー

ジンジャーエールとライムジュースのみで作ったノンアルコールカクテルです。前述のモスコーミュールのジュース版と考えていただければよいと思います。

他にもノンアルコールカクテルは多数あるので、お酒が苦手な人は是非調べてみてください。

シャンディガフ

ビールをジンジャーエールで割ったカクテルです。炭酸好きの方はよく飲まれると思います。
こちらもメジャーなので、どこの居酒屋のメニューにも大概あります。

カクテルの材料となるスピリッツのアルコール度数は40度前後が多いですが、ビールは5~8度なので、何気にアルコール度数が一番低いです。

キティ

赤ワインとジンジャーエールを1:1で合わせたカクテルです。キティは英語で「子猫」という意味です。

独特の渋みで赤ワインを敬遠する人は多いですが、アルコールや渋みが薄まるので飲みやすくなります。
アルコール度数も低めです。

オペレーター

白ワインとジンジャーエールを1:1で合わせたカクテルです。見た目も味わいもシャンパンに似ていますが、ジュースで割るので少し甘めです。

白ワインを使ったカクテルのレシピは意外と多いので、飲み比べてみると面白いかもしれません。

最後に

比較的アルコール度数の低いカクテルをまとめましたが、飲みすぎは禁物です。お酒は節度を持って楽しみましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
出張料理人α

東京近郊に拠点を構える料理研究家・副業出張料理人。<br> 飲食業界を内外から10年近く見てきたので、飲食の知識だけはケタ違いです。