• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
癒される小さな生き物うさぎ

癒される小さな生き物うさぎ

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
癒される小さな生き物うさぎ
昔はよく学校の飼育小屋で飼われていて、近年種類も多様化し、ペットでも大人気のうさぎの紹介です。

うさぎとは

ウサギ(兎、兔)は、最も広義にはウサギ目、狭義にはウサギ科、さらに狭義にはウサギ亜科もしくはノウサギ亜科 Leporinaeの総称である。
現在の分類では、ウサギ亜科には全ての現生ウサギ科を含めるが、かつては一部を含めない分類もあった。ウサギ目はウサギ科以外に、ナキウサギ科と絶滅したプロラグスなどを含む。
全身が柔らかい体毛で覆われている小型獣である。最大種はヤブノウサギで体長 50–76 cm。毛色は品種改良もあって色も長さも多彩である。多くの種の体毛の色彩は、背面は褐色・灰色・黒・白・茶色・赤茶色・ぶち模様などで、腹面は淡褐色や白。

他の獣と比しての特徴としては、耳介が大型なことが挙げられる。ウサギ目内では耳介があまり発達していない種でも、他の哺乳綱の分類群との比較においては耳介比率が大きいといえる。音や風のするほうへ耳の正面が向くよう、耳介を動かすことができる。また、毛細血管が透けて見えるこの大きな耳介を風にあてることで体温調節に役立てるともいう。

出典:ウサギ - Wikipedia

	
	

かわいいうさぎギャラリー

小動物はみなかわいいものですが、うさぎさんのちいさかわいい感じは格別なものです。

思わず飼いたくなってしまうようなかわいさがたまりません。
ファンも多数で、今ではうさぎとのふれあい施設も増えています。
	
	

最近ではうさぎ島まで

なんと驚き!今ではうさぎだらけのうさぎファン大歓喜のうさぎ島までできあがっています。

大久野島(おおくのしま、おおくのじま)は、瀬戸内海芸予諸島の一つであり、広島県竹原市に属する有人島。
「ウサギの島」「毒ガスの島」として知られる。
本州竹原市忠海から南方沖合い3kmに位置する。西へ1.1kmの位置にあるのが小久野島、その少し南が松島でともに無人島。さらに西が阿波島、南西側が大崎上島、南が愛媛県との県境でその南が大三島になる。東は高根島・生口島。住所は、全島域が〒729-2311広島県竹原市忠海町大久野島、旧豊田郡忠海町域で住所が忠海町表記なのはこの島だけになる。

面積0.7km2 。周囲4.3km。最大標高は島の北側で108m。気候は瀬戸内海式気候。

ほぼ全島域が環境省所有の国有地であり、一般財団法人休暇村協会が管理する観光及び保養地「休暇村大久野島」である。2010年現在で人口は22人、民家は存在せず、全員その従業員である。

出典:大久野島 - Wikipedia

	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。