• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
意外と知らないパセリの真価☆もう残せない!!

意外と知らないパセリの真価☆もう残せない!!

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
意外と知らないパセリの真価☆もう残せない!!
パセリの持つすご栄養がまだまだ世間では見落とされていますのでご紹介。

パセリとは

パセリ(英: parsley [ˈpɑːrsli]、学名: Petroselinum crispum)は、セリ科の1種の二年草。野菜として食用にされる。和名はオランダゼリ(和蘭芹)。フランス語名はペルシ (persil [pɛʁ.si])、漢名は香芹(こうきん、拼音: xiāngqín シアンチン)
品種改良によって葉が縮れているものがよく使われ、カーリーパセリ (curly parsley) 、またはモスカール種とも呼ばれる。イタリアンパセリ(学名:P. neapolitanum、プレーンリーブド種とも呼ぶ)は同属別種。中国パセリ(コリアンダー、学名:Coriandrum sativum)は同科別属。
古代ローマ時代より料理に用いられており、世界で最も使われているハーブの1つでもある。地質や気候への適応性に優れ、栽培が容易なため世界各地で栽培されているが、乾燥には弱い。なお葉が縮れているものは人間の品種改良によって生み出されたものであり、自然界では不利になる形質である。
栄養価は極めて高く、ビタミンA (βカロチン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC など多くのビタミンを含み、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも野菜の中でも屈指である。他にも食物繊維、葉緑素、カリウムなども含み、これら栄養素の含有量は、野菜の中でもトップクラスである。

出典:パセリ - Wikipedia

	

日本では主に葉を料理の付け合わせや飾り(デコレーション)として使われるが、他にもそのまま食用としたり、ブーケガルニなどにして香りづけに用いたり、におい消し、飲用など多種多様の形で利用されている。また、パセリは精油成分を多く含むハーブの1つでもある。パセリは油分を中和する働きがあるとされているが、分解はされずそのまま吸収される。
	

おいしいパセリ料理

サラダ

生でおいしいので他の野菜と和えて大量に摂りましょう。

炒め物

しっかり油を使って炒めても、彩はなくならないので色を活かした料理に。

パスタ

パセリの香りが強いので、各種パスタメニューともよく合います。

パセリおにぎり

パセリのよさをそのままに味わえる、パセリごはんを握って食べましょう。

いわしソテーのパセリソース

魚の香りを膨らませてくれて、後味もすっきりなハーブソースとして、パセリは役立ちます。

パセリジュース

ほろ苦いものの、栄養豊富なジュースです。

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。