• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
履物クロークのアイデア保管術利用しやすくするための見所は?

履物クロークのアイデア保管術利用しやすくするための見所は?

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
履物クロークのアイデア保管術利用しやすくするための見所は?

靴クロークってどのようなもの?

靴クロークとは、エントランスの部分に土間続きで設けた履物や傘、野外活動用品など外で使用するようなものを収容可能なスペースの事を言います。

俗には、扉はなく戸口から外へ取り出ししやすい箇所に設けてあるので、外には出しておきたくないけど居宅の中に入れるのは簡単ではないようなものを保管する事が出来ます。

靴戸棚なんて言い方もします。



元々ハウスの計画に組み込まれていたり、リニューアルをして履物クロークを作成しようという方もいらっしゃいます。

あると実用的な履物クロークですが、絶妙に収容可能なと収容力も急上昇します。

下駄箱として使用するだけでは割に合わない!今度は、靴クロークのアイデア保管術についてご解説していきます。

利用しやすくする着眼点も当てはめてお教えいたします。


履物クロークの収容アイデアとは?

それでは、靴クロークの収容のアイデアについて見ていきましょう。

靴クロークがある事例、戸口には下駄箱がない事例が全くです。

靴クロークは大きな下駄箱だとしても、とどのつまり限定しれたスペースを有効に応用しなければ物が溢れてしまいます。

すっきりとしたエントランスを用意するためには、秘訣を掴んで素敵に収容していきましょう!。

限定したスペースを有効的に

履物クロークの作りは住宅によって違うと考えますが、大抵は入って正面に棚があって、靴が置ける広がりと下がちょっと開いていてそこには大型のものを置くという風になっているかと考えます。

大きめの履物クロークのケース、L字になって棚が据え付けされている事もあるでしょう。

棚が可動式になっていても履物によってはデッドスペースが出来てしまう事もあります。



踏み台がないと棚の高いところは届かない、という時には大きさアウトしてしまった我が子の履物や、スペシャルな時にしか履かないお呼ばれ用履物など、滅多に取り出す事がない物は靴ボックスなどに入れてしまいましょう。 靴クロークは開放保管になっている事が多々あるので、一通り揃った靴ボックスの方がすっきりまとまったフィーリングを与えます。

履物クロークにゆとりがある時、別途で棚を据え付けして洋服を掛けられるようにパイプを据え付けするとコートやジャンバー、ライダースジャケットなどを掛けておくスペースを作成しよう事が出来ます。

土間の上に製作できるケースは、レインコート掛けておく事も出来て出入り口がごちゃっとした様子になる事は避けられますよ。





息子の履物はカゴに保管

小さい割に想像以上にかさばるのが息子の靴。

アダルトと同じ棚に置くにはスペースが余り過ぎていてもったいない、そのような事はないのですか。

そのような時には、プラスチック製のカゴに入れておくと多く保管する事が出来ます。

15cm程度の小ささであれば、立てて収容してもアダルトのハイカットスニーカー程度の高さになるので、小さいお子様が多々あるご家庭には推奨の技術です。



履物のカゴ収容は、娘の履物だけでなくビーチサンダルのような季節限定の靴をしまうのにも最適です。

ビーチサンダルの事例は変形がほどんどないので気にせず保管が可能ですね。

カゴ保管に使用するカゴも同じにすると調整感が出ます。

どのカゴにどの履物が入っているか分からなくならないように、メモや写真などを貼って理解いただけやすくするのもキーポイントです。



トレーに乗せると取り出しやすい

履物クロークに可能なだけ多くの靴を収容しようと棚板を増やした結果、棚の間隔が狭くなってしまって履物が取り出しにくくなった、なんて事も。

ヒールの高いタイプやハイ切断のケース、手か入らなくて取り出しにくいというケースには、百円均一のトレーを敷いた上に靴を置くと、そのトレーを引き出せば靴を取り出す事が出来ます。



