• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【毎晩、聞こえるあえぎ声…。】埼玉女児放置事件 虐待に手を染めた母親の性生活とは

【毎晩、聞こえるあえぎ声…。】埼玉女児放置事件 虐待に手を染めた母親の性生活とは

Author:
RRRRRR
Posted date:
【毎晩、聞こえるあえぎ声…。】埼玉女児放置事件 虐待に手を染めた母親の性生活とは

繰り返される虐待事件!愛娘に手をかける母親の心理に迫る!

埼玉県警は2016年1月に、顔にヤケドを負った娘を病院に連れて行かず放置したとして、同県狭山市のマンションに住む母親で無職・藤本彩香容疑者(22)と同居する内縁の夫で空調設備作業員・大河原優樹容疑者(24)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。

「起きたら娘が冷たくなっていた」

ロープで拘束したり食事を与えなかったり、口元にはやけどの跡が大きく残る…。

この二人は日常的に虐待を行っていたという。

お腹を痛めて産んだ我が子を虐待していた母親はどういう気持ちだったのか?本性に迫る。

元キャバ嬢で恋愛体質。母親の藤本容疑者の素顔は?

藤本容疑者は前職は同県川越市のキャバクラ嬢として働いていたそうです。

知人女性によると「恋愛体質で彼氏ができると夢中になってしまう」と話す。

「16~17歳のころ、実母と神奈川県から引っ越してきました。18歳のころ結婚し、長女を出産。羽月ちゃんを妊娠中に元夫と離婚し、少なくとも3人の男と付き合ってきた。大河原との交際に反対した実母のもとを離れ“ママとは縁を切ったけど家族4人でがんばろう”と宣言して新生活を始めたんです」(知人女性)

しかし、彩香容疑者の母親の証言によると
「家に帰ったら娘が羽月ちゃんをトイレに閉じ込めていた。どうしてこんなことをするのか」
とこぼすのを聞いた。

また、「羽月ちゃんは自分で進んで何かをしようとせず、ビクビクしていつも彩香容疑者の顔色をうかがっていた。1歳半の子供の反応じゃなかった」とも話す。

出典:女児放置死事件 容疑者宅「毎晩のように部屋からあえぎ声」 |...

	

内縁の夫である大河原容疑者は優しい父親に見えたが…。

同居していた内縁の夫、大河原容疑者は空調設備の仕事をしていて、会社の同僚や知人によると真面目に働いていたようだ。

「仕事は真面目にやっていましたし、今でも信じられない」(大河原容疑者の同僚) 

「(大河原容疑者は)6人きょうだいの長男で、弟・妹の面倒もみていた」(大河原容疑者の知人) 

近隣住民によると、大河原容疑者は当初、連れ子の姉妹を可愛がった。家族で居酒屋によくご飯を食べに行き、10円ガムを買ってあげ、仲よく手をつないで散歩していた。

「閉店後、大河原容疑者が訪ねてきて“娘がケーキを食べたいっていうんです”と言うので、わざわざシャッターを開けてケーキを売ったこともあった」(近くの商店主)

一方、藤本容疑者は新生活を始めて間もない昨年5月下旬ごろ、大河原容疑者の子どもを妊娠した。

出典:女児放置死事件 容疑者宅「毎晩のように部屋からあえぎ声」 |...

	

毎晩のように部屋からあえぎ声が…。

近所の住民は「毎晩のように部屋からあえぎ声が漏れていた」と話す。

お腹が出てこないタイプだから目立たなかったというが、なんとこの3月上旬にも出産予定である。

藤本彩香容疑者は妊娠しているにも関わらず虐待をしていたのだ。

しかし、両容疑者は逮捕時まで婚姻関係には至らず、正式な夫婦でも親子でもない日々を送った。なぜ、籍を入れなかったのか。

二人は何回か別れ話が持ち上がっていた。ただ、結局はヨリを戻してまたケンカして…。を繰り返していたため結婚に踏み切れなかったようだ。

ケンカや別れ話が続いた時期、“夫婦関係”にも微妙なズレが生じていたようだ。
昨年11月ごろから、男女の営みの声がパタッとやんだという。

出典:女児放置死事件 容疑者宅「毎晩のように部屋からあえぎ声」 |...

	

夫婦関係の亀裂が虐待に向かう??

