• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
売れっ子なのに超謙虚!神木隆之介の「お辞儀」が深すぎぃ!そりゃ幅広く支持される訳だわ

売れっ子なのに超謙虚!神木隆之介の「お辞儀」が深すぎぃ!そりゃ幅広く支持される訳だわ

Release Date:
売れっ子なのに超謙虚!神木隆之介の「お辞儀」が深すぎぃ!そりゃ幅広く支持される訳だわ

子役から実力派俳優へと成長を遂げた「神木隆之介」

神木隆之介(かみきりゅうのすけ)

生年月日:1993年5月19日
出生地:日本の旗 日本 埼玉県
身長:167 cm
血液型:B型[1]
職業:俳優
ジャンル:映画・テレビドラマ
活動期間:1995年 -
事務所:アミューズ
かつて天才子役と称された神木だが、定評のある演技力に磨きをかけ、見事、実力派の俳優に成長している。

出典:池松壮亮、神木隆之介…「子役」から「演技派俳優」へ 成長著しい今後期待できる若手俳優! [T-SITE]

	
「桐島、部活やめるってよ」での好演は記憶に新しく、以降も「るろうに剣心」「バクマン。」など話題作への出演が相次ぐなど演技派への道を着実に歩む。

出典:神木隆之介&門脇麦「太陽」で入江悠とタッグ!劇団イキウメの人気舞台を映画化 : 映画ニュース - 映画.com

	
芸能界歴が長く、とても優しく礼儀正しいという神木隆之介くん。我々一般人からの好感度だけでなく、業界内でもファンがたくさんいるそうです。彼の人柄に対して悪く言う意見は全然見られません。

出典:お似合いのお二人、神木隆之介と志田未来…熱愛の噂の真相は!?

	

神木隆之介のお辞儀深すぎシリーズ

神木隆之介のお辞儀深すぎシリーズでも見る?????
	
ただひたすら楽しかったし、お辞儀深々の神木くん見れちゃうし最高かよ!大好きだ!!!!
	
神木隆之介氏のお辞儀の深さは是非見習いたいでござる。子役から未だに活躍されているのは慎み深い謙虚さと演技力の賜物でござるな。イケメンに成長した神木氏だが某はやはり神木きゅんの可愛さを忘れないでござるよ。ウホウホ
	
うぁん神木くんかわいいお辞儀深々しすぎぃ!
	
神木くんお辞儀深すぎてフレームアウトしてるじゃんw
	
神木隆之介きゅんのお辞儀深すぎてフレームアウトする事件可愛過ぎきゅん
	
お辞儀のたびに見切れる可愛い神木くん
	
神木くんで検索したら お辞儀って出てきて何かと思ったら神木くんのお辞儀が深すぎて画面からフレームアウトしてる画像出てきてあああもう大好き
	

最も丁寧なお辞儀、最敬礼より深い神木くんのお辞儀

お辞儀の角度によって意味が変わります

お辞儀には「会釈」「敬礼」「最敬礼」があります。
会釈
上司やお客さんとすれ違うときなどに使う。頭だけ下げるのはダメ。ちゃんと腰から身体を曲げる。

敬礼
最も頻繁に使われるお辞儀。お客さんを迎えるときや訪問先などで使用する。なお、顔を上げたまま行わないように注意。

最敬礼
敬意や謝罪の意を表わす際に使用する丁寧なお辞儀。ちなみに手の位置は、身体の横か前。女性は前で指を重ねると美しい。

出典:お辞儀の仕方|挨拶|会釈|敬礼|最敬礼

神木くんのお辞儀は「最敬礼」だと言われている。

アンチがいない稀有な存在 神木隆之介が支持されるワケ

子役出身の俳優が、演技派俳優にイメージチェンジしていくケースは多い。だが神木の場合は、ピュアな子役のイメージがいい意味で残っているのも人気の要因のひとつだろう。爽やかで透明感のある姿に、天使のようだった幼い頃の面影を見て、今も親目線で応援している層は男女問わず存在している。一方、子役時代を知らない若い女性からも、“実力派イケメン俳優”としての人気を獲得。子役時代に大ブレイクした俳優が、ここまでアイドル性と実力を兼ね備えた存在になることは稀有で、唯一無二のポジションを確立しつつある。

出典:アンチがいない稀有な存在 神木隆之介が支持されるワケ | ORICON STYLE

	

 関連記事のアクセス数やテレビ出演時の盛り上がりから見て、ネット上での人気も高く、批判やアンチコメントがほとんど見当たらないのも特徴だ。それは、実力派ゆえの好感度、もと子役ならではの愛され度に加え、本人の知的で嫌味のないキャラクターのおかげでもある。
 趣味は漫画やカメラなどいわゆるオタク系。プライベートではひとり行動を好み、仕事では「出演が決まっていない役でも勝手に役作りする」と発言するなど、まさにオタク気質。二次元の実写化が違和感なくハマる容姿もあいまって、サブカル好きのネットユーザーに愛される特質を多く備えていることも、驚くべき好感度の高さにつながっているのかもしれない。

出典:アンチがいない稀有な存在 神木隆之介が支持されるワケ | ORICON STYLE

	

放送中のドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)では、謎の天才スピーチライターという異色の役を怪演し、大反響を呼んでいる。狂気的なまでのマシンガントークと、ヒロインを「お前はバカか」と罵るドSな姿に、心をつかまれる視聴者が急増。さらに今年は、映画『バクマン。』で漫画原作者志望の青年、『脳内ポイズンベリー』ではポジティブ男子と、漫画原作の2作品で全く違うキャラクターに扮した姿が見られる。細やかに組み立てられた役作りと、変幻自在の才能をしばらく堪能できそうだ。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。