• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本人にとって大切なソウルフードの納豆

日本人にとって大切なソウルフードの納豆

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
日本人にとって大切なソウルフードの納豆
ほぼ日本だけで食べられ、ソウルフード的な食卓のお供の納豆の、おいしい料理などのご紹介まとめです。

納豆とは

納豆(なっとう)は、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の発酵食品。各種が存在するが、現在では一般的に「糸引き納豆」を指す。菓子の一種である甘納豆とは別物である。
骨にカルシウムを与えて強固にするビタミンK2などのビタミン類やミネラル(マグネシウムなど)、食物繊維、腸に良い乳酸菌、蛋白質が含有されている。骨にも良く、免疫力を高める健康食である。長寿国日本の長生きの秘訣として、各国の健康志向の高まりに伴い、国外でも臭いを弱めたものなども含めて人気を博している。

出典:納豆 - Wikipedia

	

大豆を納豆菌で細菌発酵させた発酵食品である。日本全国の食品売り場で容易に手に入れることができる。
納豆の食べ方は、人による好みだけではなく地方差もあり、各種ある。いわゆる納豆ご飯として、白米を炊いたご飯に納豆を載せて一緒に食べることが多い。
納豆をふんわりとした食感で食べるためには、糸を引いて空気を含むように良く練ることである。これは、先にタレなどを加えると水分過多となってしまい粘りがあまり出なくなってしまうからである。一種のアイディア商品として、納豆を混ぜる専用のスティックも売られている。
この糸引きは、食品のうち納豆ならではの特色である。納豆業界が開催する全国納豆鑑評会では、風味のほかに糸の引き具合が審査項目となる。
醤油やタレの他、和ガラシを加える食べ方が一般的だが、鶏卵やウズラの卵、ネギ、ミョウガ、大根おろし、とんぶり、削り節、海苔、青海苔などを合わせて食べることも多い。ナガイモ(とろろ)、メカブ、オクラ、なめ茸など、納豆同様に粘り気がある食品と混ぜることも広く行われる。とろろ、オクラなどのほかマグロ刺身と一緒にご飯に載せた料理は飲食店で「ばくだん丼」と称される。

出典:納豆 - Wikipedia

	

ネギやからしを加えると納豆のアンモニア臭を抑える効果があり、優れた薬味ともいえる。ネギやからしを途中で加えずに、蕎麦のネギやわさびと同様に最後に少しだけ載せたり、からしの代わりにワサビを載せたりする場合もある。
	

おいしい納豆料理の数々

納豆ごはん

超定番な納豆料理、というか、納豆をごはんにかけるだけです。

納豆カレー

納豆をカレーに乗せたり混ぜたりする絶妙なメニューです。
最近ではお店などのメニューでも。

納豆トースト

本来和の食材ですが、意外とパンともよく合います。

納豆料理動画ギャラリー

	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。