• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
肉厚で絶品の蟹みんな大好きタラバガニ

肉厚で絶品の蟹みんな大好きタラバガニ

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
肉厚で絶品の蟹みんな大好きタラバガニ
足が肉厚で身がたっぷり、もっちりした食感でカニ好きに人気のタラバガニグルメ情報まとめです。

タラバガニとは

タラバガニ(鱈場蟹、学名:Paralithodes camtschaticus、英語:Red king crab)は、十脚目(エビ目) - 異尾下目(ヤドカリ下目) - タラバガニ科(英語版) - タラバガニ属(英語版)に分類される甲殻類の一種である。タラバガニ属はタラバガニを含む5種からなる。
和名に「カニ」の名があるが、生物学上はヤドカリの仲間である。食用としては珍重され、分布域の沿岸で重要な水産資源の1つとなっている。
日本における主な漁場はオホーツク海で、沖合底引き網や刺し網で漁獲され、かつては蟹工船があり、漁獲したものを海上で缶詰にまで加工していた。かつては、マダラの延縄漁でも混獲されていた。近年、乱獲によって生息数が減少している。
日本では「農林水産省令・『タラバ』蟹類採捕取締規則」という法令により、メスの採捕が禁止されているが、販売についての規制は特になく、ロシアからの輸入品が「子持ちタラバ」として流通している。
海外におけるタラバガニの漁場はアメリカ合衆国アラスカ州のベーリング海のブリストル湾、同じくベーリング海のノートンサウンドという名の入り江やカムチャッカ半島近海などが有名である。
その中でもアメリカ産(アラスカ産)が非常に人気があり日本にも毎年輸入されている。

出典:タラバガニ - Wikipedia

	

塩茹でや蒸し蟹として流通することが多く、そのまま食べる以外にも様々な料理に使われる。日本では半透明の生身を刺身で賞味することもあるが、加熱したものより繊維質が強靭で、旨みも薄い。ヤドカリの仲間であることから、ケガニやズワイガニとは違い、カニミソは油分・水分が多く生臭さがあり、通常は食用にされない。
	

おいし過ぎタラバガニ料理の数々

茹でタラバ

定番はボイルしてその太くておいしい身を食べます。他のカニよりも足の太さなどが際立っていて、大変食べ応えがあります。

どの部位にも身がたっぷりで、大変食べでがあり人気のカニの代表格です。

焼きタラバ

ジューシーな身の旨味が逃げないので、そのまま火にかけると大変美味です。

刺身

タラバガニの食べ方としてはやや珍しいですが(身肉が少し水っぽいので)、新鮮なカニが手に入ったら食べたいものです。

寿司

寿司ネタとしても人気です。

カニ鍋

言うまでもなく、カニの身もダシも最高に楽しめる日本人の大好きな料理です。
太い足や大きな胴をそのまま鍋に入れ、一緒に煮ると絶品です。

バター焼き

ちょっと珍しいですが、バターともいい相性です。

タラバガニとアボカドのチリソース

ちょっと珍しい料理にも。
	
	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。