• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【ダイエット】今も昔も人気の糖質制限ダイエットまとめ!効果はダイエットだけではない?

サムネイル出典:写真AC

【ダイエット】今も昔も人気の糖質制限ダイエットまとめ!効果はダイエットだけではない?

Author:
yakemaruyakemaru
Posted date:
【ダイエット】今も昔も人気の糖質制限ダイエットまとめ!効果はダイエットだけではない?
今流行っている糖質制限ダイエット。
メディアでも取り上げられ、健康面からも科学的アプローチがかかり気になっている人は多いのではないでしょうか?

糖質制限によるダイエットはなんでいいのか、またダイエット以外にもメリットデメリットがあるのか詳しく見て行きましょう!

そもそも糖質制限ダイエットって?!

糖質制限は、もともと糖尿病の食事療法として取り入れられたものです。
糖質は糖類と糖類以外に分類されます。炭水化物で言うと食物繊維と糖質に分けられるといった形です。
糖質制限ダイエットでは、制限するのはあくまでも糖質のみで、食物繊維など重要な栄養素は積極的に摂取していかなければいけません。

また、糖質は完全に摂取しないわけではないです。大事な脳のエネルギーでもありますのであくまで制限するという事は忘れないようにしましょう。

糖質を制限するとなぜ痩せられる?

糖質をとると、血液中のブドウ等濃度つまり血糖値が上がります。血糖値が上昇すると、インスリンが膵臓から分泌されて筋肉などに蓄えられるわけです。

蓄えたブドウ糖は体内で糖エネルギーになり、運動などによって消費します。ただ消費量は限界があるため、残った糖質は中性脂肪として残ってしまうんですね。

ですが、糖質を制限する事でインスリンの分泌も抑えられ中性脂肪として蓄えにくくもなりますし、足りない糖エネルギーを中性脂肪を分解し利用するようになります。

なので余分な脂肪が落ち痩せる、痩せやすくなるというわけです。
また、糖質を抜くにあたり他の食材で必要な栄養素を補う必要があるため健康的に痩せる事が出来ます。

そもそも糖質ってどれ?

糖質は甘いものだけではありません。
炭水化物、いわゆる小麦や、お米、麺類なども糖質が多いのです。

豆類(大豆を除く)、イモ類、穀物類などデンプンを含有するものも糖質が多めな傾向になります。

知らない人は以外と多いですが、お酒も糖質が高いです。日本酒、ワイン、ビールなど穀物を主原料としたり、酵素発酵しているものも糖質をエサにしているため糖質が含まれます。

こういったものを意識的に抑えることでインスリンの分泌を穏やかにしていくわけです。

過度な糖質制限に黄色信号!大事なのは【バランス】です!

ただ糖質を抜いて制限するだけでは体に負荷をかけるだけ

いきなり糖質を引っこ抜いていつも通り生活していると、純粋に栄養が足りません。
糖質は脳のエネルギーですし、それまで糖エネルギーを燃焼して体を動かしてきたわけですから突然抜いてしまうと体もパニックになってしまいます。

また、人間の体は三大栄養素と呼ばれる炭水化物(糖質)、脂質、タンパク質で動いてます。
このうちの一つを減らすので他のもので補わなければいけません。減ったままではいけないのですね。

急に過度な糖質制限を始めると、吐き気、眩暈、眠気、気だるさなど支障きたすのもその為です。
急な糖質制限はせず、バランス良い食事を意識して少しづつ主食を抜くことをオススメします。

糖質を抑えるために覚えておく食材と、積極的に取るべき食材

具体的にどのようなものに糖質が多く、制限する代わりに食べたほうがいい食材はなんなのか?
見て行きましょう。

糖質が多い食べ物

現代では知らず知らずのうちに糖質を大量に摂取してしまいがちです。
肉や魚類の加工食品(糖質が添加されている事がほとんど)果物、いも類主食(パン、お米、パスタ、そば、うどん等)トマト、ニンジンなど緑黄色野菜の中でも甘みがある野菜も多めです。豆類(小豆、そら豆など)はるさめ等の加工澱粉製品お酒(ビール、日本酒などの穀物を原料としたもの、また果実酒)

