• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
山梨県は鳴沢村名産野菜の鳴沢菜(なるさわな)

山梨県は鳴沢村名産野菜の鳴沢菜(なるさわな)

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2019年03月16日
山梨県は鳴沢村名産野菜の鳴沢菜(なるさわな)
山梨県鳴沢村の豊かな自然が育んだご当地野菜のひとつ、鳴沢菜(なるさわな)のご紹介です。

鳴沢菜(なるさわな)とは

山梨県南都留郡鳴沢村で生産されるカブ。江戸時代末期にはすでに栽培の記録がある。浅漬けなどに加工される。
北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
主に南都留郡鳴沢村で生産されている。江戸時代から栽培されている蕪菜の一種。主に浅漬け加工用とされるが、乾燥させて煮物や味噌汁の具としても利用される。10月下旬から11月上旬に出荷。
鳴沢菜 (なるさわな)は、長禅寺菜系で、かぶは赤紫色、長めで大きい。開張性、葉数が多く、葉は濃緑色で毛茸はない。降雪にあえばアントシアンを生じ、濃紫色に変化する。茎は柔らかく、食味良好。
柔らかく浅漬け加工用の食材として野沢菜と同等以上。特に、醤油漬けに向いている。地元では葉や根部を乾燥させおじやや味噌汁の具として利用。カブ(根部)が大きく浅漬け等に利用できる 。

おいしい鳴沢菜料理

お漬物

歯ごたえのよさを活かしてお漬物が定番です。地域の名産品にも☆
鳴沢菜ごはんですよー
富士山とてもキレイに見えました!
	
子供が見向きもしない鳴沢菜の漬け物をどうにかして食わす!
	
道の駅なるさわ軽食堂の新メニュー(予告)
来年1月7日より
『鳴沢菜鯛だし茶漬け』を販売♪♪
(500円)
鯛だしに大人気の辛味噌もついた豪華な茶漬けです。漬物は季節に合わせて変わりますが今は鳴沢菜漬です!!
また夏は冷やし茶漬けになります♪

道の駅なるさわは年末年始休まず営業します!
	
道の駅なるさわ軽食堂の季節限定メニュー
名前は『鳴沢菜ときのこの和風スパゲティ』です…

ピリ辛ですがペペロンチーノではありません。和風です。
辛いのが苦手な方は食券を渡すときに一言お願いします♪
	
道の駅なるさわ軽食堂では今回受賞した
『せんどそば』と、江戸時代から生産されている「鳴沢菜」を使った鳴沢菜混ぜご飯がセットになった郷土料理セットも大人気!
田舎の味を堪能できます♪♪
	
鳴沢菜のすいとん@道の駅なるさわ。美味い^_^
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。