• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
沖縄特産のおいしい海ぶどう料理紹介

沖縄特産のおいしい海ぶどう料理紹介

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
沖縄特産のおいしい海ぶどう料理紹介
沖縄の名産品で、そのままでも、各種料理に使ってもおいしい海藻の海ぶどうのご紹介です。

海ぶどうとは

クビレズタ(括れ蔦、学名:Caulerpa lentillifera)とは、イワズタ科イワズタ属に属する海藻。沖縄県や鹿児島県では、海ぶどうやグリーンキャビアと呼ばれており、食用にする。
和名はもと、くびれのあるツタの意味で「クビレヅタ」であったが、2000年に改定された日本産海藻目録より「クビレズタ」に改められた。最新である2005年改訂版でも「クビレズタ」になっている。(関連:現代仮名遣い)
日本では南西諸島に、日本国外では東南アジアやオセアニア等の浅海域に分布する。主に、潮間帯の下部から漸深帯の砂地に生育する。
長さ2-5m程度まで成長する。匍匐茎(ランナー)を伸ばし、匍匐茎の途中から直立する茎が生える。この直立する茎が食用になる部位で、球状の小枝(葉のような形状)が密生しており、「海ぶどう」の由来にもなっている。また、和名のクビレズタは、直立する茎と小枝の間がくびれていることにちなむ。
海水水槽で観賞用に栽培されることもある。

出典:

	

沖縄県では、昔から食べられており、その形状から海ぶどうやグリーンキャビアと呼ばれている。生で、醤油や三杯酢等をタレのように浸けながら食べる。刺身の付け合わせにもされる。ご飯の上にのせて三杯酢をかけた「海ぶどう丼」や、味付けせずに沖縄そばの上に乗せて「海ぶどうそば」として食べることもある。調味液に長く浸すと、プチプチとした食感をもたらす粒状の部分がしぼんでしまう。また低温に弱く、冷蔵庫で保存すると萎んでしまうので常温で保存する。3-4日間は常温で問題なく保存できる。

沖縄県や鹿児島県奄美地方では養殖が行われており、日本全国への発送も行われている。最近フィリピン産の養殖物も出回っており、水産庁西海区水産研究所や沖縄県水産海洋研究センター等が沖縄県産とフィリピン産の遺伝的な違いがあるかどうかを研究している。

おいしい海ぶどう料理の数々

基本は生で、そのままいただくか、他の食材と和え、珍しい料理では天ぷら等火を入れることも。

海ぶどう丼

			

海ぶどう海鮮丼

海ぶどうと、魚介類を乗せるところが多いです。

サラダ

生野菜と食感のハーモニーが楽しめます。

豆腐やチーズなどとの相性も抜群です。

海ぶどう海鮮サラダ

海のものなので、海鮮サラダと合わせると最高です。

海ぶどうスパゲッティ

冷製にして、各種野菜やお刺身と和えると最高です。

ほのかな塩気が食欲をわかせます。

天ぷら

ちょっと珍しい料理。

海ぶどうジェラート

かなり珍しいです・・・。

海ぶどう動画

	
	
	
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。