• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本で愛されるうま過ぎ二枚貝のホタテ

日本で愛されるうま過ぎ二枚貝のホタテ

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
日本で愛されるうま過ぎ二枚貝のホタテ
家庭料理から料亭の料理、生でも火を通してでも、どう食べてもおいしく広い場面で利用される重要な二枚貝のホタテ貝のグルメ紹介まとめです。

ホタテ貝とは

ホタテガイ(帆立貝、学名:Mizuhopecten yessoensis)は、二枚貝綱- 翼形亜綱- イタヤガイ科のMizuhopecten 属に分類される軟体動物の一種(1種)。通称、ホタテ(帆立)。寒冷海洋性
食用としても重要な貝類の一つ。
俗語的略称として、「貝」を省略した帆立(ほたて、ホタテ)の名でも呼ばれることも多く、「ほたて○○」「ホタテ○○」「○○ほたて」「○○ホタテ」といった連結語的用法も目立つ(用例:ほたてウロ、ほたてタイル、ホタテマン)。
北海道で最も多く漁獲され、代表的な漁業形態は、以下の2つである。

・垂下式養殖(日本の北海道:サロマ湖、寿都湾、岩内湾、内浦湾、函館湾西部。東北地方:陸奥湾、三陸海岸)
・小型底びき網による漁獲(北海道:オホーツク海側・道東方面)
小型底びき網漁には、区画漁業権に基づき、稚貝を海底にまいて育てる、地撒き(じまき)養殖の物を捕る方法も併用されている。

小型底びき網による漁獲は、地撒き養殖用の1年貝(稚貝)を放流後3- 4年自然成長する貝と、自然発生する4- 5年貝を併用して漁獲されるので「天然物」と称している。しかし、養殖用といっても人工飼料を与えているわけではなく、あくまで外敵に襲われないように保護しているだけとも言えるので、天然物と養殖物の境界線は区別をつけられない。

出典:ホタテガイ - Wikipedia

	

食用として多く漁獲されるが、現在では養殖もされている。うま味成分であるアミノ酸、グルタミン酸、コハク酸やタウリンなどが豊富に含まれている。ホタテガイ特有の甘味はグリコーゲンによる。
ホタテガイの刺身
調理方法にもよるが、近年日本では生後一年程度の稚貝から、3- 4年ほどかけて大きくしたものまで、幅広く流通している。北海道や東北地方北部のスーパーマーケットでは、貝が生食(刺身)用か否かを区別して売られていることも見られる。
貝柱は肉厚で淡白だがほぐれやすく、舌触りと風味がよい。刺身や煮込み、バター焼き、スープなど様々な料理で使用される。また、乾燥して干貝(干貝柱)にも加工し、一部は日本から輸出もされ、具材や調味料として利用される。また、ヒモ(貝ヒモ)と呼ばれる外套膜も生食したり、燻製や塩辛などにして食べる。
代表的な加工品は冷凍貝柱、ボイルホタテ、干し貝柱である。日本料理のほか、フランス料理や中華料理の食材として日本国内で消費されるだけでなく、日本国外にも盛んに輸出される。乾燥品は近年中国での需要増により価格が生鮮品の数倍に跳ね上がる。対して生鮮品は庶民でも気軽に買える程安い。

出典:ホタテガイ - Wikipedia

	
	

おいしくて人気のホタテ料理

刺身

わさび醤油で大変おいしくいただけます。

カルパッチョ

生で食べても大変おいしい貝なので、サラダ仕立てにも。

網焼き

貝殻ごと火にかけて醤油やお酒をちょっと、それだけで激うまなホタテが食べられます。
	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。