夫婦関係の亀裂や度重なる衝突の矛先が、甘えたい盛りの羽月ちゃんに向かったようだ。

ただ、羽月ちゃんを溺愛していたという知人女性の証言もある。
「羽月ちゃんは目がクリッとしたかわいい子。お化粧に興味を示し、彩香は“一緒にやろうね”って爪をかわいく塗ってあげていた。子煩悩というよりも“子ども命”。事件はどうしても考えられない。二重人格だったのかなと思ってしまう」

羽月ちゃんにはお姉ちゃんがおり、長女は虐待を受けていなかったようだが、なぜ次女だけが虐待をされていたのか?

彩香容疑者は、「羽月ちゃんが元夫に似ているからムカツク」と証言している。

子供が2人もしくは複数いた場合、その中の1人がターゲットになることが多いそうだが、直接被害がない長女も虐待の現場を目撃しているため、精神的な影響が考えられる。

出典:女児放置死事件 容疑者宅「毎晩のように部屋からあえぎ声」 |...

	

母らLINEで虐待やりとりか「帰ったらやろうね」「次わどういう虐待しよっか?キャハハw」

藤本彩香容疑者と大河原優樹容疑者は、携帯電話の無料通信アプリ「LINE(ライン)」で虐待をうかがわせる内容のやりとりをしていたことがわかっている。 

両容疑者の携帯電話のLINEには「(虐待を)帰ったらやろうね」という内容が書かれていたという。 
さらに、やけどした羽月ちゃんの画像を送信する際に「はづの顔まぢゃばいw」と送り、大河原被告が「ん?W」と返信するなど「笑」を意味する「w」や「W」を多用して遊び半分で虐待を行っていた様子がうかがえる。

他にもぐずったりする様子を藤本被告から報告される度に「帰ったら口だな」などと虐待を暗示するような返信をするやり取りもあった。「口」とは口に布巾を詰めてテープでふさぐことで、他にも手をネクタイで縛ることを「手」、首を鎖につなぐことを「首」と称していたことがLINE上のやり取りなどから明らかになり、周囲にバレないように暗号を使いながら、虐待を行っていたようだ。

悲痛!親の前で土下座をする子どもの姿が…。

友人が藤本容疑者の自宅に訪れた際に撮影された写真には、怯えながら土下座で謝る姿や顔にアザをつくっている痛ましい姿が写されてた。

見逃されたSOSのサイン

実は羽月ちゃんを助け出すチャンスはあった。
「布団にくるまっている子どもが玄関前に出されている」など、近隣の住民から2回にわたって110番があったため、狭山署員が両容疑者から事情を聴いたが、羽月ちゃんの体に外傷がなかったことなどから児童相談所に通告しなかった。 
県警は当時の対応などについて、「被害者の死亡に至る経緯を含め全容を解明中なので、結果を見て判断する」としているが、本当にこの対応が正しかったのかは疑問である。

さらに、住民の中には羽月ちゃんへの虐待をうかがわせるサインを感じていた人も。 
容疑者宅と隣接する青果店店主(65)は昨年末に子どもの泣き声を聞いた。 
「2時間ほど泣き続けていた。3歳と聞いて驚くくらい小さかった」。 
近所に住む20代男性も「母親が怒鳴っているところを見掛けた」という。 

狭山市によると、羽月ちゃんは昨年6~7月の2カ月間、市内の保育所に在籍。 
「家庭での保育が可能になった」として退所していた。 

また、同市は羽月ちゃんの乳幼児健診が未受診であったことから、容疑者宅を訪問し、藤本容疑者や羽月ちゃんらと面会。 
「発達、発育に問題はない」と判断していたが、「3歳と聞いて驚くくらい小さかった」という証言があるなか、本当に問題はないと判断したのだろうか?

保育園もわずか2ヶ月の間だが、虐待に気がつかなかったのだろうか?

出典:女児放置死事件 容疑者宅「毎晩のように部屋からあえぎ声」 |...

