• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
脱初心者!人気沸騰中【荒野行動】初心者がドン勝するためのアレコレ!!

サムネイル出典:荒野行動ー公式サイトより

殿堂

脱初心者!人気沸騰中【荒野行動】初心者がドン勝するためのアレコレ!!

Author:
yakemaruyakemaru
Posted date:
Update date:2018年04月02日
脱初心者!人気沸騰中【荒野行動】初心者がドン勝するためのアレコレ!!
近頃知名度急上昇中で人気のTPSゲーム荒野行動。
プレイした事がない人でも聞いたことや、周りにプレイしている友人がいる事は多いのではないでしょうか?

このまとめでは始めたばかりの初心者やなかなか結果が出せないプレイヤーに向けた各情報やコツを紹介していきます!

このまとめで少しでも戦績が良くなる事を祈っています!
早速見て行きましょう^^

勝てない理由

敵見つけれない・・・撃ち合いでキルできない・・・など【敗北】には必ず理由と原因があります。
理由や原因を探し、理解し改善していくことで必ず勝てるようになります。

荒野行動はサバイバルというゲームの特性上、全員と戦わなくても動き方や予知で極力危険を回避し有利に終盤まで進めることができます。

勝てない状況と負ける時に多いシュチュエーション

まず念頭に置いておいてほしいのは、経験とこういったTPSの熟練度による差の認識です。
今でこそ、スマホでも高いクオリティで多人数でワイワイ楽しめるゲームができるようになりましたが、コンシューマーゲームからPCゲームと昔からこういったジャンルのゲームは存在しています。

手軽にできる時代になった今、そういった経験値を持ったプレイヤーはもちろんたくさんいますし、初心者で全くやった事のないプレイヤーもたくさんいます。双方が同じ条件で戦った時の結果はよほどでない限り経験者に軍配が上がるでしょう。

勝てない状況を簡単に書きます。

■正面からの撃ち合い

■いきなり後ろから撃たれた

■装備を探しに建物に入ったら待ち伏せされていた。

■車で危険区域を回避しようとしている時。

■パラシュート降下先が建物の多い大きな町

■見つけた相手を遠距離から狙っている時。

■待ち伏せしている時。


簡単に思いつくだけでも初心者がやられやすいシチュエーションはこんなにあります。
正面の撃ち合いは経験や技術の差が顕著にでるので最初のうちは正面から行かないほうがいいです。

後ろから打たれるのは危険予知と索敵に慣れていないからです。

待ち伏せされているのは足音が拾われているためです。

危険エリアを脱する時は先に安全区域から待っている相手が高い確率でいます。

一番初めから多くの人がいるであろう大きな市街に飛び立つのは自殺行為です。(経験値の面で)

相手に自分だけ気付いて遠距離から攻撃している時は注意力が散漫になります。発砲音を拾われると自分もまた標的になります。

待ち伏せしている時。一番くやしいやつですが、相手の存在を気付いて待ちの姿勢を取った時は裏取りをされる可能性が高いです。
正面からくるという固定観念や油断が最初は必ずあるので裏を取られやすいです。

始めたばかりでもキルするには?!

逆に初心者でもキルし、勝利へ近づくためにはどうすればいいのか・・・?
以下のポイントを押さえましょう!

■自分にとって扱いやすい武器で戦う。
ー多様な種類の武器がありますが、反動や連射速度など扱い方には差があります。最初は自分のイメージと重ねて扱いやすい武器を選ぶことが大事です。
序盤は乱戦の時を除き、最初に小銃を探しましょう。凡庸性が高く全ての距離で戦えます。

■有利なポジションを位置取る。
ーたとえば山から町を見下ろすポジショニング。待ちを歩いている時は建物の影や中、障害物の裏手など見るポイントが大変多いです。
逆に山などの高所の物陰から町を見下ろすと敵の発見が用意なのと相手に気付かれにくいというメリットが大きいです。

■常に索敵、開けた場所に長くいない。
ーやられる時に一番多いのは、相手だけが自分に気付いている時です。装備集めに夢中で周りを見ていない時に相手に見つかると大体やられます。
特にスタートの降下時は、待ちに降り立つ前に同じエリアに敵もいるか確認してから装備を集めるだけでも大分死亡率は下がります。開けた場所に長くいないのも、障害物などがないとゲームの特性上かなり目立つので的になってしまうので物陰や障害物、草など身を隠しながらを意識して行動しましょう。

■焦らない。
ー敵を見つけても無闇に発砲しないで確実に仕留めましょう。一瞬の発見などで仕掛けても返り討ちにされる可能性が高まるだけです。仕留めきれないシチュエーションではやり過ごしてチャンスを待つのも負けない方法の一つです。

※上記を意識するだけで筆者はアラサーで動体視力も劣ってきていますが飛躍的に生存率とキル率が上がりました。
次に気になる武器の性能と特徴を見て行きましょう。

武器ごとの性能と特徴

基本的に小銃(アサルトライフル)と狙撃銃(スナイパーライフル)をメインに取り扱う事になると思うのでこの2種の武器の各性能を見て行きましょう。
種類毎に武器、装備の特性を理解してシチュエーションに合わせ選択できるようになる事も重要な事です。
各武器とジャンルごとに特徴を見て行きましょう!

