• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
みんな大好きスタミナ食材のにんにく

サムネイル出典:

みんな大好きスタミナ食材のにんにく

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
Update date:2017年05月12日
みんな大好きスタミナ食材のにんにく
昔から日本ではスタミナ料理の食材として定番となっている、ほっこりとしたおいしいにんにくグルメの紹介まとめです。

にんにく

ニンニク(蒜、大蒜、葫、忍辱、学名:Allium sativum)はヒガンバナ科ネギ属の多年草で、球根(鱗茎)を香辛料として用いる。かつてクロンキスト体系による分類ではユリ科に属していた。
日本ではニンニクやノビル(野蒜)など鱗茎を食用とする臭いの強い(ネギ属の)植物を総称して蒜(ひる)と呼んでいたが、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称した。生薬名は大蒜(たいさん)。語源は困難を耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされる。
日本では、昔からスタミナ料理の食材の代表格とされている。

5月頃に白い小さな花を咲かせるが、栽培時には鱗茎を太らせるために花芽は摘み取る。摘み取った茎は柔らかい物であれば野菜として利用される。
一般的に見かけるニンニクは分球ニンニクがほとんどであるが、一片種と呼ばれる中国のプチニンニクなどの品種もある。

中国が世界のニンニク生産量の8割を占めている。
日本国内の流通においては、国産ニンニクの80%を青森県産が占め(市町村別では、十和田市が最も多く生産している)、次いで香川県の出荷が多い。青森県田子町は早くからブランド化に取組んだ。中国内でも、青森県産ニンニクはブランド化している。

肉の臭みを消し、料理に食欲をそそる香味を付与する。香味野菜の代名詞的存在であり、中国料理、イタリア料理、フランス料理、など、さまざまな料理に用いられる。
日本では餃子の具として多く使用される。また香辛料として焼肉などのタレに使用する事も多い。ラーメンの具や香辛料としてもポピュラーであるほか、皮付きのまま丸ごと揚げたり焼いたりして提供されることもある。高知県の一部地域では葉ニンニクも使われている。
中華料理・イタリア料理などでは、調理油でまず最初にニンニクのみじん切りを炒め、油に香りを移す調理法が多用される。油が冷たいうちにニンニクを入れ、弱火で炒めるのがコツである。火を強くするとすぐに黒く焦げて、苦く、又焦げ臭くなる。

出典:

	
	

にんにくスタミナ料理の数々

にんにくホイル焼き

にんにくそのものをがっつり楽しむならこれ!

フライドガーリック

臭みが消えホコホコ感だけ楽しめます。

にんにくの丸揚げ

これまたがっつりとにんにくを!

にんにくの串焼き

			

ガーリックチャーハン

にんにくをたっぷり味わえます。

スタミナラーメン

たいてい日本でスタミナラーメンというと、がっつりにんにくが乗っています。

にんにくの味噌漬け

生で楽しむなら漬物に

にんにくたまり漬け

			

天ぷら

			

スープ

			

動画ギャラリー

	
	
	
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。