• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
カリスマ最強女子レスラー「紫雷イオ」さんの美しすぎる【永久保存版】画像まとめ  #天空の逸女

サムネイル出典:Instagram

カリスマ最強女子レスラー「紫雷イオ」さんの美しすぎる【永久保存版】画像まとめ #天空の逸女

Posted date:
カリスマ最強女子レスラー「紫雷イオ」さんの美しすぎる【永久保存版】画像まとめ  #天空の逸女

サムネイル出典:Instagram

女子プロレスリング界のスーパーアイドルで、タイトル3冠と実力も申し分ない逸材が、女子プロレス団体・スターダムの「紫雷イオ」さん。
最近ではセクシー写真集「素顔」や自伝も話題となっています。
抜群のスタイルと美貌を併せ持つ、近年稀にみる美しき女子レスラーと言えましょう。
そんな彼女の色々な情報を画像を中心にご紹介したいと思います。

紫雷イオ

紫雷 イオは、日本の女子プロレスラー。身長156cm、体重53kg、血液型A型。
神奈川県鎌倉市出身。スターダム所属。 
実姉に元女子プロレスラーの紫雷美央がいる。 

ウィキペディア

生年月日: 1990年5月8日 (27歳)
生まれ: 神奈川県 鎌倉市
本名: Masami Odate
身長: 156 cm

輝く女子プロレス団体「スターダム」所属。女子プロレスラーとしてトップに君臨。★★2015-2017「東スポ女子プロレス大賞」三年連続受賞!

出典:Instagram

			

出典:Instagram

★★2015-2017東スポ女子プロレス大賞三年連続受賞

shirai_io皆様の応援とサポートのお陰で2015年度東スポ女子プロレス大賞を受賞することができました!本当にありがとうございます☆

※
2017年度プロレス大賞の女子プロレス大賞を3年連続受賞した紫雷イオの喜びのコメントを紹介します。
	

出典:Instagram

			

SKE48 松井珠理奈さん×スターダム 紫雷イオ対談が掲載された月刊エンタメ。


トークが大盛り上がりしたおかげで、『当初予定していた掲載ページ数が倍になった』とのこと


ぜひぜひ見てくださいね〜
昨日、スターダムの紫雷イオ選手と対談させていただきました💜
その模様は、12.28発売の月刊ENTAMEに掲載されます😉
共通点もたくさんあったり、お互いに試合とライブを観に行きたいね~という話で盛り上がりました❗❗
早く実現するといいな❤
プレゼントチェキも二人で撮りましたよ🎵
	

松井珠理奈ちゃんがツイートしてくれたので、私も写真載せますっ!TAKAみちのく選手デビュー記念大会の会場で、試合後に珠理奈ちゃんがサインとメッセージ入りのCDをプレゼントしてくださったんです!可愛いし優しいし、本当にありがとうございます😭💕宝物です!再会できて嬉しかったー✨
今年最後のスターダム、無事V3達成!!!来年はどんな年になるのかな?たくさんのご来場誠にありがとうございました✨
	
Happy day, queen. Love you so much❤️❤️❤️❤️ #1110
	

セクシー写真集や自伝が話題に

女子プロレス団体・スターダムに所属し、国内外で圧倒的な人気・実力・ルックスを誇る紫雷イオが魅せる、初ヌード。
“逸女”として活躍する鍛えあげられたメリハリボディーを、しなやかかつ大胆に解放する。
さらに、「女性らしさ」「恥じらい」「ハダカへの戸惑い」といった、普段リング上では見ることができない表情、仕草を、細やかなカメラワークで納めた、刺激的な1冊。
天才的な身体能力を誇るトップアスリートが魅せた新境地、最初で最後の限界裸身は必見です! 

出典:Instagram

自伝「覚悟」

			

美しすぎる【永久保存版】画像まとめ

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			
Io Shirai talking about her dream in the future. 😂
	

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			

出典:Instagram

			

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。護身術師範。 悪質なクレーマーや左翼と戦う某団体所属。喧嘩上等。 「I'm proud of the fact I was born in Japan.」