• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ご意見番ではない!元祖R&Bの女王・和田アキ子さんの格好良さ・今あなたに伝えたい
殿堂

ご意見番ではない!元祖R&Bの女王・和田アキ子さんの格好良さ・今あなたに伝えたい

Author:
原田サキ原田サキ
Posted date:
ご意見番ではない!元祖R&Bの女王・和田アキ子さんの格好良さ・今あなたに伝えたい

なぜかアンチ多し。あれは仮の姿なのだ

テレビで「ゴッドねえちゃん」「ご意見番」としてのキャラが確立されてしまった和田アキ子さん。彼女の曲と歌声がすごく好きなのですが、誰も興味持ってくれません。ネット上ではアンチも多いし、他の芸能人やコメンテーターと似たようなコメントもキツク聞こえるのでしょうか。

「偉そう」「お酒飲むとひどいらしい」「意見が上から目線」なんてイメージがすっかり定着してますが、タレントではない、シンガーとしての和田アキ子さんの素晴らしさを、デビュー50周年のこの年に改めて知ってほしいのです。恰好良くてしびれますよ!

まずは数々の発言などなど

●ただしご本人は「ご意見番」の立ち位置を好んではおらず、このような発言があるようです。
上記のいわゆる「上から目線」は反省する面があると自覚しており、なぜ年々発言が過激になっているかについて、最大の理由は「所属事務所のホリプロのみにとどまらず芸能界全体において先輩の刃向かえない立場の芸能人の死去や引退等による「叱ってくれる人がいなくなった」」と自身の番組やゲスト出演した番組で何度もあげており、そのまま自虐ネタにするときもある[46]。

出典:和田アキ子 - Wikipedia

ウィキペディアより。いつの発言か不明ですが「虚構が独り歩きしてる」という発言も見かけたことがあります。

「和製R&Bの女王」の触れ込みでデビュー!

日本を代表するシンガー。1968年10月25日「星空の孤独」でデビュー、和製R&Bの女王と称される。「笑って許して」で紅白初出場。1972年「あの鐘を鳴らすのはあなた」で日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。2008年ブラック・ミュージックの殿堂ニューヨーク「アポロシアター」にて海外公演を成功させる。2015年、ソウル・アルバム『WADASOUL』をユニバーサルミュージックよりリリース。

出典:Biography - 和田アキ子 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN

UNIVERSAL MUSIC JAPANの公式より、50年は長いので、さすがに短めにまとめて紹介してあります。
●和田アキ子さんは大阪生まれ。そうとうヤンチャだったそうですが、早くから洋楽に憧れジャズ喫茶などで歌っているところをスカウトされてデビュー。大柄な体格とパワフルな歌声で「和製R&Bの女王」と称され、アポロシアターで初の日本人の単独公演も行っています。

また、子宮がんで子宮を摘出する苦しみを乗り越えていたり、実はあがり症だったりする可愛い所も。若い頃。背が高くスリムでお綺麗です。男前でもありますね…

映画に出演したときの画像のようです

シビレる曲と歌声、まずはこれを聴いてみて!

おなか一杯、と言われそうですが5曲ご紹介です。
「真夏の夜の23時」最近のブームで毎日聴いています。お洒落でいてパンチが効いてます。
「古い日記」今まで「歌謡曲」として聴いていましたが、改めて聴きなおすと、パワフルでソウルフルです。男性がモノマネすることが多いのも納得です。真似してみましたが、この声と歌い方はなかなか難しかったです。
「R&B ソウル・メドレー☆9☆和田アキ子&つのだ☆ひろUPC‐0314」
本領発揮!音域が狭いのかな?と思ってましたが高音も、シャウトもかっこよすぎです!楽しそうな所も良いです。それにしても上手いですね。
「もう一度ふたりで歌いたい」名曲です。「あの鐘を鳴らすのはあなた」のように、ゴスペル風のアレンジも声質や歌い方に合ってます。
「Unchain My Heart」抑え目な歌い方になっていて、渋い。ギターのお2人ともに素敵です。
●歌謡曲寄りの曲よりも、本格的なR&B、ソウルの方が本領発揮している感じがしますね。

知らなかった!サマソニに出演も!

たくさんのバンドやミュージシャンが次々とステージを披露し、音楽ファンがたくさん集まるフェス。知らなかったのですが、サマソニやそのほかのフェスに出演しているんですね。ニュースになると「盛り上がるわけがない」なんて意見がネットでも溢れて悲しくなりましたが、感想を見ると相当盛り上がったそうです。
すごい人数が集まってます!これではステージが遠くて見えませんね、みなさんタオル振り回して盛り上がってそうです。
昨日の氣志團万博全出演者皆最高だった!中でも和田アキ子さんの存在感がサマソニで観たメタリカぶりに震えた《(;´Д`)》
メタリカ並みの存在感とか!世界の重鎮レベルではないですか!
8/21サマソニ幕張RAINBOW STAGE和田アキ子、やはりというかさすがというか、いきなり「古い日記」で「ハッ!」、さらに「笑って許して」で「アッコ!」の大合唱。すごいたたみかけかた。
このツイートだけで、どれだけ盛り上がったかよくわかりますよね!
サマソニを機に和田アキ子のコピバン出てきたりしねえかな。最高にロックだと思う
こんなご意見も。目の付け所が面白いですね。よほどかっこよくて楽しくて、インパクトあったのだろうなあと感じます。
●ライブレポがほとんどないのでツイッターより。絶賛の声ばっかりで嬉しくなってしまいました!

フェスにも色々ありますが、どちらかといえばアッコさんは本来は洋楽志向。海外のバンドやミュージシャンが多数出演して、洋楽好きが比較的多いフェスは相性がいいのかもしれません。さらにツイートを見ると、コアな音楽好きにはこれから徐々に支持されていきそうな気がします。

必ず泣いてしまうこの曲で締めです

「ご意見番」の和田アキ子さんには興味がないし、もっとたくさんの曲をおススメしたかったなあ。

都会的でジャジーな「REACH OUT」、やさぐれた感じの「一人酔い」、「悪い奴」「Kanashi Uta」などなど。動画が無くなり残念ですが「悲しい色やね」のカバーは涙がでます。有名すぎるので「あの鐘をならすのはあなた」は、あえて外してみました。

とにかくあの腹から出るパンチのある歌声、しっとりしながらも力強さを感じるバラード、ソウルフルな歌唱力が好きで皆に勧めても反応がいまいちなのですが、いかがでしたでしょうか?

「デビュー50周年」。どんなシンガーも加齢や病気などで声の伸びや声質や歌い方が変わっていきますが、歌い続ける、一つの事を続ける、それはすごいことですよね。

最後に、どれだけ好きでも進む道が違って結ばれたり、結ばれなかったり。それをあえて受け入れる女性の切なさ、強さを歌った大好きなこのバラードで。
「コーラスガール」です。聴くとなぜか必ず泣いてしまいます。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
原田サキ

3年ほどウェブライターをした後、現在は再び会社員に。 世の中に溢れる、隠れるたくさんの情報、特に社会的な疑問を色々と発信したいです。 個人的な趣味も♪