• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【悲報】衝撃!!不作のせいで野菜が驚くほど高騰

【悲報】衝撃!!不作のせいで野菜が驚くほど高騰

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
【悲報】衝撃!!不作のせいで野菜が驚くほど高騰
連日の天候不順などにより、すっかり不作が定番化してしまった野菜市場の、昨今の恐ろしいまでの値段に注目してみました。

異常なまでの野菜高騰

2017年10~11月の台風や長雨、低温で生育が悪くなった野菜が値上がりしたということで、ほとんどの葉物野菜が、17年末から18年始にかけ異常なほどの高値になっています。

キャベツひと玉がこの値段!!普段の年や、他の季節には考えられないような価格です。
品薄&高値で家計には地獄のような日々です。

あまりの高さに、スーパーなどでも野菜はカット売りが当たり前、それでも普段の1玉あたりの値段より高いなんてザラになってしまっています。

白菜などはもはや意味のわからない価格にまで!
冬の定番の鍋料理などでは、豊富なお野菜(特に白菜やダイコン)が主役ともなって楽しみなものですが、現在の価格ではとてもじゃないですが、気軽に楽しめるような状況ではありません。
そして、まだまだ悪天候や、過去最大級の寒波、大雪、など悪条件ばかりが重なり、今のところ価格回復につながるような野菜の生育は見込めないようで、このどん底の価格帯はしばらく続く見込みのようです。

ちなみに、過去の高騰の際にはこんな切ない売り方まで登場していたようですが、本当に回復の兆しが見えない限り、食卓は悲しくなる一方のようですね。
せめてどこか天候のよい地域の特産野菜とかだけでも回復してくれるといいのですが・・・。
	

悲報も続々

一般家庭だけの悲劇ではなく、まとまった量の野菜が必要な学校給食や、通販などでも苦境が続いている模様です。

冷凍野菜で安価に乗り切る方法も

こんな悲しい状況でも、主に野菜の豊作の時期や、輸入で大量に作られる冷凍野菜のパックなどは、この苦境の救世主として活躍しています。

平時でしたら加工分の手間などで割高になることもある冷凍野菜ですが、このような時では、完全に値段が逆転、ほぼ豊作時の値段などで安定しており、家庭の強い味方となっています。

現在高騰が続いてしまっているようなお野菜の数々も、様々なメーカーで探しましたらほぼ確実にどこかがフリーズドライの冷凍野菜などを扱っていて、業務スーパーのような大量一括買いができる場所で求めれば、かなり安価に入手できます。

参考

冷凍野菜・食品などで、今家計の厳しい家庭の救世主になってくれる有力情報です。
販売社情報など。

この通り!業務スーパーの冷凍野菜などは、大量、かつ価格最強です。もし近くに店舗があれば主婦の友ですね。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。