制限中にオススメ食べてほしい食材

主食以外にも細かく見て行くと気になると思いますが、タンパク質やミネラルは必須です。
不足すると痩せる以前に健康に問題が起きるので是非積極的に食べましょう!
肉、魚類(赤身、青魚がオススメです。ビタミン、タンパク質を効率よくとれます。脂質は控えましょう。)葉物野菜(ホウレンソウ等、葉物はビタミンと食物繊維に優れるためオススメです。)アボカド(満腹感もありながら食物繊維たっぷり、ビタミンEが多いです。また、アボカドの脂質はオレイン酸というものでコレステロールを下げる働きのある植物性脂質なので問題なしです!食べ過ぎは禁物)海藻類(カルシウム、マグネシウム、ビタミンなどのミネラルが豊富でオススメ!)

・ひきわり納豆(鉄分、ビタミンD、K等ミネラル分やカルシウムの吸収を助けたり優秀な食材です。)

紹介した食材以外にもバランスよく栄養素を取る事が一番オススメです

口をすっぱくして何度もいいますが、バランス良く栄養を摂取して制限するのが一番のオススメです。
糖質の高いものに気をつけて、肉、野菜、海藻など万弁なく食べてくださいね^^

糖質制限によるメリット

糖質制限は実はダイエットだけではなく、他にもいい効果があります!

生活習慣病の予防

血糖値の上昇による糖尿病を防ぎ、中性脂肪も減らしやすくなることから肥満による高血圧予防など生活習慣病の予防に効果的です。

アンチエイジング効果

高血糖の状態は体内の酸化ストレスがかかります。酸化ストレスが高い状態が続くと血管が傷つけられ、若々しい体を保てなくなります。
糖とたんぱく質が結合し糖化すると生成される物質はコラーゲンなどにダメージを与えるため肌のハリが失ったりしわが出来たりしてしまいます。

上記二つを防ぐ事でアンチエイジング効果に期待ができます!

メンタル面の安定

インスリンが大量に分泌されると血糖値が急激に下がってしまいますが、その時に脳が血糖値をあげようとアドレナリンなどのホルモンを分泌してしまい、イライラしたり攻撃的になったりしてしまうんですね。

インスリンの分泌を抑え穏やかにする事で精神的な安定も期待できるようになります。

糖質制限によるデメリット

良い事だけでは近年まで議論は続きません。デメリットも見てみましょう。

人によってはストレスがすごい

主食を抜く事は今まで当たり前に食べてきていたものの一つが無くなるという事で、その違和感と物足りなさは時にストレスとなって襲ってきます。

便秘になりやすくなる。

主食から得ていた食物繊維、水分を他のもので補わなければいけないため不足しがちになり便秘になりやすくなってしまいます。
便秘も続くと悪影響であるため気をつけるポイントです。

金銭面

裕福な人には関係ないかもしれませんが、主食を抜いた時に物足りないですし必要な栄養素を補う事からお肉や野菜を多めに食べなければいけません。
主食よりも高価なものが多いため意外と経済的に首を絞めたりもします。

まとめ

他にも科学的にも議論が続いて、良い点悪い点たくさん出てきています。
ですが、結果的に糖質制限で体質改善出来た方やよかったと思う方の割合が多いのも事実です。

体と向き合ってバランスよく楽しく取り入れるのが一番いいのではないでしょうか^^

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
yakemaru

北海道在住。 自由に知りたいと調べたものをまとめて共有していきたいと思ってます。 ∞に横広がりにつながる可能性を秘めたインターネットで文字による時間を超えたつながりを目指して。 実績がたまればシェアチューブブログなど派生していきたいですね。