• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
うま過ぎ注意な味噌汁の種類「赤だし」

うま過ぎ注意な味噌汁の種類「赤だし」

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2019年03月04日
うま過ぎ注意な味噌汁の種類「赤だし」
日本が誇る絶品味噌汁の一種で、豆味噌を使った風味豊かな赤だしのグルメ紹介まとめです。

赤だしとは

赤だし(あかだし)とは、豆味噌を使った調合味噌で仕立てた味噌汁のこと。
元々は「味噌に鰹節を混ぜて摺り合わせたものを煮立てて、それを漉しただし汁を使ってナメコ汁などに仕立てる」という料理あるいはその手順を言ったものであった。
八丁味噌などの豆味噌に米味噌を合わせたものを呼ぶ事もあり、そこから転じて豆味噌をベースに米味噌、調味料(昆布や鰹節の出汁など)を配合した調合味噌も「赤だし」あるいは「赤だし味噌」と呼び、東海地方を主な産地とする。
かつては料亭などの料理人が味噌汁の具などに合わせて調合を変えて作っていたところ、1955年(昭和30年)、名古屋市の盛田が「赤だしみそ」として日本で初めて商品化した。
1956年(昭和31年)、岡崎市のまるや八丁味噌が八丁味噌に米こうじみそをあわせた調合味噌(現在の「ゴールド赤だし」)を発売。続く1957年(昭和32年)、大阪味噌食品株式会社は八丁味噌が独特の味、香りのため関西の人々になじみがないことに着目し、岡崎市のカクキューに赤だし味噌の製造販売を提案した。大阪の八丁味噌特約店の間瀬商店が製造を任され、最初の試作品は富山県上市町の日本海味噌醤油の米味噌70パーセント、カクキューの八丁味噌30パーセントが用いられ、色を一定にするためのカラメル、光沢と甘みを出す水飴、化学調味料などが付け加えられた。カクキューは赤だし味噌のヒットにより、それまで5年間続いた赤字を黒字に転換することができたという。

出典:赤だし - Wikipedia

	
その後は豆味噌を生産する東海地方の多くの会社から販売されている。一説に豆味噌の味噌汁を「赤だし」と呼びはじめたのは関西の人々であるとされ、田舎味噌に豆味噌を差し入れる「赤差し」から転じたものとする説や、豆みそは溶けにくい為に「赤みそから、うまみをだす」意味で「赤だし」と呼んだという説がある。
	

おいしい赤だしの数々

飯テロ たいち 伊勢海老の雲丹ソース焼き 豚肉の黒酢あんかけ 寿司 赤だし
	
オープン〜なめこの赤だし味噌。

18時〜にんにくまぜそばも、販売致します。

本日も、よろしくお願い致します。
	
ランチタイム🍴

空には
雲ひとつない
静かな春の陽射しに
うらうらとする °(´-ㅁก`)☼
伊豆の河津桜が 満開🌸🌸🌸
お花見に 出かけたいです💞

昼ごはん🍀
ヒレかつ重・赤だし・漬物・珈琲



	
2019.1.23
ばら寿司《いなり揚げ乗せ》
なめこおろし
湯葉となめこの赤だし
かぶ甘酢漬け

いなり寿司からばら寿司に変更😋
株なめこで、おろし初めてしたけど美味しい🌟
玉子焼き切ったらなんとなく♡に見えた!嬉しいな💜


	
	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。