これは靴クロークだけでなく下駄箱でも重宝する収容術で、トレーを敷く事によって下駄箱の棚板が汚れる事を防ぐ事も出来ます。

例え土がいろいろついている状況でも、トレーがすべて受け止めてくれるのでそのトレーを洗えばいいだけなので片付けが手軽にになりますね。

履物クロークの色に合わないという時は、顔料を着色してしまっても良いでしょう。



かさばる傘は吊って収容

大きさがまちまちになる傘は、履物クロークに吊って保管するとすっきりと収める事が出来ます。

鉄製バーなどを壁に据え付けし、そこに傘を引っかけていくだけです。

メンズの大きい傘に当てはめて高さを決めると良いでしょう。

メンズ、レディース、キッズと並べて保管する事が出来ます。

これがあれば傘立ても要らないになりますね。



傘もそうですが、片付け道具も吊って収容するとすっきりとさせる事が出来ます。

出入り口に清掃道具があるとあまり佇まいは良くないのですよね。

そのような時には靴クロークにしまってしまいましょう。

ホウキはデフォルト置くと先に癖がついてしまうので、吊っておいた方がホウキの毛先にも良い事です。

ホウキとちりとりの時は、壁に鉤金具を付けてぶら下げましょう。



野外活動用品は整理して

野外活動用品などの重たいものは、靴クロークの土間に整理て置いておきましょう。

細かいものを収容するケースには、直ちに上の棚に置いておくなど整理して置く事で忘れ物を防ぐ事が出来ます。

野外活動用品のケース、大型のものが多々あると思うのでスペースを取る事も多々あるかと考えますが、コンテナなどを使用すると車への取り出しも手っ取り早くに可能でしょう。

取り出しやすさも肝心ですが、大型のものを上面に置くのは地震があった時には凶器になりますので、上方には軽いものだけを置いた方が安心性が高まりますよ。



収容にイチ押しのアイテムは?

履物クロークの収容にベストチョイスのアイテムはどのようなものがあるのでしょうか。

下駄箱収容にもベストチョイスなものでもあるので、履物クロークがなく下駄箱しかないという方にもイチ押しです。

靴クロークの保管はスタイルもそうですがパフォーマンス的な保管である必須もあります。

100均のシューズケース

ニトリやイケアにも半透明の靴時はありますが、今頃は百円均一の靴事例も優秀です。

ダイソーやキャンドゥにも履物時があり、積み重ねられるのも長所です。

スニーカーやちょっとヒールの高い物であれば保管ができるです。

ブーツに関しては、横にして収容が可能なタイプがニトリで売られています。

横から取り出せるので出すのも造作なく出来ます。


クロークの中に何があるのか理解いただけにくくなるので、理解いただけやすいように創造性しましょう。

それと、靴時は湿気がこもりやすくなります。

小型の湿気取りや重曹などを入れたり、湿度の低い日に陰干ししたりとカビが生えないように湿気対策は十分に行って下さいね。

2段になるシューズホルダー

身内が多くて靴クロークの中がいっぱいになっている、そのような時には2段に保管可能な履物ホルダーが推奨です。

下駄箱でも重宝する優れもので、片足分だけのスペースで1足保管が出来ます。

高さを調節可能なタイプもあるので、ヒールの高い靴でも心配無用して保管する事が出来ます。

履物を乗せて使用するタイプなので、メンズでもキッズでも応対出来ます。



引っかけられるシューズハンガー

履物クロークのスペースをさらに有効的に利用したい、という方に推奨なのが靴を吊って保管が可能な履物ハンガーです。

靴に直接入れるタイプや縁をクリップで留めて吊るというタイプがあります。

クローク内に突っ張り棒などでバーを作って、そこに型崩れしにくいサンダルなどを引っかけて収容すると省スペース化を考える事が出来ます。



短いブーツであればブーツの縁を挟んでクロークに収容する事もできるのです。

しかし、挟んだところに跡がついてしまう見込みがあるので、スポンジや柔らかくクッション性のあるものを挟むか、ブーツをセットて中央で挟めるタイプのブーツクリップを使用すると跡も付かず型崩れもせずに収容ができるようになりますよ。

これらはオンラインカタログ販売でも買い物出来ます。



湿気取り&脱臭の方法は?

靴クロークや下駄箱でよくある歯痒さと言えば、ニオイや湿気ではないでしょうか。

消臭剤や湿気取りを置いておいても良いのですが、一段と低費用で可能なテクニックがあります。

それは、主婦の味方である重曹です。

この重曹、消臭成果も除湿影響もあるので、履物クロークや下駄箱内に何個か置いておくだけで影響を発揮してくれます。

片付け用でも問題ないのです。



重曹をジャムの空き瓶などに入れて、その上にポプリなどお自分の嗜好のものを入れてガーゼのようなもので蓋をするだけです。

1〜2か月程度でチェンジし、湿気を吸って固まった重曹は台所や手洗い清掃に使ってしまえば余す事なく重曹を利用しきれます。

広い履物クロークの時は多めに置いておいた方が成果は高いと考えますよ。



、ドアが付いている履物クロークの時や下駄箱のケース、閉めっぱなしにしておくとニオイや湿気が溜まってカビが生えるきっかけにもなってしまいます。

靴クロークの時、靴以外のものもあるのでカビは大敵です。

天気のいい日や乾かすしている日など、湿気が少ない時に靴クロークなどを開放して湿気を逃がしてあげるのも湿気取りの見所ですよ。



この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています