• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【就職】を希望している「ニート」に必要な【基礎知識】まとめ #社会復帰

【就職】を希望している「ニート」に必要な【基礎知識】まとめ #社会復帰

Posted date:
Update date:2018年02月01日
【就職】を希望している「ニート」に必要な【基礎知識】まとめ #社会復帰
この頃は、就職を希望している「ニート」の人を支援するための公共サービスが充実してきています。ニートという言葉が使われるようになって久しいですが、ニートとはどういう人でしょう。
簡潔に言うと、「仕事をしていない」こと、「職業訓練を受けていない」こと、「学生ではない」ことが、ニートと呼ばれる条件となっています。
今回はそんなニートの方が就職希望した場合、どういった基礎知識が必要か考えてみました。

ニートの就職とサポートについて

ニートになる理由は、人によって様々です。健康上の理由や、精神的な理由、金銭的な理由でニートになる人もいます。

希望職種につくことが、年齢や、学力の問題で実現できなかったことが、ニートになるきっかけだった人もいます。

同居中の家族や、身近な友人からすれば、どうしてその人がニートになったのかに、共感できないということも少なくありません。

働きたくないから働かないのではないかという疑いを、ニートに対して抱いているような人もいます。ニートは、何らかの疾患があって仕事ができないなどの事情があると、採用が難しくなります。

サイトによっては、ニートの人が安心して社会復帰への一歩を踏み出せるように、そのための求人をとりまとめとています。

ニートの人を対象として就職支援サービスを展開するようになったのは、社会背景の事情があります。最近は、働く人の中でも、うつや、パニック障害に悩む人が増加しているからです。

働く人を精神面から助けることの必要性を、社会が認識しはじめているといってもいいでしょう。20代のうちの就職活動なら、何度か望みをつなぐことができます。

ずっとニートで居続けると就職も探しづらくなりますので、早期から就職活動をしたいものです。

ニートの就職と現実

どんなことがネックになって、ニート就職は困難なのでしょうか。最も大きな問題は、働き口を見つけることができるかや、周囲の人と共に仕事ができるかどうかではないでしょうか。

ニートといっても、置かれている環境や、考え方は様々ですので、就職の難しさは個人差があります。今はニートでも、働く意欲はあって、でも年齢的な問題で仕事につきけないという人や、金銭的な事情で就職が困難になっている人もいます。

家の外に出ることも可能だし、人と話したり、コミュニケーションをとりながら仕事もできるという人なら、比較的仕事は探しやすそうです。

仕事をしたいという意思はあっても、パニック症候群の発作が起きる人や、うつ症状があるという人は、自分に合った求人を探すこと自体が困難です。

個人差はありますが、就職をするための就職セミナーや、採用試験への参加自体が難しいことがありますので、その時は難しい事態となります。人と話をすることや、外出することそのものが、精神的な疾患を悪化させてしまう可能性がある人は、就職がしたくてもなかなかできません。

対人コミュニケーションの機会を少しずつふやすところから始めましょう。当面すべきことは今の環境を脱するための準備をすることです。いきなり就職は難しいことといえます。

ニートの人が就職を決意した場合、自分が今できることと、この先、就職のためにできるようにならなければいけないことを把握することが始まりです。

ニートから、就職までは、困難な壁が立ちはだかっていることがありますので、時にはニート就職支援のサービスを利用してください。

ニートの就職とその方法

現時点ではニートだけれど、仕事をしたいという人は、インターネットの就職支援サイトで、ニートでも大丈夫なところを探してください。

普通の就職支援サイトを利用することもできますが、自分自身に負担をかけずに就職先を見つけるには、一足飛びにしないことも大事です。

特に、長年家の中にいた人が、人と接するハードな仕事を始めると、うつがひどくなったり、パニック障害などの症状が出てしまうことがあります。

就職をしたいという場合でも、結果を急ぎすぎずに、一歩ずつ進んでいくようにしましょう。ニートが使えるようにつくられた就職支援サイトであれば、自分以外にもいる何人ものニートの人が、仕事を探しているということになります。

ニートであることに理解を示してくれているところですので、スタッフも、ニートの立場に立って考えてくれます。就職を希望しているけれども、ニートなどの事情で仕事探しが難しい人に対し、ハローワークなどでは専用の部署が開設されています。

個々人の環境や、事情を考慮に入れた上で、その人に負担になりすぎないような就職活動を提案してくれますので、非常に助かります。家から出ることがつらい、人と会うことが苦しいと感じる、うつやパニック障害の人も少なくありません。

家から出ることが苦痛だという人が、コミュニケーション能力を要する窓口の仕事をすることは、とても大変です。初めから対話の機会が少ない仕事、人と会ったり話したりすることがないような仕事をすることで、働き続けることが可能になることもあるでしょう。

これまでニートだったけれど、就職をしたいという事情を分かってくれるようなハローワークや、就職支援サイトを見つけることが、仕事探しの始まりになります。

ニートにオススメの支援サイト

出典の所をクリックしてください
「働きたい」という想いを持ちながらも、さまざまな事情でニートや フリーター状態になっている29歳以下のみなさんの正社員就職を応援しております。

出典:◆ニート脱出!未経験からの正社員就職|若者正社員チャレンジ◆

脱・ニート・フリーター・派遣!ゼロから正社員としての就職に挑戦【若者正社員チャレンジ】
就活の無料相談カウンセリング!
東京しごとセンターヤングコーナー

出典:◆東京しごとセンターヤングコーナースペシャルサイト◆

「あなた専属のアドバイザー」を味方に!【東京しごとセンターヤングコーナー】

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」