• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
地域ごと・家庭ごとで楽しめるいなり寿司

地域ごと・家庭ごとで楽しめるいなり寿司

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
地域ごと・家庭ごとで楽しめるいなり寿司
油揚げで酢飯を包むいなり寿司は、地域や家庭ごとの中身や味付けでアレンジも楽しめるお寿司です。そんなおいしいいなり寿司の各種レシピなどを紹介するグルメまとめです。

いなり寿司とは

稲荷寿司・稲荷鮨(いなりずし)は、甘辛く煮た油揚げの中に、酢飯を詰めた寿司の一種。お稲荷さん、お稲荷、いなりなどとも呼ばれる。各地に特徴的な稲荷寿司がある。
袋状に開いた油揚げを甘くあるいは甘辛く煮付け、寿司飯をそのまま、あるいはニンジンやシイタケなどの具材を煮込んで混ぜた寿司飯を詰める一種の印籠寿司である。稲荷神社の稲荷神(五穀を司る宇迦之御魂神・倉稲魂命を参照)は商売繁盛と共に豊作の神様であり、米を使用した俵型の稲荷寿司につながる。一般的には米俵を模した俵型(円筒に近い直方体)に仕上げる。
味がしっかり油揚げに染み込むようにひっくり返し煮込み、ひっくり返したまま中身を詰めるもの油揚げの表面を炙ったもの、三角油揚げを用いて三角形に仕上げるものなど、地域によって異なる。
いわゆる高級な寿司屋ではあまり見られないが、庶民的な店やテイクアウト専門の寿司屋では人気の安価な食べ物であり、家庭で作るなど行楽の弁当などにも良く登場する。

出典:

	

地方によっては、「こんこん寿司」・「きつね寿司」などとも呼ばれる。稲荷寿司を、煮あげた干瓢などで縛ることもある。
稲荷寿司と巻き寿司を組み合わせた折り詰めは助六寿司と呼ばれる。歌舞伎十八番「助六由縁江戸桜」の主人公、助六の愛人の名が揚巻であることから、 油揚げと巻き寿司の洒落から名付けられている。

出典:

	
	

地域ごとのいなり寿司

三角形

関西では三角形のいなりが定番です。
西日本では酢飯のみで作ることは稀で、通常は椎茸や人参、ごまなどの具材が入る(五目稲荷ともいう)。東日本の俵型に対し、油揚げを対角線に切った三角形に作るのも特徴である。地域によっては「揚寿司(あげずし)」、また年配者には「しのだ寿司」(「信太鮨」、「志乃田寿司」、「信田寿司」)と呼ばれることもある。

出典:

	

裏返し

油揚げを裏返して包むいなり、これも伝統のいなり寿司です。

紅ショウガ

東北地方の特徴あるいなりで、紅ショウガを酢飯に混ぜます。

江戸前いなり

黒砂糖を大量に使って煮込んだ油揚げを使う伝統の技。

具入り

最近では豪華に具材もつめたいなり寿司も。
実質、油揚げが器であるだけで、中身は握り寿司・軍艦のようなものです。
	
	

家庭ごとのいなり寿司

リラックマいなり

			

キャラいなり

キャラ弁の一種ですね。

キティいなり

			
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。