• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
アマゾンでポイントを3重取りする方法

サムネイル出典:

アマゾンでポイントを3重取りする方法

Author:
jedijedi
Posted date:
アマゾンでポイントを3重取りする方法

アマゾンとは

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。一部の地域でネットスーパー(Amazonフレッシュ)事業を展開している。

2014年現在、Amazon.comがアメリカ国外でサイトを運営している国はイギリス、フランス、ドイツ、カナダ、日本、中国、イタリア、スペイン、ブラジル、インド、メキシコ、オーストラリア、オランダの13国である。

経営上の特徴

Amazonの経営的特徴は、「顧客中心主義」「発明中心主義」「長期的視野」を掲げ事業を行っていることである。ジェフ・ベゾスは、アメリカ国内で最大規模の書店は最大で20万点の書籍を扱っているが、インターネット書店であれば何倍もの種類の商品を扱うことが可能、と期待し、設立当初の4〜5年の期間は利益が十分に上がらないことを戦略として予測した、ことが特徴的である。

一般の小売業と異なり「当社は、売上高や利益を最大化することではなく、フリーキャッシュフローを最大化することを目的にしている」と株主宛へのAnnualReportに記し、通期決算で赤字決算となることもある。1997年のナスダック上場以来、株主に対し配当を配ったことがなく、2014年時点で17年連続で無配を継続していることに対し株主が拍手喝采している株式会社的企業といえる。 2000年にアメリカを中心に起こったネット不況によって、この戦略の妥当性は裏付けられた。1990年代末に多くのIT企業が急激な勢いで成長を遂げる中、Amazon.comは堅調な成長を続けた。Amazon.comの「低速な」成長は投資家にとっては不評であったが、インターネット・バブルがはじけ多くの企業が姿を消す中、堅調な成長に支えられて2002年の第4四半期にも最大の利益をあげることができた。[要出典]

日本企業は「Amazonは日本に対し法人税を納めておらず、またダンピング販売をしているために競争環境が違いすぎ、設備投資等ができない」、日本の電子書籍販売事業者は「アマゾンの販売する電子書籍には消費税がかからず不公平」と批判する。一方で、株主への配当は継続するという矛盾行動を取っている。日本企業の多くも、Amazon同様、株主に配当を配ることを中止すれば設備費用等の費用は確保することはでき、競争環境の差はほとんど見られないといえる。[独自研究?]

2014年5月、国際労働組合総連合は、従業員をロボットのごとく扱う労働・業務環境や納税回避を理由に、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスを世界最悪の経営者として選出した。

2015年8月、アマゾンは非情で悲惨な職場環境であるとニューヨーク・タイムズが報じたが、ジェフ・ベゾスは反論している。

みんなが聞きたい3重取りする方法

 アマゾンでの買い物で代金を支払うとき、その方法には代引きやコンビニ決済、そして多くの人が利用しているクレジットカードがある。もしクレジットカードで決済しているのなら、なんと次の方法でポイントの3重取りができるのである。
 まず、クレジットカードが運営しているポイント優待サイトにアクセス。続いて、そのサイトとアマゾンが提携をしていることを確認する。提携がされているのなら、サイト経由でアマゾンにアクセスし、商品を購入することで、ポイントの2重取りが可能になる。最後に、購入時にクレジットカードで決済すると、クレジットのポイントが付与される。これで最大、ポイントが3重にゲットできるのである。
 これはアマゾンだけでなく、楽天などのショッピングサイトでも可能な方法だ。気を付けたいのは、アマゾンでは「ポイント対象商品」というものがあり、これを買わないとポイントがつかない。しかも商品によってポイントの付与率は異なるので、買う前に商品詳細ページに記された、ポイント数と付与率をチェックしよう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
jedi

Sharetuberです。趣味はゲームです。日常のちょっとした雑学を広めています。もしよかったら見ていってください。