• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
投資の儲けから税金が差し引かれない制度とは

サムネイル出典:

投資の儲けから税金が差し引かれない制度とは

Author:
jedijedi
Posted date:
投資の儲けから税金が差し引かれない制度とは
 手持ちの株式が値下がりしたとき、実質的には、購入したときとの差額を支払ったことになる。しかし、値上がりして儲けを出しても、支払わなければならないお金がある。税金である。
 たとえば、100万円の株を購入してそれが2倍に値上がりした場合、売却益は100万円となるが、そのうちの20%である20万円は税金で持っていかれる。この20万円がもったいない。そこでおすすめしたいのが「少額投資非課税制度」、いわゆるNISAだ。
 NISA口座では、投資で儲かったらかかる税金がなんとタダになる。100万円の利益が出たらまるまる100万円受け取れるのだ(ただし、売買手数料や運用管理費用はかかる)。
 もちろん、投資は貯蓄と異なり、購入した株が値下がりしてしまうこともあるし、最悪の場合は紙切れ同然になる可能性もゼロではない。だが、ローリスクの投資商品もあり、多少のリスクはあっても、銀行の定期預金より多い利息を受け取りたい人にはいいかもしれない。ちなみに、株で損失を出した人は、確定申告で控除が受けられるので覚えておいた方がいいだろう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
jedi

Sharetuberです。趣味はゲームです。日常のちょっとした雑学を広めています。もしよかったら見ていってください。