• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
うますぎ香味野菜の一種のらっきょう

うますぎ香味野菜の一種のらっきょう

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
うますぎ香味野菜の一種のらっきょう
独特の風味と食感でお漬物etcで重宝されるらっきょうの特徴・料理紹介まとめです。

らっきょうとは

ラッキョウ(辣韮、薤、辣韭、学名 Allium chinense)はネギ属の多年草・野菜。別名は「オオニラ」、「サトニラ」。
中国、ヒマラヤ地方が原産。白色または紫色を帯びた白色の鱗茎を食用とする。 特有の強い匂いと辛味を持つ。この匂いはニンニクやニラと同じアリル硫化物である。

出典:

	

主に塩漬け、甘酢漬け、醤油漬けで食べる。ただし市販されるほとんどの品は甘酢漬けである。カレーライスのつけあわせ(薬味)として、福神漬とならんでポピュラーな存在である。アリル硫化物が消化を助けるほか、ポークカレーの豚肉に含まれるビタミンB1の吸収に役立つといわれる。ラッキョウは水溶性食物繊維が豊富である。

鳥取県(鳥取砂丘)・福井県(三里浜)の特産品である。漬物にしない状態では生ラッキョウとも呼ばれるが、収穫期に自家製漬物用として出回る以外はあまり流通していない。
大乗仏教において摂食が避けられることのある五葷のひとつである。
	

島ラッキョウ

島らっきょう(しまらっきょう)は、沖縄県独自のラッキョウの品種。本土で栽培される一般のラッキョウに比べると、小型で香味が強い。天ぷらや甘酢漬け、塩漬けなどにして食べられるほか、チャンプルーの具材にも使われる。

出典:島らっきょう - Wikipedia

	

一般のラッキョウに比べると小型で細長く、ネギに似た強い辛味を持つ。含有される主成分はアデノシン、アリシンなど。特有の匂いの素はアリシンで、ヒトの体内でビタミンB1の吸収を助ける働きがあり、免疫力増強、育毛作用、疲労回復、抗菌作用、抗がん作用などがあるとされる。ほぼ年間通して生産されるが、主に12月から6月までが収穫期で、旬は春で価格も下がり、八百屋やスーパーにも多く出回る。

強い辛味があるため、一般のラッキョウが甘酢漬けなどに良く利用されるのに対し、塩漬けにして鰹節などとともに食べたり天ぷらや卵料理の材料として用いられることが多い。また成分のジスルフィドはアリイン類と一緒に摂取することで単独で食べる時と比べて80倍の効果があるといわれ、玉ねぎ、ニンニクなどアリイン類を多く含む野菜と一緒に調理するとよい。
	

らっきょう料理

定番はそのまま甘酸っぱく酢漬けに。輪切りの唐辛子も入れて少し味を引き締めます。

カレーのお供にも必須ですね。口の中をリフレッシュしてくれます。

天ぷら

なんでも揚げてしまう日本人ならではの天ぷらです。

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。