• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
難易度が高い【ダイエット】と言われる「ふくらはぎ」痩せを成功させる方法【基礎の基礎】まとめ #むくみ

難易度が高い【ダイエット】と言われる「ふくらはぎ」痩せを成功させる方法【基礎の基礎】まとめ #むくみ

Posted date:
難易度が高い【ダイエット】と言われる「ふくらはぎ」痩せを成功させる方法【基礎の基礎】まとめ #むくみ
なかなか痩せないと言われているのが「ふくらはぎ」です。
ダイエットをしていても、この部分が痩せることはかなり大変だといいます。ふくらはぎというのは、場所的にも体を支える足の一部と言う事で、老廃物や余分な水分などが停滞しやすい部分となっているからです。つまり、ふくらはぎには老廃物が残りやすいことから、細くなることが非常に困難だと言われています。
今回はそんな「ふくらはぎ」を痩せさせる効果がある方法について「基礎の基礎」の知識を伝授したいと思います。

ふくらはぎ痩せを実現するために知っておきたい事とは

1日の終わり頃になると、いつも「ふくらはぎ」がむくんで気になるという方もいるでしょう。ふくらはぎがよくむくむという人は、見た目からしてふくらはぎが太く見えるようになってしまうのです。ふくらはぎ痩せを目指す場合には、ふくらはぎの「むくみ」をまず取り除くことを優先しましょう。

最初に、ふくらはぎのほとんどが「筋肉」であるということを理解することで、ふくらはぎ痩せの効果は得られやすくなるといいます。

例えば、腰周りやお腹などの部分は、筋肉ではなく脂肪が大部分を占めているので、食事制限によるダイエットだけでもすぐに効果が現れます。

脂肪のせいで太って見える場所ほど、食事や運動によるダイエット効果が実感しやすい部分といえます。しかし、筋肉でできているふくらはぎに対しては、脂肪のように代謝促進では痩せることが難しいため、筋肉を増やすか減らす必要があります。

ふくらきばの筋肉を少なくするためといっても、歩くことをやめるということは、まずできない相談です。ふくらはぎが痩せるようにするには、ふくらはぎを鍛える「ストレッチ」を行うことがおすすめです。

ふくらはぎと「むくみ」の関係を理解する

むくみを取り除くことが重要と先ほど書きました。むくみの起きる要因についてですが、人間の体は半分以上が水分でできていますが、それが重力によって、だんだん下がってくるのです。

1日じゅう同じ姿勢で仕事をしていると人は、この影響を受けがちです。立ちっぱなしの仕事や、パソコン作業が主な人は気をつけましょう。

姿勢を変えずにいると血液や、リンパ液の流れが悪くなって、水分は下へ下がりっはなしです。歩いて移動することが多い人や、体を使った仕事をしていると、普段から足を頻繁に動かしているために、むくみづらくなるようです。

むくみのない、引き締まったふくらはぎになるためには、ふくらはぎの血流を促進するために、「マッサージ」をするといいでしょう。ふくらはぎのむくみを取り除くには、マッサージ用のオイルやクリームを使って、丁寧にもみほぐすことによって、むくみがなくなります。

マッサージだけでは、痩せている効果があまり実感できない時には、「エクササイズ」も併用します。まず仰向けに寝た状態で、足を心臓より高い位置にもっていくことで、むくみの解消が図られます。

一番足を高く上げた場所で1分そのままにして、それが終わったらゆっくりと足を下げていくというエクササイズが、ふくらはぎが痩せる効果があるといいます。

足全体を上げたり下げたりすることで、足全体のプロポーションが整う作用があるというエクササイズだと言われています。ふくらはぎが痩せるように、むくみの対策をしたいと思っている人は、マッサージと併用して、ふくらはぎのエクササイズをするといいでしょう。

ふくらはぎ痩せに効果がある「エクササイズ」の仕方

足のエクササイズがおすすめと言いましたが、その理由として、ふくらはぎのほとんどは筋肉でできている為、食事制限によるダイエット方法ではあまり効果が出にくい傾向があるからです。

そのため、ふくらはぎを細く引き締めたいという人には、足のエクササイズが適しているのです。

ふくらはぎはほとんどが筋肉でできているので、筋肉の鍛え方次第でスリムになります。どんな運動をすることで、ふくらはぎの筋肉を上手に使って、痩せる効果を得ることが可能になるのでしょう。

まずは足を揃えて立ちます。手は腰の後ろに添えた姿勢で、片方の足をお尻に近づくようにしてゆっくりと上げます。足を下ろす時はゆっくりとおろし、床につくぎりぎり直前でストップをかけます。この運動を5回行いましょう。

もしも、片足で立っているとバランスをくずしそうだという人は、片足立ちの時は体がぐらつかないように壁などで身を支えます。

ふくらはぎだけでなく、ももにも効果があるエクササイズなので、足全体が痩せる効果が見込めます。ふくらはぎ痩せ効果があるエクササイズには、これ以外の方法もあります。

両足をやや広めに開いて、手を床と並行になるように広げます。上半身の状態は変えないで、膝を曲げて腰を低くします。体勢が崩れないように注意しながらつま先立ちになり、バランスを崩さないようにしばらくいます。

始めは5回くらいから、だんだんと運動が楽に感じられるようになってくれば10回くらい行ってみましょう。

素早い動作にすると体への負荷が軽くなってしまうので、ゆっくり行ってください。最初のうちは、きついエクササイズだと感じるかもしれませんが、ふくらはぎ痩せ効果は期待できますので、ぜひともやってみるといいでしょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」