• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
デカ過ぎて我が目を疑う巨大ピザ画像集

デカ過ぎて我が目を疑う巨大ピザ画像集

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
デカ過ぎて我が目を疑う巨大ピザ画像集
小麦粉で土台を作って具材を乗せて焼き上げる、イタリア料理で日本でも人気のピザの、既成概念を打ち破る脅威の画像集です。

ピザとは

ピザ(伊: pizza)は、小麦粉、水、塩、イースト、砂糖、少量のオリーブ油をこねた後に発酵させて作った生地を丸く薄くのばし、その上に具を乗せ、オーブンや専用の竃などで焼いた食品である。ピッツァとも言う。小サイズのものは、区別してピッツェッタ(伊: pizzetta)と呼ばれることもある。
イタリアで生まれ、世界的に広く食べられている料理である。また、ピザの発祥がリトアニアという説もある。

日本で初めて紹介されたピザはなかなか一般的ではなかったが、1980年代後半より始まったバブル景気の最中(さなか)に起きたイタリア料理ブームに伴い、次第にイタリア風のものも広く知られるようになっていった。
日本を含む先進各国では、家庭向けの冷凍食品からレストランや専門店などの飲食店で提供されたり、あるいは電話などで注文する宅配サービスでも購入することができるため、一般になじみのある料理である。
数多くのレシピが存在し、地域にある産品を取り込んだご当地グルメ的変化を見せるものも存在する。料理として提供される場合には、好みによって様々な食材が選択可能であることにもちなみ、広い層に人気のある料理である。

出典:

	

一般的な作り方は、生地(ピザクラスト)の上にトマトソースを薄く塗り、野菜や肉などの具とチーズを乗せる。窯やオーブンで焼き、生地に火が通ってチーズに軽い焦げ目がつけば出来上がり。ただし、トマトソースを使わないピザや、チーズを使わないピザもある。トマトソースを使わないものをピッツァ・ビアンカ(白いピッツァの意)と言う。
大きな窯を用いて焼く場合にはピザピールなどの道具を用いて出し入れを行う。
現在は、従来よりも本格的なピザが冷凍食品として出回るなど、一般食品としても定着している。

ピザ協議会の調査によると、2010年(平成22年)度の日本におけるピザ末端売上高は、2,271億円に達している(1980年度は約500億円)[7]。なお、沖縄県では戦後、長期間に亘ってアメリカの統治を受けた影響もあり、本土よりも早くピザが普及し、現在はすっかり県民の食生活に定着しているが、歴史的経緯からアメリカ風ピザがほとんどである。

出典:

	
	

とんでもない巨大ピザ画像

とりあえず何かがおかしい。俗にシカゴピザなどがこの厚みで作ったりするが・・・みんなこの厚いピザを頬張って食べるのだろうか。
いや、おいしそうだけど。

これが宅配で来たら焦ります。

正直ある朝これが家や庭にあったらテロを疑うレベル

伸ばすのも一苦労でしょうね。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。