• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【伝説のアイドル】70年代のスーパーアイドル「キャンディーズ」の懐かしいエロカワすぎる【画像大量】まとめ #水着

【伝説のアイドル】70年代のスーパーアイドル「キャンディーズ」の懐かしいエロカワすぎる【画像大量】まとめ #水着

Posted date:
【伝説のアイドル】70年代のスーパーアイドル「キャンディーズ」の懐かしいエロカワすぎる【画像大量】まとめ #水着
1970年代に大人気を誇るスーパーアイドルがおりました。その名は「キャンディーズ」。ピンクレディーと並び評される、昭和のトップスターです。現代のアイドルをはるかに超える歌唱力とピュア美しさ可愛さが特徴です。現代では「おっさんホイホイ」などと揶揄されていますが、確かに1970年代に10代だった男性はみな「ランちゃん、スーちゃん、ミキちゃんの誰が好きか」と話した記憶があるのではないでしょうか。そんな彼女たちの当時のかわいすぎる画像動画をまとめてみましたので是非ご覧ください。

キャンディーズ

キャンディーズは、1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループである。
所属事務所は渡辺プロダクション。
多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版の社員だった松崎澄夫のプロデュースによるものであった。 

ウィキペディア

活動停止: 1978年
レーベル: ソニー・ミュージックエンタテインメント
出身地: 日本 (1972年)
伊藤蘭田中好子藤村美樹、という3人のメンバーから成るアイドルグループキャンディーズは、1973年「あなたに夢中」でCBS・ソニーからレコードデビュー。1975年に発売した「年下の男の子」が初のオリコンシングルチャートベスト10入りを果たした。

その後、歌だけではなくCM出演やラジオのレギュラー、テレビのバラエティ番組などでも幅広いキャラクターを披露して一躍お茶の間の人気者に。

1977年7月の日比谷野外音楽堂サマージャックコンサートのステージ上で人気絶頂のキャンディーズが突然の解散宣言をしたのは当時非常に衝撃的なニュースであったが、以後1978年の解散までの間その人気はさらに過熱し、数多くのヒット曲&名曲を生み出していった。中でもラストシングルの「微笑がえし」が全国のフアンの絶大な応援と努力の甲斐もあって、オリコンチャートで初の第1位を獲得できたことは、キャンディーズを語る上で最高のエピソードと言える。

キャンディーズは、単なる「アイドル」という枠に留まらず、シンガーアーティストとしての評価も十分備わった存在であり、3人の個性的なボーカル、絶妙なコーラス、楽曲のクオリティの高さは今改めて聴いてみても全く色褪せていない新鮮な魅力がある。 懐メロという括りに入れておくには、あまりにもったいない極上音楽である。

出典:プロフィール | キャンディーズ | ソニーミュージック オフィ...

	

70年代のスーパーアイドル

大ヒット曲の数々

出典:YouTube

			

出典:YouTube

			

出典:YouTube

			
キャンディーズの頭上に輝いた各賞一覧 ■


・FNS歌謡祭"76音楽大賞優秀歌謡音楽賞
・第3回横浜音楽祭横浜音楽祭賞
・"76あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭ベスト・アクション賞
・第7回日本歌謡大賞連盟賞、放送音楽賞
・第4回東京音楽祭国内大会シルバー・スター賞
・第5回東京音楽祭国内大会ゴールデン・スター賞
・第8回ラジオ音楽賞ベストテン歌手

出典:キャンディーズ - Can Wiki

	

懐かしい可愛すぎる【画像まとめ】

出典:YouTube

			

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」