• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【トリビアの泉まとめ】 少女Aという歌がある 熟女Bという歌もある

【トリビアの泉まとめ】 少女Aという歌がある 熟女Bという歌もある

Author:
MATANMATAN
Posted date:
Update date:2018年09月30日
【トリビアの泉まとめ】 少女Aという歌がある 熟女Bという歌もある

83へぇ

			
 

こちらが「熟女B」である。

			

「熟女B」 歌:五月みどり 作詞:なかにし礼 作曲:中村泰士 バナナの皮をむくように 私の服を脱がせたら しばらく灯りを付けたまま 見下ろしてほしい あなたの目に犯されて あたしは落ちてゆく ラララ ウウウ 燃えやすいとしごろ 私だけがすごいんじゃないわ みんな本当はこうなのよ 左の乳房に貞操を 右の乳房に欲望を つつんで生きている あたし熟女B

すごい歌詞。
まさしく熟した歌詞だった。
【補足トリビア】 ①中森明菜の「少女jA」は1982年7月に発売、「熟女B」は1983年5月に発売された。 ②「少女A」の売り上げは39万枚だが、「熟女B」は事務所に記録が無い。オリコンでは100位に入らなかった曲のデータを残していないので「記録なし」。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。