• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
おいしく格安で自炊できる食材もやし

おいしく格安で自炊できる食材もやし

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
おいしく格安で自炊できる食材もやし
昔から量が多いのに激安で、食材として人気のもやしです。意外と食べ方にもバリエーションがあり、飽きのこない食材として活躍中。

もやしとは

モヤシ (もやし、糵、萌やし) とは、主に穀類、豆類の種子を人為的に発芽させた新芽。
豆類のモヤシを特に豆もやし (ビーンズスプラウト、ビーンスプラウト、Bean sprout) という。豆もやしは、豆自体または、発芽した芽と茎を食用とする。
呼称は「萌やす」 (発芽させる意) の連用形であり、本来は穀類の新芽作物一般を指す語である。

しかし、近世に緑豆モヤシが大いに普及したため、単にモヤシと言った場合、緑豆モヤシを指すことが多い。カイワレダイコン、ブロッコリーなどのいわゆる新芽作物 (スプラウト、英: Sprout) もモヤシの一種ということになる。

原料のブラックマッペ (ケツルアズキ) は、戦後にタイ、ミャンマーからの輸入が始まり、中華料理の普及と共に1965年 (昭和40年) 頃からブラックマッペもやしの消費量が増加した。以後、1985年 (昭和60年) 頃になるとスーパーマーケットに定着し、ラーメンや鉄板焼き (ジンギスカン鍋) の需要から人気は急激に高まった。手軽に購入でき多様に調理が出来るブラックマッペもやしの普及にしたがい、生産コストの高い小豆もやしや大豆もやしは衰退した。それまでの「豆もやし」の代表であった「小豆もやし」は食味と食感が似る「緑豆もやし」に駆逐され、1990年以降、急激にとって代わられた。

関東では緑豆・大豆を使った、色が白く太めでシャキシャキ感のあるものが好まれる。関西ではブラックマッペを原料とし、どちらかといえば細くて長く、もやし特有の風味があるものが好まれるようである。青森県には大鰐温泉もやしという長さ30cm程度の大豆もやしが存在する。
	

もやし料理の数々

おひたし

まずは王道、もやしのみで作れる、シンプルなおひたしです。

もやし炒め

もやしだけの、もやし炒め。ちょっとさみしく見えますが、もやし好きならこれだけでいけます。

ニラもやし炒め

ちょっと工夫して、ニラもやし炒め

すこし豪華にすれば、肉もやし炒めにも。

トッピング

安価で量が増やせることもあり、ラーメンの具に大量に使われたりもします。

もやし鍋

茹でるだけでおいしく食べられる野菜ですので、手間いらずで鍋のボリュームを増やせるのが魅力です。

もやしスープ

鍋同様、汁物にはうってつけです。

味噌汁

			

最近ではもやし料理専門店なども!!

安価で栄養豊富、さまざまな料理に応用可能な便利なもやすは、近年、その専門店も登場するほどです。

料理紹介動画

	
	
	

参考情報

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。