• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ショーツの種類はいくつある 名前や各々の形・もち味を整理して解説

ショーツの種類はいくつある 名前や各々の形・もち味を整理して解説

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
ショーツの種類はいくつある 名前や各々の形・もち味を整理して解説

種類で使い分けると重宝 暮らしに欠かせないショーツ

暮らしの中で下着を身につけないという日は真っ先に無いものですが、日頃何気なく身につけているショーツにも本当は多彩な種類があるという事をご存じでしょうか?穿き慣れてしまうとつい同じ形の下着ばかりを買い物し続けてしまうという人も少なくない筈です。



ただしショーツの形が違うという事には各々に意味合いがあり、ショーツの種類を覚えれば用法に応じて下着を穿き回すというのも楽しくなるかもしれません。

今度は色々な女子用下着の種類についてを整理してご解説していきます。



案外種類が多々あるショーツ

ショーツなんて穿けばいずれも同じだろうと思ってしまう人もいるかもしれません。

ただし一見すると同じショーツであっても、布地の面積が異なっていたり形が違うものも多々ある様です。

何となく知ってはいても、名前や種類は理解していない人も多そうです。



単純に自分の嗜好の問題であれば好きな意匠のショーツを選べば良いものですが、種類があるという事はそれだけ用法に応じたパフォーマンスがあるという事です。

特にモダンな女というのは、見えないロケーションだからこそショーツの種類を巧みに活用ているものです。



一般的な種類のノーマルショーツ

真っ先に一番目にご解説するのが、スタンダードな形をしたノーマルショーツです。

多くの女はこの形のショーツを穿いているものですが、お腹周囲とお尻を包んでくれるタイプの穿きやすくお馴染みのショーツとなっています。



スタンダードな種類というだけあって、色彩などが豊富だという特色もある上に、ブラジャーとセットで提供されているショーツの多くもこのノーマルショーツである事例が多々ある様です。

レースやリボン付きなど、意匠が豊富で有用するショーツです。



安定感のある種類ならフルバックショーツ

こちらはノーマルショーツに近く更に安定感のあるショーツで、フルバックという名前のついている種類のショーツです。

ノーマルショーツ以上にお尻総体をちゃんとと包み込んでくれる意匠で、高い年齢層の女にも評判の形のショーツとなっています。



こちらもノーマルショーツと同じくに色味などの種類も豊富なショーツであり、下着としての役割だけではなく冬場などはお腹周囲の暖かさを加味してくれるケースもありそうです。

レースのついた種類なら女らしさも膨れ上がりそうです。



股上の浅い種類のヒップハンガーショーツ

こちらのショーツは形はフルバックやノーマルショーツと同じですが、股上が浅くなっているタイプのショーツです。

ヒップハンガーという名前で呼ばれていますが、ローライズショーツといった名前で呼ばれる事例もある種類のショーツとなっています。



ヒップハンガーは股上が浅いので、同じく股上の浅いショーツなどを穿く場合にもショーツがはみ出してしまう、といった不安が無く現代的を充分に楽しませてくれるショーツでもあります。

真夏は薄着になる機会も多々ある為、こういった種類のショーツは役立ちます。



ラインの出ないショーツならシームレス

ショーツコーデを好む女の時、体にマッチするショーツは下着のラインが出てしまう事もあって頭を抱える時も多々あるものです。

色合いをチョイスしてでも誤魔化せない時にお役立ちなのが、ラインが出にくいシームレスタイプのショーツです。



シームレスな種類のショーツであれば当たり前のショーツの様に横のところに縫い目が無い為、体にぴたりと適合する様なショーツを穿いた時でもラインが出にくくなる為、心置きなくショーツやタイトスカートを楽しむ事が可能な様になります。



更にシームレスのケースにはショーツが縫い目からほつれていってしまうといった事も無いので、わりと以前からずっと利用し続けられるタイプのショーツであるとも言えそうです。

穿き心地も良い為、何枚か持っておきたくなる種類のショーツではないですよね?。

補正する種類のショーツならガードル

ショーツといえばただ穿く事を目的とするものだけではなく、人によっては体のラインを補正してくれるタイプのものを選り抜く事もあるのではないでしょうか?体型維持を怠ってしまった時でも、補正下着が一枚あるといざという時でも心配無用可能なものです。



丈が長すぎるとスカートなどを穿く場合には裾から見えてしまう事もありますが、短いガードルであれば太股の付け根までの丈なのでそういう気がかりも無くなります。

アダルトっぽく着れる膝下までの長さが買い見所。







一方でこちらは名前の通り丈が長い種類の補正下着ですが、こちらは丈が長い間ても問題無いショーツコーデの時などに活躍してくれるショーツとなっています。

短いと長いの2種類を使い分ければたちまち体型美女になれてしまうかもしれません。



ところで補正下着はどっちもヒップ大きく上乗せ影響やお腹周囲の引っ込め影響、更には長いガードルなら太股も締め付ける為に太股の細見え影響を望みする事も可能なというトレードマークがあります。

これまで使った事が無いという人は1枚ショッピングしてみるのも良さそうです。



生理中には欠かせないサニタリーショーツ

ショーツといえばノーマルタイプと同じくに、殆どの女が持っているのではないかという種類がサニタリーショーツです。

こちらは生理の最中には欠かせないショーツの一つであり、いつものショーツとは少々異なるもち味を持ったショーツでもあるのです。


サニタリーショーツは防水性やピッタリ性がいつものショーツよりも優れているという特色があり、経血がナプキンの外にうっかり漏れてしまったケースなどにも、普通のショーツよりも心配無用して使用する事が可能な種類のショーツであると言えそうです。



セクシーなショーツも種類が豊富

ショーツにはパフォーマンス的な面を持つ種類のものがある一方で、佇まい優先なアダルトな種類のショーツもある事をご存じでしょうか?続いては数あるショーツの中でも艶やかさが強いショーツの種類を整理てご解説していきます。







水着などでもハイレグという名前を聞いた事のある人もいるのではないでしょうか?ハイレグショーツはフロントところがノーマルなものよりも大きく切断されている意匠なので、脚長影響を見込みする事も可能な種類のショーツとなっています。



一般的なショーツとは差異、こちらはサイドところが紐になっている種類のショーツです。

紐が解けてしまえばもちろんショーツは脱げてしまうので安定感はないのですが、間違いなく艶やかな種類のショーツと言えるのではないでしょうか?。

名前を聞いた事のある人も多々あるTバックという種類のショーツですが、いつものショーツよりも布面積が少ない為にお尻が大きく覗く形のショーツとなっています。

色っぽいなだけではなく、ヒップラインが引っかかるショーツにも推奨のショーツです。



名前や特色を覚えて絶妙にショーツの応用を

多彩な種類の女子用ショーツについてを整理てご解説してきましたが、これまで聞いた事が無かったというショーツももしかしてあったかもしれません。

日頃何気なく着用しているショーツにも、思った以上に種類があるという事がわかったのではないでしょうか?。

当然総てのショーツを着用した事が無ければダメだという事もないのですが、自らの暮らしの中でこれもあると実用的かもしれないという種類のショーツもあるかもしれません。

暮らしをする上で1種類のショーツしか使ってはいけないという事も無いのです。



名前や特色などを覚えたら、続いてショーツを買い足すときにはこれまで穿いた事の無い種類のショーツにトライしてみるというのも良いのではないでしょうか?巧くにショーツを応用可能なら、更に今めかしいを楽しむ事も可能な様になるかもしれません。



この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています