• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
コリコリ食感が絶品なきのこのキクラゲ

コリコリ食感が絶品なきのこのキクラゲ

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
コリコリ食感が絶品なきのこのキクラゲ
ラーメンや炒め物に使われ、コリコリ食感と独特のうまみで人気のキノコ、キクラゲのグルメ紹介まとめです。

キクラゲとは

キクラゲ(木耳、木蛾、学名:Auricularia auricula-judae)は、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属のキノコ。春から秋にかけて、広葉樹のニワトコ、ケヤキなどの倒木や枯枝に発生する。主に中国、日本、台湾、韓国などの東アジアで食用とされている。
学名の内、属名はラテン語の「耳介」に由来する。種小名は「ユダの耳」で、ユダが首を吊ったニワトコの木からこのキノコが生えたという伝承に基づく。英語でも同様に「ユダヤ人の耳」を意味するJew"s earという。この伝承もあってヨーロッパではあまり食用にしていない。
日本では、従来A. auricula (Hook.) Underw.という学名が用いられていたが、実際には上記の学名が優先権を持つことが判明した。
日本語では漢名「木耳」(ムーアル、拼音: mùér)の熟字訓できくらげと読ませるが、木に生えるクラゲ(水母)のような食感の食材という意味である。
地方名には、沖縄本島のみみぐい、鹿児島県沖永良部島のみんぐそ、奄美大島のみんぐり、宮崎県西臼杵郡のみみなばなどがあり、いずれも自生するアラゲキクラゲを耳と関連付けて呼んでいる。

出典:キクラゲ - Wikipedia

	

形は不規則で、円盤状、耳状など変化に富む。背面の一部で枯木に付着する。子実体はゼリー質でやや半透明、背面は粗毛で白く、表面は暗褐色で滑らか。乾燥すると小さく縮み、湿ると元に戻る。生の状態では脆く破れやすいが、火を通すと名前の通りクラゲを思わせる歯ごたえになる。ほぼ無味無臭。
一般にキクラゲと言うとシロキクラゲ科シロキクラゲ属も含んだキクラゲ類の総称で、主に乾燥品として流通しているが、近年は生のキクラゲも市場に流通している。生キクラゲは、乾燥品を水戻ししたものより、より弾力性と歯ごたえに富む。日本では主産地の鹿児島県沖永良部島産のものが生のままでも出荷されている。乾燥品は食べる前に水かぬるま湯で戻し、石突き(根本)部分を切り落とす。中国の市場では、すぐに使えるように水で戻したキクラゲも売られている。
黒いキクラゲは中華料理や豚骨ラーメンの具としてもおなじみで、主に炒め物、酢の物、刺身、チゲ、ナムル、薩摩揚げの具などに用いられる。精進料理、普茶料理でも多用され、それから変化した大分県中津市の和菓子巻蒸にも使われている。沖永良部島の奄美料理では生のみんぐそ(アラゲキクラゲ)を天ぷらや卵炒めなどにして食べる。
シロキクラゲは、主に中華料理のスープの具や、氷砂糖の汁で煮たデザートの具として使われる。

出典:キクラゲ - Wikipedia

	
	

人気のきくらげ料理

卵と相性がよく、炒め物などに重宝します。

ちょっと変わり用途、肉じゃがに。
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。