小銃(アサルトライフル)

序盤から終盤まで必ず付き合っていく銃です。近距離、遠距離まで凡庸性に優れ扱いやすい銃です。
初心者、玄人関わらず小銃を持っているかいないかで戦績に大きな影響を与えるでしょう。

AK-47
小銃の中で最も与えるダメージ量が多いが、ややピーキーな性能。反動が大きく、初心者に扱いづらい場合が多い。
使いこなせばキルタイムも早く、撃ち合いで勝つこともできるでしょう。
小銃の弾薬では唯一種類が違う7.62mmの弾薬を使います。重量が重いため、メインで使う場合他の弾薬は捨てましょう。
S-ACR
小銃の中で一番バランスがいい銃でしょう。初心者から上級者まで安定して使う事ができます。全小銃の中の中間を取ったような性能でバランスがいいです。アタッチメントが4種装着でき、フルカスタム時はトップクラスの強さを誇ります。
素の状態の時は全てにおいて中間なため最弱ともいえるでしょう。
M4A1 と M27
M4A1とM27は素の状態では同じ性能でダメージ量は小銃中最小ですが反動も最小、連射速度はトップクラスと扱いやすい部類になります。
初心者に特にお勧めです。腰うちでも中距離以降でもブレが少ないためリコイル制御が苦手でも素直に打てます。
上記2つの違いはカスタム面です。M4A1はアタッチメントが3つに比べM27は5つつける事が出来ます。簡単に言うとM4A1の上位互換がM27です。見つけた時は優先的に拾いましょう。フルカスタム時は強いです。
95式
AKに次いでダメージ量が高い銃です。連射速度も小銃中トップでありながら反動もトップクラスの扱いやすさで素の状態でも高い水準の戦闘力があります。最近のアプデで弾倉もカスタムできるようになりフルカスタム時は最強候補に入ります。
火力を取るのであればこちらを、安定を取るのであればM27など使い分けるといいでしょう。
※物資小銃は特筆した強さもなく入手する場面も少ないので割愛します。

狙撃銃(スナイパーライフル)

荒野行動は人数に対してマップが広めなので遠距離からの攻撃が有効です。近距離で戦うのは序盤のみでほとんどは中距離以降の戦いになる事が多いです。遠距離の場合小銃だと数発必要で仕留めきれない場面などスナイパーの場合は一発で仕留める事ができる銃もあるので役に立つ場面も多いです。
小銃と組み合わせる事で隙が減り戦い安くなります。遠距離での取り回しがメインなためスコープは4倍以上のほうが無難でしょう。
AWM
物資のみから入手できるため入手難易度は高いですが、全狙撃銃中トップの威力を持ちヘッドギア3の敵もヘッドショットで一撃。防具をつけていなかったり多少ダメージがある敵には胴体一発でも仕留める事ができる破格の性能を持ち合わせています。
入手できる場面があったら必ず拾っておきましょう。
Kar98k
一番入手頻度の高い狙撃銃。コッキング動作があるので連射はできませんが、狙撃銃入門として慣れておくといいでしょう。
単発狙撃銃の中では威力が一番低く連射速度も最低値なためヘッドショットをしっかり狙わないとキルは難しいです。この武器でキルできるようになればスナイパーで活躍できます。
M24
Karの上位互換のような狙撃銃です。連射速度、威力共にKarより優れ仕留め損なってもリカバリーがきく場面も多い扱いやすい狙撃銃でしょう。
難点としてドロップ率の低い銃であるため見つけたら使いましょう。
SVD
狙撃銃のジャンルではありますが、ダメージが低いが連射力が強く反動も控えめな銃です。小銃のAK47に近いイメージでしょう。
アタッチメントでグリップをつける事ができるためより当てやすく連射力を活かしたキルができます。
難点としては、ダメージの低さからキルまでに数発を要するため弾切れしやすい。狙撃銃らしい取り回しには向いていないでしょう。
Val
SVDよりダメージ量が更に低く、連射力と反動をより優秀にしたような銃です。
デフォルトで4倍スコープと消音(サイレンサー)が付いているため、アタッチメント無しでも隠密行動に優れ攻撃してもバレにくいメリットがあります。
キルまでに結構な弾数を使うため、終盤は扱いにくいですが序盤では結構使えます。
デメリットとしては弾即が遅いのと弾の消費量の多さ、アタッチメントによるカスタムができないことでしょう。
88式
最近実装されたスナイパーライフルです。SVDより威力がほんの少し低いだけで、反動がかなり少なく小銃と同じような感覚で連射できます。
2脚が付いているて伏せ打ちすると反動がほぼなくなります。デフォルトで4倍スコープが付いているのもメリットでスコープが集まらない序盤では活躍できます。
ヘッドショットがうまく狙えないうちは初心者に一番オススメできる狙撃銃でしょう。

初心者でもドン勝できる!

