• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
人気の中華漬物ザーサイグルメ

サムネイル出典:ザーサイ - Wikipedia

人気の中華漬物ザーサイグルメ

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2018年12月04日
人気の中華漬物ザーサイグルメ

サムネイル出典:ザーサイ - Wikipedia

日本でも人気の中国のお漬物の一種ザーサイのおいしい料理紹介。

ザーサイとは

ザーサイ、ザーツァイ(搾菜、学名:Brassica juncea Var. tumida、中国語表記:榨菜、ジャーツァイ、zhàcài)とはアブラナ科アブラナ属の越年草。また、それから作られる中国の代表的な漬物のこと。
ザーサイはカラシナの変種であり、茎の基部が大きく肥大しているのが特徴である。植物としてのザーサイは、中国で「茎瘤芥」(拼音: jīngliújiè)、「棒棒菜」(拼音: bàngbàngcài) などとも呼ばれる。

収穫したザーサイの茎の肥大部を天日に干し、一度塩漬けにしてから搾って塩分を抜き、調味料(塩、唐辛子、花椒、酒など)と共に甕に押しこんで本漬けする。「搾菜」の名前の「搾」は塩水を搾ることあるいは搾るように甕(かめ)に押しこむところから来ている。最初の塩漬けだけをした搾菜もあり、香辛料で本漬けしたものは「四川搾菜」と呼ばれ区別される。日本でも茨城県つくば市や、神奈川県三浦市で商業生産されている。生野菜として、さらに葉と一緒に漬け込んだたまり漬けとして、中華料理店やスーパーに出荷されている。味はさっぱりとして苦味があり、脂っこい料理に合うと勧められている。
塩抜きしてから刻んで薬味にしたり、ゴマ油で炒めて食べる。
中華粥には欠かせない薬味であり、中華まんや餃子の具にも使われる。酒の肴としても食べられている。中国では、鶏卵とともにスープにしたり、炒め物の具、「榨菜肉絲麵」などの麺料理の具のひとつとしてもよく使われる。 中国ではカメに漬けたもののまま流通するほか、大きいままのホール、スライス、細切りなどの状態で缶詰や真空パックにした商品が流通していて、日本でも中華街や秋葉原や業務用スーパーで入手可能。

出典:

	
近年国産でも作られ人気のお漬物に。

おいしいザーサイ料理の数々

【きょうの料理ビギナーズレシピ】「にんじんのザーサイあえ」ラー油をピリッと効かせるのがポイント。素朴な甘みのにんじんに、コクのあるザーサイがマッチします。
	
昭島市昭和町・豪虎担々麺
/黒トリュフ担々麺(普通)
/鶏チャーシュー
/ジャスミンライス(小)をオーダー。
アプリ特典/温泉玉子をチョイス。

半分食べ進めてからザーサイを入れて食感を楽しみ
汁だけになったらジャスミンライスと温泉玉子とフライドオニオンを入れて
担々雑炊を楽しみました💮😄
	
海南チキンライス。ザーサイが付くのがベトナムっぽい?
	
メークインとザーサイ炒め

じゃがいもを薄切りにしてザーサイと鶏ガラスープで炒めた料理。
じゃがいもをこうやって炒めながら潰していくのは新たな発見だった。

	

ザーサイ動画

	
	
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。