• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【猫歓喜】みんな大好き猫ちぐら

サムネイル出典:関川村猫ちぐらの会

【猫歓喜】みんな大好き猫ちぐら

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
【猫歓喜】みんな大好き猫ちぐら

サムネイル出典:関川村猫ちぐらの会

猫さんならみんな喜ぶわらでできた小さな猫ハウスである猫ちぐらが猫飼いの間で人気・評判です。

猫ちぐらとは

猫ちぐら(ねこちぐら)、猫つぐら(ねこつぐら)とは、新潟県および長野県産の稲わらを編んで作った猫用の寝床の一種。新潟県関川村、秋山郷(新潟県津南町と長野県栄村)、新潟県長岡市小国町の民芸品である。関川村では「猫ちぐら」と呼び、秋山郷および長岡市小国町では「猫つぐら」と呼ぶ。

出典:猫ちぐら - Wikipedia

	

猫ちぐらの原型は、人間のあかんぼう用に藁(わら)で編んだゆりかご「つぐら」。つぐらにあかんぼうを入れて田んぼのあぜ道の目の届くところに置き、農作業をしながら子どもをあやしていたが、それがいつの間にか飼い猫にもつくってあげるようになった。村の古老の記憶では、大正時代にはすでに猫ちぐらがあったという。
猫ちぐら(猫つぐら)1個を作るために、製作に要する日数は約1週間。使用するわらはコシヒカリ約20把である。
江戸後期には江戸でも用いられていた。深川江戸資料館に再現されたものは猫が上から出入りするようになっており、横の口は覗き窓となっている。
現代になって猫用に作られたちぐら(つぐら)は、かまくら型のものが一般的に認められ、広く行き渡っている。また、製作者の創意により種々の形状があり、屋根に開口部を設けた傍系も存在する。猫は暗いところ、狭いところに入り込む習性があるため、猫ちぐら(猫つぐら)を与えられると自分から喜んで入るという。

出典:猫ちぐら - Wikipedia

	

特徴

・材料に100%天然の藁を使用している。わらは保温性が高く、通気性があるので冬温かく、夏は快適。
・注文してから商品が届くまで数年待ちであるため、藁以外の材料(紙紐、クラフトペーパー、イグサ、籐、ウォーターヒヤシンスなど)で作られた模造品が、インターネットオークションなどで販売されている。

出典:猫ちぐら - Wikipedia

	

素敵な猫ちぐら

狭いところに入り込みたがる猫さんの習性上、こうしたおうちはとっても魅力的で、おうちにあるとみんな入りたがります。

これはかわいい☆猫耳つきの猫ちぐらです。

よい猫ちぐらは、猫さんが入ると快適過ぎて出てこれなくなるようですw
それでたくさんの猫ホイホイに。

本場ものの猫ちぐらは、頑丈でよくできていて、猫さんが爪とぎとかしてもボロくならず、何年もの実用に耐えるようです。
よい手作り猫ちぐらは注文から届くまで数年待ちというのも納得ですね。

かわいすぎる猫ちぐら動画

	
	

参考

かわいらしい猫ちぐら利用の参考サイトです。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。