武器と特徴を知っておくと自分の使いやすい武器やお気に入りの装備、カスタムなどが出来てくると思います。
自分の得意なスタイルの装備が集まった次は初心者でも生き残り、ドン勝するためのポイントを押さえておきましょう。

ヘリコプターの進行ラインから遠い町に着地する

撃ち合いで勝ち抜く自信と実力がつくまではまず自分の戦う土台を作る事に専念しましょう。
ラインの真下や近くの大きな市街では装備を集めやすく(奪いやすい)、降下時間も短縮できるので上級者が集まりやすいです。
自分の準備ができる前だと装備を集める事に意識が集中してしまい、負ける確率がかなり高くなります。

最初はまず遠くの小さな町や、ちょっとした集落で装備を集め準備してから戦いに臨みましょう。

有利ポジションを意識する、常に動く

初心者でありがちなのは大きな通りや障害物のない広大な土地を移動することです。
スキルのある上級者は自然にやってる事ですが、障害物や物陰から相手に気付かれにくく自分は気付きやすい視野を確保するだけで成績は全く変わってくるでしょう。
町にいる時も自分だけ近くの敵の存在に気づいたら物陰で敵の動きを確認して、無防備になったら確実に仕留めるなどするとより勝ちやすいです。
又、敵を発見した時自分はじっとしてチャンスをうかがったりしているとヘッドショットもらいやすいです。
止まっている時間を減らすことでも大幅に死亡率を下げれるでしょう。

安全エリアに早めに行く

一定時間たつと危険区域が表れて全土散り散りになっているプレイヤーが一点に向かっていきます。
縮小する事でバトルが勃発し、人数が減っていくわけですが安全区域から遠いプレイヤーは装備を集めながら安全区域を目指していきます。
先に安全区域で有利ポジションを取っておく事で後から来た敵に先手を打ちやすくなるでしょう。
ほんとの終盤の場合はかなり優位に立てます。後半の危険区域の毒ガスの殺傷能力は高いので安全区域にいない敵は必ず行動します。
先手さえ打てばキル出来る確率はかなり高くなります。
後方からあわててくる敵には有利ですが自分よりも先にいた敵には気付かれた場合は危険な事もあるのでその点は注意。

デュオ以上でプレイする時は仲間と行動する

単独行動する人もいますが、なれないうちは仲間と一緒に行動することでうまい人の動きや索敵の仕方、クリアリングなど間近で見る事ができ勉強できますし、1vs1の場面を極力つくらない事で勝率を上げる事が出来ます。

オンラインでのやりとりに抵抗がなければVC(ボイスチャット)でコミュニケーションを取ればより的確に状況把握できますし楽しく上達できます。
※以上4点だけでも意識すればすぐに死んで戦場から退く事は大分減ると思います。
ドン勝できずに毎回すぐに死んでしまうとモチベーションも下がりますし悔しいですよね。うまくいかずモヤモヤしている時は意識してみてください!

更に上達するために。

自分のスタイルができて、流れを把握して普通にキルもとれるようになってきたら更に積極的に死地へ飛び込みましょう!
■よりテクニカルな技術を身につける。(頭出し撃ち、ふせ撃ち、クイックショット、ドラッグショット、偏差撃ちetc...)
伏せる動作と撃つ動作を同時に行ったり、スコープを除いて即座に頭に合わせて撃ったり、相手の動きに合わせ撃ったりと突き詰めると勝つためにできる事はたくさんあります。

■腰撃ちの正確性を上げる(近~中距離はスコープ使わなくても弾は当てやすいですし動作を減らしたほうが勝ちやすいです)

■全てを奪う
集めるのめんどくさいので技術さえ身に付けば倒して奪う事をメインにしたほうが楽だったりします。

■補助アイテムを使いこなす。
発煙、手榴弾、ドローンなど使いこなすとより楽しく負けにくくなります。
上を見るとキリがないですが上達するために考えて実践するようになるとあなたはもう初心者ではありません!
勝てなくて楽しめなかったのが嘘みたいにのめりこんでいる事でしょうっ!

まとめ

オンラインでリアルタイムの戦いはとても楽しいですし、負けたら悔しいですよね。
リアルでもそうですが、上達しないと長く続きませんしなにより楽しくありません。部活やスポーツと一緒で上達しないのには理由や原因が必ずあります。

客観的に見たり情報を集める事でより上達スピードが速まると思います!勝てずにやめる前にこのまとめが少しでも役立ち同じ戦場で会えたら筆者も嬉しいです!

最後までご覧頂きありがとうございました^^

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
yakemaru

北海道在住。 自由に知りたいと調べたものをまとめて共有していきたいと思ってます。 ∞に横広がりにつながる可能性を秘めたインターネットで文字による時間を超えたつながりを目指して。 実績がたまればシェアチューブブログなど派生していきたいですね。