	

「どれだけ後悔しても謝ってもはづは帰って来ない」

これまでの公判で、大河原被告が1月に拘置所で書いた手紙の内容が弁護側から明かされた。

主な内容は以下の通り。

羽月へ

はづ(羽月ちゃん)がいってもう1年になりました。本当だったら去年の8月でもう4歳。今年で5歳だった。ゆう(大河原被告)とママのせいで迎えることができませんでした。

初めて会ったときはすぐになついてくれたね。

初めて泣いている羽月をあやしていたら2人して(藤本被告に)怒られたね。
羽月の怒り方のことで何度もけんかしたね。

怒られたり、“口”も“手”も嫌だったよね。水掛けられて冷たかったよね。やけどだって痛かったよね。

せめてやけどした時ちゃんと病院に連れて行っていれば。
どれだけ後悔しても謝ってもはづは帰って来ません。

天国で幸せになれるよう祈っています。

出典:女児放置死事件 容疑者宅「毎晩のように部屋からあえぎ声」 |...

	

互いに罪をなすりつけ合う

初公判では、法廷に姿を現した藤本被告は犯行当時、大河原被告との間の子供を妊娠しており、育児ストレスと相まって虐待を行っていたと話した。

大河原被告が否認した傷害罪や虐待の多くについて「彼(大河原被告)がやりました」と主張し、大河原被告の弁護側の主張と食い違っていた。

お互い罪をなすりつけ合うような証言をしているように思える。

出典:女児放置死事件 容疑者宅「毎晩のように部屋からあえぎ声」 |...

	

「助けられなかったのではなく助けなかった」両親とも思い懲役刑に

さいたま地裁は十五日、保護責任遺棄致死の罪などに問われていた母親の藤本彩香被告(24)に懲役十三年の実刑判決を言い渡した。 

同居人で交際していた大河原優樹受刑者(26)は同罪などで懲役十二年六月が確定。 

大河原被告人は「取り返しのつかないことをした。公開してもしきれない」「つらい思いをさせて本当にごめんなさい」などと涙ながらに述べた。

Twitter上の反応はコチラ↓

【埼玉3歳女児虐待死事件】6/15は藤本彩香の判決公判。その後は報道もされなくなるだろう。来年の羽月ちゃんの命日に、この事件を覚えている人はどれだけいるだろうか。正月気分が終わるころ、数秒でもよいので皆、思い出してほしい。覚えていたいのに忘れそうな人はアラートでも設定してほしい。
	
【埼玉3歳女児羽月ちゃん熱湯虐待死事件】6/8の論告求刑では藤本彩香にも13年の求刑だったそうだが、個人的には、厳罰よりも、根の深いであろう動機と背景を知りたい。このままでは再発防止に対して何のプラスにもならない。死ぬ間際までママに愛情を求めたであろう羽月ちゃんが浮かばれない。
	
【埼玉3歳女児死亡】母親に懲役13年求刑 埼玉県狭山市で昨年1月、次女=当時(3)=に冷水をかけて放置するなど虐待し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死や暴行などの罪に問われた無職、藤本彩香被告(24)の裁判員裁判の論告求刑公判
	
悪魔としか言いようがない…
【鬼畜】埼玉3歳女児・藤本羽月ちゃんを虐待死させた母親の所業が鬼畜過ぎて怒りが止まらない・・・

	
羽月ちゃん虐待死亡 母親の藤本彩香容疑者 娘の虐待を楽しんでたLINE内容 顔に痣 3歳児に正座 画像見ると胸が痛くなりますわ・・・…埼玉狭山
	
家に帰ったら虐待しよう『LINEで虐待方法を相談』埼玉県狭山の藤本羽月ちゃん(3)虐待死、母親の彩香容疑者(22)と内縁の夫・大河原優樹容疑者(24)が鬼畜すぎる…...
	
埼玉県狭山市の三歳女児放置死事件・鬼畜女の藤本彩香とその内縁の夫、大河原優樹・・虐待方法をラインでで相談しあっていたとか。まさに、類は友を呼ぶというこいつら。これは、実質殺人事件だ。
	
【虐待】埼玉県狭山市でやけどを負った3歳の娘を放置し死亡! 藤本彩香と大河原優樹が逮捕 2ch「これがほんとに人間のする事か」  母親で無職の藤本彩香容疑者(22)と、内縁の夫の大河原優樹容疑者(24) ニュースまとログリー
	
幼児死亡 母らLINEで“虐待”方法相談 1/13 11:59更新: 埼玉・狭山市で、藤本羽月ちゃん(3)をヤケドを負った状態で放置したとして、母親(22)と内縁の夫(24)が逮捕された...
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
RRR