• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
どう食べるのかも疑問な巨大ハンバーガーの数々

どう食べるのかも疑問な巨大ハンバーガーの数々

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
どう食べるのかも疑問な巨大ハンバーガーの数々
アメリカを中心に世界中で人気のファーストフードの一種であるハンバーガーの規格外な巨大な品の紹介。

ハンバーガーとは

ハンバーガー (hamburger) とは、焼いたハンバーガーパティを専用のバンズに挟み込んだサンドイッチの一種。
アメリカ合衆国を代表する国民食であり、ファーストフードの一つとして各国にフランチャイズ展開がなされている事から広く知られている。
サンドイッチの中でハンバーガーとホットドッグ、サブ(形がサブマリンに似ているため)が独自の名称を持つが、ハンバーガーもあくまでサンドイッチの一種である。

オーソドックスな調理例としては牛(又は牛豚合)挽肉、塩コショウ、とナツメグを適量振りかけて混ぜ込んだミートパティを作り、テニスボール大の大きさに丸めてから平らに引き延ばして両面に若干焦げ目がつくくらい加熱して、トーストしたバンズに乗せてからミートパティにケチャップをかけ、サンドにして食す。好みでマスタード、ピクルス、トマト、チェダーチーズスライス、刻みレタス、刻みタマネギ、ベーコン、スライスチーズ、その他をパティの上にトッピングする。手で持ち齧り付くのがポピュラーな食べ方である。

レストラン等で食べる場合はナイフ・フォークを使用する事もあるが、ファストフード店でそれらを使用せず食べる場合、ウェットタイプなどと呼ばれるミートソース等液状の食材を用いたものは紙袋(バーガー袋)に入れて食べられる場合がある。フレンチフライが添えられる事、またセットメニューとして同時に食べる事も多い。
パンの代わりにご飯やレタスを用いたものや、肉の代わりに大豆タンパクなどを用いたベジタリアンのための「ヴェジーバーガー」(Veggie burger)など、多種多様となっている。

日本に初めて上陸したバーガーショップは沖縄県屋宜原にあるA&W屋宜原店である。またこれはバーガーショップとしてではなく、ファーストフード店として日本初である。同社はマクドナルドやKFCより10年も先駆けて日本に上陸している。日本には各種の店舗があり、独特なハンバーガーを売り出したり、「ご当地バーガー」という地域おこしの為のご当地グルメも見られる。また、ハンバーガー専門店以外の飲食店、個人店の他に、ハンバーガーチェーン店も多い。
	

巨大バーガー例

庶民の手軽に食べるファーストフードとして日本でも急速に広まったハンバーガー。
それが、何を思ったのか、突如巨大化ブームが!!

もうどうやって食べるのかわからないレベル

どうしてこうなった!?的ハンバーガーですね。

どうやって食べていいやらw

ちょっと意味がわからないww
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。