• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
絶品ホルモン食材の代表格レバー

絶品ホルモン食材の代表格レバー

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
絶品ホルモン食材の代表格レバー
焼肉や、家庭料理などでも使いやすく、人気のホルモン系食材のレバーの利用法紹介。

レバーとは

レバー(ドイツ語: Leber、英語: liver)とは、肝臓のことである。肝(きも)と呼ばれることもある。日本でレバーというと、食用の、家畜や家禽の肝臓を指すことが多い。日本で主に食用にされているレバーは、ほ乳類、鳥類、魚貝類のものである。ビタミンA、ビタミンB群、鉄分、葉酸を多く含むとされる。
食中毒などの懸念があり、日本では2012年に生の牛レバーの提供が禁止された。

哺乳類のもので、牛、豚のものがある。ほかに、地方によっては馬、山羊、羊などのものが食用にされる例がある。
また、鳥類の、鶏、鴨、ガチョウのものがある。
世界の三大珍味として有名なフォアグラも、ガチョウに特殊な餌を与えて脂肪肝にさせた肝臓で、レバーの一種である。
主な調理法は、焼肉の焼きレバー、焼き鳥の串レバーなどが挙げられる。牛レバーの料理の定番としては、ニラと合わせて炒める中華風のレバニラ炒めがある。茨城県のスタミナラーメンなど、中華風の麺料理に使われることもある。鶏のレバーはショウガで臭みを消して、甘辛い煮物にされることが多い。また、レバーを生のまま刺身状にスライスし、塩と胡麻油などにつけて食べるレバ刺しがある(ただし、2012年7月から飲食店での提供は禁止となった)。

日本の郷土料理では、沖縄料理に豚のレバーやニンジンを使った「チムシンジ(肝煎じ)」という汁物があり、奄美料理では茹でた豚レバーの粒味噌漬けがある。また、山梨県のレバーを含む鶏の内臓を煮た甲府鳥もつ煮も有名となった。

出典:レバー (食材) - Wikipedia

	
	

生レバー規制

日本の厚生省は1996年にO157の感染多発を受けてレバーなどの食肉の生食を避けるよう通達し、1998年に生食用のレバー及び食肉の加工基準を策定した。日本各地の自治体や保健所は、レバ刺しには生食用基準に沿って加工されたレバーを用いるよう指導した。
2012年3月30日、厚生労働省は飲食店や販売業者が「牛」のレバーを生食用で提供することを禁止する方針を打ち出し、内閣府の食品安全委員会においても「提供禁止は妥当」とする見解が出たことを受け、同年7月1日から食品衛生法に基づき提供禁止とすることとなった。
	

レバー料理の数々

レバニラ炒め

レバー料理の王道ですね。ニラとの相性抜群です。

レバニラ定食

ごはんとの相性も抜群です。

レバーの唐揚げ

衣のおかげで生臭さが封じ込められます。
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。