• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
鶏と卵の芸術丼料理親子丼

鶏と卵の芸術丼料理親子丼

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2019年02月26日
鶏と卵の芸術丼料理親子丼
抜群の相性の鶏肉と卵で作る、大人気丼料理である親子丼のグルメ紹介まとめです。

親子丼(おやこどん)とは

親子丼(おやこどんぶり、おやこどん、英語:Chicken and Egg Bowl)は、割下などで煮た鶏肉を溶き卵でとじ、白飯の上に乗せた丼物の一種である。「親子」という名称は鶏の肉と卵を使うことに由来する。
ネギやタマネギなどと共に煮て、彩りとしてミツバやグリーンピース、刻み海苔などを飾ることが多い。
鶏肉と鶏卵以外を材料とする丼の中にも「親子丼」と称する料理がある。
1887年(明治20年)頃、日本橋人形町にある軍鶏料理専門店「玉ひで」では、鳥寿㐂(とりすき=軍鶏鍋のこと)の最後の〆として鍋に残った煮汁を卵とじにして、白飯のおかずとして食べる客がいたという。
五代目店主の妻、山田とくは「親子煮」と呼ばれていたこの食べ方を盛り切りの丼飯とすることを考案したが、「汁かけ飯を店で出すと格が落ちる」という当時の風潮から、出前専用の料理として提供されるようになった。玉ひではその後、親子丼の元祖としてマスコミにも取り上げられるようになり、1979年(昭和54年)からは店内でも提供するようになっている。
玉ひでの親子丼は、みりんをたっぷりと用いた非常に甘い割下で軍鶏の肉だけを煮て卵とじにしたもので、タマネギやミツバ等の野菜類は現在も使われていない。また今日では半熟状態で提供されるが、1954年頃までは完全に火を通した状態で提供されていた。

もうひとつの起源として、1903年に大阪で開催された第五回内国勧業博覧会の目玉料理として、北浜銀行頭取の岩下清周氏の依頼により、大阪の料亭「鳥菊」の店主「内本松次郎」が考案した親子丼もある。こちらは鶏肉と白菜、ネギの煮込みを卵でとじてご飯に載せたもので、一杯15銭で販売され人気を博し、その後関西一円の食堂で提供されるようになったとされる。

出典:親子丼 - Wikipedia

	
	

色々な親子丼

鴨肉を卵でとじた「鴨の親子丼」を販売している店もある。関西ではこれを「いとこ丼」と呼ぶ店もある。
丼飯にサケの切り身を焼いたものや、刺身または鮭フレークとイクラをのせたものを「鮭親子丼」「海鮮親子丼」と呼ぶ事がある。

出典:親子丼 - Wikipedia

	
定番はやはり、鶏肉と卵、それにできあがりに三つ葉を乗せたものです。
名古屋最高に満喫しました♫?
名古屋城を見て、名古屋コーチンの親子丼食べて♫???

さあ、大阪帰ろうかなー☺️
	
今日は権利落ち日ですね!昨日はTOBされるユーシンを売って、第一稀元素化学工業を買い!「ジルコニウム化合物の首位メーカー」。HP見てもイマイチよくわからん、会社名はなんと読むんだ(笑)。優待は3月末権利でQUOカード二千円分もらえるよ〜、どうですか皆さん!優待ランチは鳥良商店で親子丼?
	
今日(?)も混んで疲れた…( " ꒳ " )

今から晩御飯です←

久々に親子丼作った⸜( ´ ꒳ ` )⸝



	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。